リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

〜家族の繋がりが感じられるいえ〜玄関編

こんにちは、kuwayamaです。

3月中旬に工事がスタートした上石神井の現場ですが、
順調に進んでいます。

前回のフルスケルトンの記事はこちら↓

~家族の繋がりが感じられるいえ~フルスケルトン編

<フルスケルトン時>
s1
<2週間後>
Exif_JPEG_PICTURE

 

あっという間に壁と床の下地ができ、フルスケルトンのときよりも
不思議と広く感じられる様に。
いままで図面上で50分の1や20分の1サイズだった空間が、
1分の1の状態で体感できるようになりました!
そして今回のお話は、「玄関編」

Exif_JPEG_PICTURE
先日のブログ

「玄関を広く!+αのある空間3選☆」

の中でも話している様に、今回のおうちも共用廊下に面した窓のそばには
個室ではなく、広い収納スペースを確保した土間に。
<設計スタート時のイメージ>

entrance_sketch
ほぼ当初のイメージ通りL字状に可動式の収納棚を設けて、
お打ち合わせでお客様とブラッシュアップを重ね、
左手の間仕切り壁には開口を設けることに。
床はタイル貼りになりました。
<開口部>
Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

 

玄関土間の隣 開口の向こう側は、子供部屋です。
<子供部屋からの開口>

Exif_JPEG_PICTURE
コンパクトな子供部屋には、共用廊下側の窓からの光や風が
玄関土間を隔てて入るようになっています。
また、将来お子さんが個室で過ごす時間が長くなっても、
お部屋を覗かずとも個室の電気が点いているかどうか分かるので、
「ちゃんと寝てるかな」とか「まだ勉強頑張ってるかな」とかを
ドアを開けて確認しなくても分かるので、お子さんの時間を尊重して
親子間で程よい距離感が保てるんじゃないのかな、と思っています。
(必要なときはドアを開けて部屋に入って話せばいいですしね◎)
というわけで、今回は、玄関廻りの「繋がり」の工夫をご紹介した

~家族の繋がりが感じられるいえ~玄関編

をお送りしました。

 

 

kuwayama

 

ビギナーのための賢い家のつくり方
中古を買って、リノベーション。】

アマゾン2 amazonで購入ができます。→詳しくはこちら

この記事を著者のサイトで見る

update:2015-04-12 15:16 author:ecodeco

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!