リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

自然素材住宅で最初の一歩を間違えない「厳選素材住宅論」

自然素材住宅に興味が出てきたら、まずは読んでみてください。
自然素材住宅のホント、プロも知らない裏側、リノベーションや新築に役立つ知識とともに、野山をかけめぐるプライベートも少しお話しします。

>ブロガー情報を見る

キッチンリフォームで使い勝手をなるべく落とさずコストダウンするコツ

テーマ:その他

リフォームで奥様の気分が一気に上がるのは

やっぱりキッチンリフォームです。

 

1 (77)

 

オリジナルキッチンも魅力ですが

多機能で便利でお手入れ簡単の

メーカー製システムキッチンも魅力です。

 

でも、

ショールームへいって、最新の便利機能を

オプションで追加して、理想のキッチンの

見積もりをとっても、予算オーバーとは

よくはる事です。

 

今日はキッチンの使い勝手をなるべくそのままに

コストダウンするポイントをお話しします。

 

 

1.特注寸法を無くす

 

システムキッチンは決められたユニットを

組み合わせることでコストを抑えています。

多少の隙間などを調整するために

キッチンの部材を使うと割高になったりします。

 

大工工事の造作で対応できないか

プランナーや建築士に相談してみましょう。

 

 

2.吊戸棚の高さを変更する

 

システムキッチンの吊戸棚は高さが様々です。

大きければ使いやすいわけではなく

大きければ、手の届かない位置まで

吊戸になっており、その部分は使わないものが

収納されるだけで機能的とは言えません。

 

吊戸棚の高さを低くすることで

コストダウンになります。

 

 

3.使わないオプションを削除

 

最新機能などは魅力的ですが

実際に使うかどうか再検討しましょう。

 

特に特殊機能は時代の流れもあり

食洗機のように長く残っている機能は

信頼性も高いと思いますが、

最近出たばかりの機能などは

早々に廃盤になる場合もあり

故障の時に修理部品がもう無い

なんてこともあります。

 

本当に必要な機能かどうか

再度よく考えてみましょう。

 

 

4.面材のグレードを落とす

 

キッチンは扉などの面材のグレードで

大きく価格設定が変わってきます。

上級グレードはとても美しいものですが

グレードを落とすと全体の価格が大きく下がります。

 

どうしても、その面材のキッチンでなければ

ならないかどうか、よく検討してみてください。

 

 

5.収納を大工工事で作る

 

システムキッチンのキャビネットなどは

キッチンの面材と合わせられて

トータルコーディネートが可能なのが魅力です。

 

寸法や使い勝手も良いので

ついキッチンとともにリフォームで採用したくなります。

 

しかし、収納だけでよければ大工さんが造作で

作ることも可能ですし、市販のボックスなどを

組み合わせることで、使い勝手も良くなったりします。

工夫できるところは無いか、検討してみましょう。

 

 

6.スライド収納を開戸にする

 

スライド収納は奥のものをとりだしやすく

開戸にくらべて収納しっぱなしになりにくい形状です。

反面、使われている金物が多いので

価格が高くなってしまいます。

 

開戸でもかまわないという方は

スライド収納を開戸タイプに変更すると

価格が安くなることがあります。

 

 

7.キャビネットの扉を無くす

 

キッチンと同じシリーズで統一できる

キャビネットですが、扉のないプランもあります。

ただの棚になってしまいますが、高価なガラス扉

などをやめて、棚に変更すると

大きなコストダウンとなります。

 

 

8.シンク下の収納をオープンにする

 

シンク下の部分には何を入れていますか?

結構、年中使う大型の調理器具や

お米なんかが多いかもしれませんね。

 

この部分の収納を完全に無くし

市販の収納を入れる方もいます。

湿気がこもりやすい場所だけに

通気性もよくなりますし

 

キャスター付きの棚であれば

それほど不便ではないという声も。

 

 

今日の「わかった!」

 

魅力的なオプションが多く

予算オーバーしがちなシステムキッチンの

今日はコストダウンの方法をお伝えしました。

 

fc4d5a10b5991558b62dab2a5ce3175b_s

 

しかし、皆さんがキッチンリフォームに

とっても夢をもっているようでしたら

全ての手法を適用して我慢のリフォームをするこを

僕はオススメしません。

 

やるなら、余計なオプションを無くすくらい。

 

やはりリフォームは楽しむことも一つです。

削除していく我慢のリフォームは

やっていても楽しくありませんからね。

 

他の部分と一緒にリフォームする場合には

上手に補助金などを利用しながら

予算を確保するなど工夫してみてください!

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

【お問い合わせ】 【著者 プロフィール】 【ブログ一覧】

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

この記事を著者のサイトで見る

関連記事

ニュー不動産展に行ってきました!
【中古を買って、リノベーション。】〜STEP4 設計・デザインのこと①〜
リノべ空間のソファについて

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!