リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

千葉流山リノベ現場レポvol.1:スケルトン

こんにちは、kuwayamaです。

前回は住吉の現場の解体直後の様子
レポートしましたが、
今回はほぼ同時スタートした千葉県流山の
現場のスケルトンの様子をお届けします!

 

長方形のお部屋の四隅にのみ梁が通っているので、
スケルトンでワンルーム空間になったお部屋は
縦も奥行きもぐーんと広くなり、とてもすっきり。

床スラブがくぼんでいるところは、
洗面やトイレやユニットバスが入っていた水廻りと
玄関土間の部分。

お部屋の真ん中を左右、前後に梁が横切っていないだけでも、
なかなか珍しいのですが、
こちらのお部屋はそれに加えて、なんと天井高は約2.8m!

2.3m〜2.4mの物件が多いなか、
2.8mは普通の住宅のスケール感を越えています。

 

 

下の写真は玄関の段差のフローリングとスラブの断面。

スラブに遮音マットを敷いて、その上にフローリングを直で貼っています。

 

これは天井裏に隠れていた給水(水色)・給湯(ピンク)の配管を見上げた様子。
こういう機能がパッと目に見えてわかる姿、
個人的に結構好きです(笑)

 

今回は水廻り以外は二重天井を撤去して、
躯体現しにするので、電気の配線の鉄管などが露出になってきます。

 

天井面、壁面をかっこよく素敵に見せるために
現場で、お施主さまと施工会社の現場監督と私で
あーだこーだと話し合いながら、
大まかなルートを決めていきました!

 

三者で「素敵なルートで!」を合い言葉に
作り上げたい空間のイメージをしっかりと
共有できたであろう、現場打ち合わせになりました◎

 

他に、壁は白塗装なのですが、いちがいに白と言っても色んな白があり、
たくさんサンプルを用意してもらい、現場の実際の日光が当たる空間で
比較しながら確認。

 

ご夫婦で、これだね!という色が決まりました〜。

これからどんな空間ができあがっていくか、
お楽しみに!

kuwayama

 

この記事を著者のサイトで見る

update:2016-07-18 21:22 author:ecodeco

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!