リノベーション専門サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション専門サイト

Re:LifeDesign

リノベーションとは、ライフスタイルを変える手段だと思います。ちょこっと生活を変える。それが、新たな価値を生み出すことになればいいなぁと思います。
住宅に限らず、生活を変えるきっかけ、本当の意味でのリノベーションを記しRe:LifeDesignできるブログを書いていきます。

>ブロガー情報を見る

だれでも簡単につくれるダイニングテーブル – Re:act

テーマ:DIY

今回は、ソーホースブラッケットを使用して簡単にできるダイニングテーブルを作成しました。

 

ソーホースブラケットは2X4材を差し込んでビス止めするだけで簡単に脚ができてしまう金物です。 ソーホースブラケット、ソーホースレッグ、のこぎり馬、、呼び方は様々。ソーホースブラケットとはソーホース(のこぎり馬)をつくるブラケット(金具)という意味です。
アメリカのFULTON社が作っているものが有名でそして安価!(だいたい¥1,000くらい)今回はこれを使用します。

 

天板の高さを考慮してあらかじめ600mmにカットした2X4材

 

 

ダイニングテーブルと使用するだけならもっと作り込みを行うことも良いのですが、このダイニングテーブルは他の場所での使用も配慮した簡単に移動できるダイニングテーブルとして作成しました。

 

まずは、天板選びから
通常天板は、ホームセンターでも購入できるのですが、ホームセンターのものは、本来の建築の下地用のため、あまり美しい木目はありません。ですので今回はそのあたりの融通も利く京都の木材屋[竹内一二商店]さんに依頼しました。

 

ラワン合板24mmで四人でもゆとりをもって使用できるサイズ1600mm×800mmにカットを依頼しました。

 

届いた材は入念にサンドペーパーで仕上げ。

 

実は、この天板は外での使用も考えているため耐候性も必要になります。そこで、耐水性も高い、ドイツの自然素材のオイルステイン[オスモカラー]を選択しました。
引き伸ばしながら塗ることで、わずかな塗料で塗り終わりました。

 

 

 

そしていよいよ組み立て作業に
組み立ては簡単そのもの。ただブラケットに木材を差し込み脚を作り、そこに天板をのせて終了。

 

 

こんなに簡単にテーブルが完成するんです。

 

 

update:2017-07-17 13:29 author:daisuke shimada

関連記事

ちゃくちゃくと床はり準備しています
水槽台制作
団地のDIYルームシェア 入居者さん床張りに挑戦

聞きたいのは生の声!

PREMIUM STORY

勾配天井をマンションリノベで実現。最上階のメリットを活かした住まい。

料理好きの妻は「1日中キッチンにいます!」と嬉しそう。眺望が気に入って購入した物件は、勾配天井にロフトといった最上階ならではの特権によって大きく生まれ変わりました。