リノベーション専門サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション専門サイト

ゼロリノベのブログ

ゼロリノベのロゴマークは京都の竜安寺にあった「我唯知足」をモチーフにしました。ゼロリノベのコンセプトにぴったりとはまっていたからです。このブログでは、「家を購入することで自由になる」ことを目指します。具体的には経済的、空間的な束縛から解放される方法を探っていきます。

>ブロガー情報を見る

家族が幸せになる間取り教えます。浮気防止にも効果!?

テーマ:日々の暮らし

中古マンションのリノベ−ション。相模原

 

新しい家の購入ってすごくワクワクしますよね。
デザインや間取り、キッチンやお風呂の見本から、どんな生活が始まるんだろうって想像すると、思わずにやけてしまいます。そして実際に購入するとある程度満足して、やりきった気持ちになりがち。
しかし「家を購入する」ということは、プロセスであってゴールではありません。

階段

 

 

家は自分たちの理想に近づくひとつの手段

 

家で一番大切なのは、購入したあとです。
その家で、一体どんな人生を送るのか、というのが最も大切にしたいこと。
そもそも、家の購入は、理想のライフスタイルを実現するための手段です。
そして、理想のライフスタイルというのは、それぞれ違うものですが、「家族が幸せに暮らす」ということは共通して持っているんじゃないでしょうか。

 

家族というのは、実際に「家」で生活を送っていくメンバーです。
自分だけではなく、家族みんなが豊かに幸せに暮らせる家。
そんな家があったらいいですよね。

 

今日は「家族が幸せに過ごすには?」ということを、家の「間取り」という点から考えていきたいと思います。

 

とびら

 

個室はつながりを減らしてしまう?

 

「将来子ども部屋が必要になるかもしれないし」
「仕事部屋や趣味の部屋が欲しい」
「小さくてもいいから書斎が持ちたいな」
「プライベートな空間が欲しい」

 

部屋の間取りを考えるとき、将来を考えたり、自分の夢を叶えようとすると、ついつい部屋を細かく仕切りたくなってしまいますね。

 

しかし、「家族の幸せ」という点から考えると、実は仕切り壁はなるべく減らす、というのが「間取り作り」の正解です。

 

なぜなら、仕切り壁を減らすと、知らず知らずの間に、家族と顔を合わせる時間が多くなり、お互いの存在も、別々の部屋にいるときよりも、強く感じようになるからです。
とは言え、全ての仕切り壁をなくすことは難しい。でも、一部を大きな棚や家具で間仕切るなどの工夫はできます。
そうやって、家族間のコミュニケーションの時間をたくさん作ると、オキシトシンという幸福ホルモンが脳から分泌されるのです。

中古マンションのリノベーション事例

 

 

幸福ホルモンと仕切りの少ない間取りの家

 

オキシトシンは、脳の疲れを癒したり、人に対する信頼感が増したり、心地よい幸福感をもたらすと言われている脳内物質で、幸福ホルモンと呼ばれています。
そもそもは出産を促したり、母乳の分泌と関わりのある物質とされてきましたが、近年、年齢や男女など関係なく分泌され、信頼や愛情に関係することがわかってきました。

 

そしてこのホルモンは、おもに恋人や家族とのふれあいなどによって分泌されます。
信頼感や安心感ともつながっているので、育ち盛りの子供にとってもよい影響が与えられるでしょう。

 

しかも浮気抑制の効果があることも、データからわかってきています。
「仕切りの少ない間取りの家」は、パートナーが家に帰りたくなるようにも働きかけてくれるようです(笑)

 

家族の寄りどころとして、幸せを感じる土台として「家」という道具をどれだけ使えるか。
一度、間取りについて、ご家族で話し合ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

中古マンションのリノベーションは「ゼロリノベ」
各種事例とゼロリノベ特徴を見ることが出来ます。

 

セミナー情報
家を購入することで、経済的に空間的な束縛からの解放をお伝えいたします。

 

中古マンション見極めチェックリスト
内見前にはこちらのチェックリストを活用してください。

update:2018-03-07 08:55 author:ゼロリノベ

関連記事

アートアクアリウムに行って来ました。
「確かに…!」中古マンションを選ぶ納得の理由とは?
築35年のマンションって買っても大丈夫?

聞きたいのは生の声!

PREMIUM STORY

勾配天井をマンションリノベで実現。最上階のメリットを活かした住まい。

料理好きの妻は「1日中キッチンにいます!」と嬉しそう。眺望が気に入って購入した物件は、勾配天井にロフトといった最上階ならではの特権によって大きく生まれ変わりました。