リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

H2DO一級建築士事務所ブログ

H2DO一級建築士事務所のブログです。
空間設計に関することや、リノベーションに関してなど、生活や暮らしに関して日々思うことをアップして行きたいと思います。

>ブロガー情報を見る

可動本棚の家 設計施工レポート 14 解体着工

今回は施工に関して纏めて見ます。
まずは、マンションのリノベーションなので、既存の解体から入ります。

解体にも内装を全て解体する方法と、部分的に解体する方法があります。

前者はスケルトンリフォームと言われ、構造躯体を以外は全て解体しゼロから内装を作ります。間取りも自由に出来ますし、設備関係も簡単に更新できます。その代わり、工事金額は掛かります。

今回のリノベーションでは、設備関係の配管が近年に更新されていたことと、コストの関係からも部分的な解体として、既存で利用できる物は極力利用する後者の方法を取りました。

解体しない部屋に荷物を置いておくことで、工事中の引越しの手間も省けたりします。
広いお家であれば、住みながらにして工事を行うことも出来ます。(当然、騒音等はありますが。)

さて、工事開始で間仕切り壁や押入など、不要な部分を解体して行きます。
14_1

14_2

あっという間に、間仕切り壁が無くなりました。
14_3
物が無くなって一体となった空間はとても広く感じます。

出来上がってに家具や物を置き生活を始めた後も、如何にこの状態に近づけることが出来るかが、
設計をする上での一つの大きなテーマです。

H2DO一級建築士事務所

update:2014-11-10 08:55 author:H2DO一級建築士事務所

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!