リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

自然素材住宅で最初の一歩を間違えない「厳選素材住宅論」

自然素材住宅に興味が出てきたら、まずは読んでみてください。
自然素材住宅のホント、プロも知らない裏側、リノベーションや新築に役立つ知識とともに、野山をかけめぐるプライベートも少しお話しします。

>ブロガー情報を見る

住まいで健康になる「インフル・カビ・ダニ室内は湿度何%にする?」

みなさんこんにちは!

 

老舗厳選素材住宅の駿河屋 九代目の一桝です。
住まいで健康になれること、沢山ありますが、今日はこのハナシ

 

 

「インフル・カビ・ダニ室内は湿度何%にする?」

 

 

リノベするまえに、是非知っておいてください。

 

 

WS000001

 

 

人は生きている間、呼吸を止めることは出来ません。

 

 

しかし、毎日吸い込む住まいの空気が、

ダニやカビなど微生物で汚染されているとしたら

ちょっといやですよね。

 

 

住環境は法改正などで大きく改善されてきましたが、

ぜんそくやアレルギー疾患の患者は

少なくなっていないのが現状です。

 

 

シックハウスという言葉は、すでに一般的になりましたが

建材から発生するホルムアルデヒトなどが放出されて

疾患となることだけではなく

 

 

もっと広い意味でのことを指すと私は考えます。

 

 

例えば、

 

 

室内温度のムラだったり、湿気の多さ、

カビ、ダニなどの室内微生物汚染

 

 

冬の寒さや夏の夜の寝苦しい暑さなど、

室内環境が原因の健康障害を起こすもの全てが

 

 

「シックハウス」という概念に当てはまると考えます。

 

 

その中でも、室内の微生物汚染は、

現代の住宅においてとても深刻なのはやはり

 

 

「人の居るところには微生物も必ずいる」

 

 

ということです

 

 

強い薬で絶滅させようとしても、

人間も同じ生物なので、人体にも影響が出ます。

 

 

やはり、住まい手側の正しい知識と、生活改善、

室内環境の改善をするための設備や家づくりを行うことで、

許容できるレベルまで抑制するしかないんです。

 

 

 

では、繁殖を抑制するにはどうしたらいいのでしょうか。

 

 

カビは生きる為に適温がありますが、

-10度から50度までと言われていますので

一般の住宅の年間を通した温度と同じなんです!

 

 

う~ん では湿度はどうでしょう

 

 

一般的に湿度65%以上で繁殖し、

湿度が高ければ高いほど、繁殖速度が速まり

生息する種類が増えます

 

 

(*_*)想像すると恐ろしいですね~!

 

 

インフルエンザが気になるこの時期

菌繁殖も考えると40%から50%程度に

室内の湿度を抑えることが必要なんです。

 

 

でもこの時期、室内干しや夜の調理や入浴での湿気

結露を抑えるのはなかなか難しいです。

 

 

なので、調湿効果のある建材である

珪藻土や無垢の木の床などにすることが

とても効果的なんですね

 

 

先日、リフォームをされたU様から

嬉しい報告がありました。

 

 

リフォーム前にくらべて結露がほとんど無いとのこと

ペアガラスも壁面断熱も大切ですが

 

 

仕上げ材に純度の高い信頼できる珪藻土を採用したことが

大きな要因となっております。

 

 

U様のブログでかなり丁寧にご紹介されておりますので

是非ご覧下さい!

 

 

新米ママへ~頑張らなくても片付く暮らしのヒント~

★ウエブ内覧会 リノベ後初めての冬は・・・結露知らず!

http://ameblo.jp/ienokoto-haru/theme-10073940991.html

 

 

 

 

 

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

 記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します。

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!