リノベーション専門サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション専門サイト

ゼロリノベのブログ

ゼロリノベのロゴマークは京都の竜安寺にあった「我唯知足」をモチーフにしました。ゼロリノベのコンセプトにぴったりとはまっていたからです。このブログでは、「家を購入することで自由になる」ことを目指します。具体的には経済的、空間的な束縛から解放される方法を探っていきます。

>ブロガー情報を見る

15年後に後悔しない将来に強いマンションの間取りとは?

テーマ:日々の暮らし

本当に必要な間取りを考える

 

 

中古マンションをリノベーションした宮崎台の廊下

 

一生住めると思ったのに…

 

実は一軒家、マンションに関わらず10年~15年で間取りの使い勝手が悪くなり変更をしなければならない住まいが多いということをご存知ですか?

 

そして思ってもみなかった出費…、後々のリフォームにはかなりのお金がかかります。

 

ずっとこのまま住めると思ったのに…と、後悔をしないためにも、今回は、マンションの間取りの考え方をご紹介していきたいと思います。

 

 

中古マンションをリノベーションした川越の玄関

 

間取りを変えなくちゃいけない理由とは?

 

では、どうして間取りを変更しなければいけなくなってしまうのでしょうか?それは、簡単にいえば「自分たちのライフスタイル」に合わなくなったからです。

 

例えば、両親が泊まりにくることや、子供部屋を想定して既製の間取りから部屋割りをします。しかし両親が泊まりにくることもほぼなく、部屋が余ってしまう。また、まだ子供が小さ過ぎてとりあえずの荷物部屋にしていたら、いざ子供が使う年齢になったときには、子供部屋はもう荷物で埋まっている、などです。

 

他にも、子供が進学で家を離れてから、使わない部屋がいつくかできて有効活用ができていないなどの理由もあります。

 

「住む人数が変わったから、もっと自分達の生活に合った間取りが欲しいのに…」となり、リフォームをする方が大半です。

 

では、これを回避するためにはどうすればいいのか?

中古マンションをリノベーションした川口のトイレ

 

間取りに可変性を持たせる

 

最初から決められた既製の間取りでは、将来なにかと不自由が生じる可能性は高そうです。

 

なので、動かせるもので空間を間仕切る、というのが解決方法のひとつとなってきます。具他的には、天井近くまである本棚やパーテーション、家具などで空間を分けていきます。

 

そうすれば、最初から子供部屋を用意しなくても、必要になったとき、本棚の位置を移動させるなどをして、子供部屋は後から作ることができます。

 

そしてそれには、一度間取りを取払い大きな箱にリセットし、「今の自分たちのライフスタイル」に本当に必要な間取りを考える必要があります。

 

例えば、中古マンションのリノベーションなら、新築マンションの半額+アルファの予算から自分たちのライフスタイルに合った間取りを作ることができるので、予算はそこそこで、でもオリジナルの空間と将来的にも不安の少ない間取りを。と考える方にはおすすめの方法のひとつです。

 

新しい住まいを検討している方は、15年後のライフスタイルも想定して一緒に間取りを考えてくれる住宅会社に相談してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

中古マンションのリノベーションは「ゼロリノベ」
各種事例とゼロリノベ特徴を見ることが出来ます。

 

セミナー情報
家を購入することで、経済的に空間的な束縛からの解放をお伝えいたします。

 

中古マンション見極めチェックリスト
内見前にはこちらのチェックリストを活用してください。

update:2018-08-16 12:52 author:ゼロリノベ

関連記事

【中古を買って、リノベーション。】~STEP3 物件の購入〜
【メディア掲載】個性で魅せるキッチン|I’m home
【リノベの先輩宅訪問】参考にしたいディスプレイ

聞きたいのは生の声!

PREMIUM STORY

勾配天井をマンションリノベで実現。最上階のメリットを活かした住まい。

料理好きの妻は「1日中キッチンにいます!」と嬉しそう。眺望が気に入って購入した物件は、勾配天井にロフトといった最上階ならではの特権によって大きく生まれ変わりました。