リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

H2DO一級建築士事務所ブログ

H2DO一級建築士事務所のブログです。
空間設計に関することや、リノベーションに関してなど、生活や暮らしに関して日々思うことをアップして行きたいと思います。

>ブロガー情報を見る

可動本棚の家 設計施工レポート 17 照明計画

今回も前回に引き続き、内装工事に関してです。

前回は床・壁・天井を整えましたが、今回は造作的な部分や設備系に関してまとめてみます。

ちなみに今回の施工部分は平面図ブルー部分の床下収納とオレンジ部分の上下間接照明です。
17_1

まずは床下収納の部分です。下地の骨組みを作っています。
見えない部分なので、既存フローリングもそのまま利用しています。
17_2

こちらは天井埋込み照明部分、照明とクリアランス分の掘り込みです。
手前には電気のケーブルが垂れ下がっています。
17_3

こちらは床埋込み照明部分、カバーは乳半アクリルを使用して間接照明とします。
17_4

そして最後にこちらは乳半ポリカボネート板の引戸です。ポリカボネートはガラスに比べ、軽くて割れの心配がありません。
17_5
上下の間接照明と一緒に引戸のレールも設置することで、シンプルなラインの納まりとします。
引戸を開いた状態では上下のラインのシャープな光となり、閉めると面の柔らかい光となります。

最後に、今回のプロジェクトでは面積が狭い事もあり、常設の照明はこの上下の埋込み間接照明のみとしています。
足りない部分は足りない場所にスタンドや卓上の照明を使い必要な場所に光を作ります。

室内全てを均等に明るくするのではなく、ベースの照明は最小限にして、必要なところに必要な明かりを足して行く、このプロジェクトではそのようなコンセプトの照明計画としています。

 

H2DO一級建築士事務所

update:2014-11-21 08:55 author:H2DO一級建築士事務所

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!