リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

【ピアノと暮らす、ゆったり過ごせる家】造作家具!

こんにちは、kuwayamaです。

新年、明けましておめでとうございます!
今日は月曜日ですので、お仕事初めの方も多いのではないでしょうか?
みなさん、どんなお正月を過ごされましたか?

前回の記事で、塗装工事まで進んだ様子をレポートした下総中山のリノベーション。

今回のお客様は、洗面室の収納棚とキッチンを造作しています♪

DSC_0556

まだ取付けられていないので、玄関ホールに置いている状態ですが、
オーク材で作った洗面室の収納棚。

DSC_0557

三枚扉で、中にはダボ穴があるので、棚板を好きな高さで可動できます。
奥行きもあるので、掃除道具なども扉の中にすっきり仕舞うことができますね。

そして、こちらは、キッチンです。

DSC_0565

こちらも、オークの無垢材でフレームを組んだデザインです。
下はオープンな棚に、一番上の段には引き出しや
ビルトインのガスコンロが入ります。

キッチンや棚など、色んなメーカーの既製品がありますが、
イメージぴったりの素材や色味がなかったり、
サイズが微妙に足りなかったり大きすぎたり、
ということも少なくありません。

今回は、お客さまご自身で家具屋さんをたくさん廻られ、
これ!という気に入ったダイニングテーブルがありました。

その天板がオークの古材で、色味がとても味があって素敵だったので、
リノベーション工事の中で造作したキッチンと洗面室の収納棚も
その色味に合わせて着色しました。

「この色に近づけてください!」と施工会社に伝えるため、
実際に家具屋さんにお邪魔して、近い色味の見本を探します。
(パソコン上の色味だと実物と異なることがあるので、
自分の目で確かめるのが一番分かりやすいです!)

一番下の木がダイニングテーブルの天板です。

今回造作した家具たちが取付けられた様子は
また今度ご紹介しますー!

kuwayama

【ピアノと暮らす、ゆったり過ごせる家】シリーズ
新リノベーション!
フルスケルトン!
見えないところこそ、丁寧に!
白く、明るくなりました!
⑤造作家具←今回

この記事を著者のサイトで見る

update:2016-01-04 10:25 author:ecodeco

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!