リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

【リノベの先輩宅訪問】5年前にリノベーションした家の今

テーマ:お知らせ

こんにちは!EcoDecoのamaiです。

先日、雑誌取材で2011年に竣工した都立大学のK様邸にお邪魔してきました!

K様は取材前におっしゃいました。「本当に、なんにも変わってないの。あまいちゃんが見ても、つまらないかもしれないわよ。」。いえいえ、つまらない訳がない!早く見たい!当時の私はリノベーションコーディネーターとしてK様の担当者でしたので、いつもの取材以上に当時のことを頭の中で振り返りながらK様と一緒にあーだこーだとお話して参りました。

内見初日に出会った物件の眺望に惚れ込んで
K様との出会いは、2011年の震災直後の4月。

多くの方が耐震のこと、液状化のことなどを気にされて、不動産を買い控えていた頃だったと思います。K様はとてもクレバーな方で、初めてお会いした時には既に、耐震のことも地盤のことも色々と勉強なさっていました。出会った物件は、築40年を超える旧耐震のマンションで、しかもご希望の都心エリアとは違う『住み慣れた都立大』。それでも即決で購入を決断されたのは、今後も遮られる心配がない、素晴らしい眺望があったからです。もちろん、マンションの管理状態の素晴らしさなど、決断に対する肉付け部分はありましたが、一番の理由は間違いなくこの眺望でした。

写真3

▶︎この画像は、以前に別の取材でお伺いした時のもの。周囲に視界を遮るものがなく、すこーん!と抜けています。

 

 

年月をかけて味わいは深まる


眺望に惚れ込んで購入したこの家を約半年かけて設計施工をし、出来あがったのがこのお家です。キッチンはシナ合板を使ったオリジナルのもの。明るい色をしていました。若い色味です。

リビング&キッチン-5

 

そして、今はこのような色合いになっています。お料理教室をなさっているので、普通のご家庭以上にタフな使い方をしていらっしゃいますが、汚れることなく、落ち着いた色味になってくれました。ピカピカの時もよかったですが、味わいがあって、大切にされてきたことがわかりますよね。こういう経年変化を楽しむ事ができるのは、木材のいいところ。

 

IMG_0015 2

IMG_0019

色味が深まったなと感じるとともに、本当に変わっていないことに驚きました。家具も、お部屋のきれいさも。我が家は2年しか経っていませんが、けっこう変わりましたよ…。完全に使い方とケアの問題です。K様は、日々の暮らし方が本当に丁寧で、怠りがちな換気扇のお掃除も、フローリングのワックスがけも、定期的になさっています。おそらく、それがK様にとっての日常。

 

ちなみに、K様は、着付けの先生でもあり、日々お着物で生活をなさっています。設計当時は、お洋服でいらっしゃっていたのですが、いつしか「これが普段着だから」と、本当にスピーディーに家事をされているご様子を拝見し、あ〜、こうやって非日常のものを日常にできる方なのだな〜と感じました。

お着物は無理そうなので、「そろそろやばいかな?」と思っていたころに行っていた換気扇の掃除を、日常のルーチンの中に組み込むことにしました。気持ちがいい…!ひとつ、学んだ…。

 

K様の暮らしをインタビューした記事はこちらです。

キッチンは仕事場!都立大学のお料理教室リノベーション

この記事を著者のサイトで見る

update:2016-05-24 14:43 author:ecodeco

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!