リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

東京リノベーション事情

団地マニアなEcoDecoスタッフが綴る最新の東京リノベーション事情

>ブロガー情報を見る

リノベーション前の要チェックポイント!


こんにちはkuwayamaです。

 

前回のブログでちらっとお話ししていた
「設計にあたって現場で要チェックなところ」のひとつに
分電盤があります。

IMG_8390

一般的にはブレーカーと呼ばれることが多いですね。
古いマンションだと写真のように玄関扉の上に付いていますが、
比較的新しいマンションや古いマンションでもリフォームがされたお部屋だと、
玄関や廊下の収納の扉を開けると上の方についています。

では、分電盤の何をチェックするかというと
まずは「アンペア数」です。

下の写真を見て頂くと、ちょっと小さいですが、
左のスイッチの下に小さく「30A」と表示されていますね。
いい具合に年季の入った分電盤です。

Exif_JPEG_PICTURE
フルリノベーションをすればアンペア数をいくらでも上げられると思いきや
マンションによっては上限が決められているので要注意です!
IHクッキングヒーターは30Aは最低でも必要なので、
同時に炊飯器やドライヤー、エアコンなどをブレーカーが落ちることなく
使用するには、分電盤は60Aあったほうがいいですね。
このアンペア数は、電力会社やマンションの管理会社に確認すれば
最大何アンペアまで上げられるか教えてもらえるので、
リノベーションの際にIHクッキングヒーターなどの導入を検討されている方や
家族が多くて同時に電化製品をたくさん使う方、
エアコンの台数が多い方などは、内見時に分電盤の確認をお忘れなく!
上限まで上げられたとしてもその分基本料金も上がってしまうので、
各家庭の適切なアンペア数を把握することが大切ですね。
東京電力のHPでは、必要なアンペア数のシミュレーションもできるので、
一度試してみてはいかがでしょうか~??
「電気シミュレーション わが家のアンペアチェック!」

kuwayama

 

リノベーションに関するお問い合わせは→コチラ

物件探し、資金計画に関するお問い合わせは→コチラ

 

 

 

この記事を著者のサイトで見る

update:2014-09-15 10:32 author:ecodeco

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!