リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

あなたにとっては、どんな家ですか?人生後半を楽しむ最高の家【おとなのOFFに掲載】

テーマ:お知らせ

こんにちは!amaiです。

「人生80年」とはよく言われますが、皆さんは人生の後半を過ごす家のこと、考えた事はありますか?
EcoDeco代表の谷島は都心と地方で「二拠点生活をしたい」と公言していますが、
私はまだまだなーんにも考えていない、というのが正直なところです。

 

人生後半を楽しむ!死ぬまで住みたい家

71TGJCiPWtL

今回ご紹介したいのは、8月6日に発売された「日経おとなのOFF」9月号です。

50歳になってから、家を住み替えた20の家族の事例を公開しています。

50代というと、ちょうど子育てが終わり、子供も独立して夫婦2人だけの生活になるころですよね。

郊外の広い家から都心のコンパクトな空間へシフトしたり、

二拠点生活をしたり、

広いガレージ付きの家に越したり…と様々です。

 

 

狭くなっても、郊外から都心に引っ越したい!

EcoDecoのお客様も掲載されています。

とかく「人生の後半は郊外でゆったりと生活を」と考えてしまいますが、

逆に50代になってから都心でコンパクトに暮らし始めたとても潔いO様ご夫妻。

 

リビングシーン-2

 

今は留学から帰国されたお嬢様と3人+わんちゃん2匹暮らしです。

インタビューの際、「3人で1部屋という生活は窮屈かと思いましたが、

全員が揃う時間が意外に短くストレスはない。

一人になりたいときは近所のカフェやバーに行きます。」

とおっしゃっていましたが、これはなるほどなと思いました。

そうなんですよね。大人たちはそれぞれの仕事や生活があって忙しいんです。

家に揃う時間がむしろ貴重な時間。3人でルームシェアしていたときに同じ事を感じました。

おわりに

詳しくご紹介したのはEcoDecoのリノベーション事例であるO様お一人ですが、

他に19件のご家族が掲載されています。

人生を楽しむ家を妄想すること30分。

 

この特集を見ていると、自分が50代になるのがとても楽しみになりました。

 

って夢を膨らませつつ、よくよく考えてみたら

…って、自分の子供が今1歳で、私が34歳…50歳になっても子育て終わってませんでした。

私の場合は、55歳になったら、人生の後半戦を楽しめそうです。

 

 

↓色々な人生の楽しみ方、あります。↓

blog_case47_600_100

 

この記事を著者のサイトで見る

update:2015-08-07 11:09 author:ecodeco

関連記事

運河に佇むリノベーション〜フルスケルトンからのリノベーション〜
【中古を買って、リノベーション。】~STEP2 物件探し〜
物件の事例の中で 気になる見せる収納について!

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!