リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

H2DO一級建築士事務所ブログ

H2DO一級建築士事務所のブログです。
空間設計に関することや、リノベーションに関してなど、生活や暮らしに関して日々思うことをアップして行きたいと思います。

>ブロガー情報を見る

可動本棚の家 設計施工レポート 04 物件見学

 

今回は前回の物件探しに続いて、実際に物件購入に至ったオープンハウス(内覧会)の話をしてみたいと思います。


 

中古マンションの購入は考えていましたが、具体的に期限を決めていた訳ではなく、ネットでの検索で相場を把握している程度でした。そんなある日散歩中にオープンハウスの看板が目に入り、大体の場所と金額と広さが探していた条件に合っていたので、参考までにという軽い気持ちで立ち寄りました。


実際に行ってみると、探していた以上に条件が良くほぼ一目惚れ?状態で”出会った”といった感じでした。

参考までに僕が探していた条件は、二人暮らし設定で下記になります。


 

場所:杉並区or中野区(勤務場所との関係で)

金額:2000万以下(リノベーションも含めて金額を設定)
広さ:1LDK30-40㎡程度(二人でコンパクトで快適に暮らせるサイズ)
築年数:30年程度(30年は問題なく使えるという想定)

 

 


上記の条件に合っていて、さらに下記が気に入った点です。

・最上階であったこと(8階建の8階)
・ベランダが広かったこと(5.4mx1.8m)
・ベランダからの眺望(新宿高層ビルが見えます。)
・北側道路で敷地は準工業地域、南側は住宅地域(日当たりが良く将来的に南に高い建物が建たない。)
・一階がスーパーだったこと(買い物が便利です。)
・借地権だったこと(住む期間と金額を設定出来るのであれば初期コストを下げれてメリットだと。)


 

とにかく最上階でベランダ広くて眺めが良かったことがとても魅力的でした。
あとは周辺の用途地域をみて、日当たりや眺望が今後も確保されることはとても大きなポイントでした。
(一般の方にはなかなか判断は難しいかもしれませんが、またの機会に解説したいと思います。)

そしてそのまま購入の申込みをしました。

不動産の購入は最後は数字ではなく”感覚として気に入れるか”や”勢い”が大切だと、経験してみて思いました。


 

*所有権:マンション所有者で土地も建物も所有します。

*借地権:マンションを建てる土地は地主に地代を払って借ります。建物は所有します。

 

H2DO一級建築士事務所

 

update:2014-10-07 08:55 author:H2DO一級建築士事務所

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!