リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

千葉流山リノベ現場レポvol.2:ダクトがたくさん出現!

こんにちは、kuwayamaです。

7月頭に着工した現場、着々と進んでおります!

〜〜前回までの様子はこちら〜〜
千葉流山リノベ現場レポvol.1:スケルトン

こちらのおうちは、設計当初から内装のイメージとして
「工場」の様な雰囲気をベースに進めてきました。

物件のポテンシャルとして、一般的なマンションより
天井高が40センチほど高く2.8mあるので、
住宅のスケール感を越えていたので、
いい意味で住宅っぽさをなくせそう◎

そして、着工から約3週間後の現場の様子は
というと、、、

天井にダクトがたくさん出現!!!

右は太いので、キッチンのレンジフードのダクト。
左は少し細いのが4本。
そのうち1本は浴室の排気ダクトだと分かりますが、
では残り3本は何用…!?

正解は、、、、こちら。

左端はガス管、その隣(緑、ピンク、青)は給水・給湯・追い炊き管、
更にその隣(グレー)は電気の配線の束です。

なぜこの配管がダクトに納まっているかというと、、、

今回は水まわり以外は天井躯体現し、更に直床、
そして間取りも1LDKで個室が一個しかなく壁も少ないため、
天井裏、床下、壁内を配管することが難しい。
かといって、露出させるには本数が多すぎて見た目もあまり宜しくない。

ということで、今回はフェイクでダクトを利用し、
その中に配線を隠すことに!

写真奥の柱の裏にMBがあり、そこから引込まれて、

玄関上の壁の中からダクトの中を通し、

無事に水まわりやキッチンやリビングなど
部屋中の必要な箇所に通されました!

お施主さまにもたくさん並んでいるダクトを
気に入っていただけました◎

こんな感じで千葉流山の現場は進んでいます。
イメージしていた空間がどんどん形になっていく様子は
楽しいですね〜〜♪

kuwayama

この記事を著者のサイトで見る

update:2016-08-08 22:26 author:ecodeco

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!