リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

北摂リノベらいふ

2014年4月、
関西の北摂エリアに築41年の分譲団地を購入、
フルリノベーションして暮らし始めました。
リノベーション体験の振り返りを中心に、
現在の部屋の様子などをご紹介します。

>ブロガー情報を見る

リノベの第一歩 したいことを正確に伝える

テーマ:リノベーション

こんにちは

今日はリノベーションの第一歩にあたるお話をしたいと思います。

 

それは、私たちの場合

●リノベでやりたいことは何なのか?イメージを明確にする

●思い描くイメージを、リノベ会社に正しく伝える

ことでした。

 

以前から「空きがないかなぁ」と目をつけていた団地の購入がいよいよ現実となり、

次はリノベをどうするのか、どこに頼むのか、について考える段階になりました。

夫と2人、リノベについてお互いが持つイメージや思いを、コトの大小に関わらず

1つずつ付箋紙に書き込み、整理してみました。

事前にリノベ物件のオープンハウスを見学し、直接見て触れてきた成果か、

わりあいスムーズに言葉にすることができたと思います。

 

1408_DSCN1189

↑まとめるとこんな感じ。半年前のことなのに既に懐かしい!

 

今回のリノベの幹ともなる、最も大きな要望は2つ。

●コンセプトは、北欧シンプルモダン

●無垢の床にしたい

 

次に枝葉の部分、細かい要望や私たちの「人となり」がリノベ担当者にきちんと

伝わるためのものを挙げました。

『私たちが好きなもの』

・シンプル

・白

・モダンスタイル

・無印良品

・レトロ

・落ち着いた雰囲気

 

『部屋全体に対する要望』

・無垢床・・・温かいときいたのでスギ材を希望

・壁・・・塗り壁、珪藻土かしっくい

・窓・・・二重サッシで防音対策

・空間・・・LDKをゆったり、その他はミニマムでok

・間取り・・・趣味(絵)部屋が欲しい

・いずれ犬か猫を飼うつもりなので、それを視野に入れた素材で

 

『LDKに対する要望』

・対面式キッチン

・壁に飾り棚

・テレビを見ながらアイロンがけしたい

・ダウンライトの照明が好き

・ダイニングにPHランプを吊るしたい

・ピクチャーレールの設置

・どこかにアール型の壁が欲しい

・小上がりの畳コーナー(床下収納)

 

『水まわりに対する要望』

・三面鏡

・ユニットバス

・絵の具が洗い流せる洗面台

・ウォシュレットはイヤ

・トイレへは、洗面所を通らず独立した動線を確保したい

・斜めドラムが置けるスペース

 

『その他』

・寝室・・・手持ちのベッドを2つ並べて置きたい

・趣味部屋の床は、汚れや水に強い素材で

 

主だったものはこんな感じです。

 

要望の中には「あって当然」的なものや他の要望と矛盾するものもありましたが、

思いついたもの全てを取りこぼしなく伝えた方が良いと思い、省きませんでした。

その他、私たちの好みが伝わりそうな写真や雑誌の切り抜きでスクラップブックを作り、

参考にしたいインテリアの本を手に、リノベ会社との打ち合わせに臨みました。

少々面倒ですが、頭の中にあるイメージを相手に正しく伝えるためには

必要なことかと思い、手を抜くわけにはいきませんでした。

 

DSCN1236

↑気になるページに付箋をつけて

 

当初、相談した会社は3社。

自分たちで見つけてきたリノベ会社1社と不動産会社が提携しているリノベ会社2社。

残念ながら自分たちで見つけてきた会社は、担当者の対応に疑問を感じ、

初回打ち合わせまでの段階でお断りしましたので、実質は2社。

 

各会社との初回打ち合わせの際に注意したのは、

「同じ内容を同じように伝える」ことです。

その後、2回目打ち合わせでは、それぞれ3案ずつプランが提案されました。

3回、4回と打ち合わせを繰り返し、内容もブラッシュアップ・・・・

そして、とうとう「私たちのリノベーションプラン」が決定しました~!

この段階で、既に「成し遂げた」感動が得られるのが、リノベの良いところです♪

 

リノベプラン決定までにいろいろな変更があります。

いえ、リノベ工事中にも予期せぬ事態による変更が待っています。

私たちが当初要望していた項目のいくつかも消えていきました。

それでも最初に「リノベーションでやりたいこと」について話し合い、

コンセプト、要望の優先順位などをきちんと決めていたおかげで

変更時の選択や判断に迷いが少なかったと思います。

 

リノベは依頼主が決断しないといけないことが多く、選択肢も多いので結構大変です。

さらに工事が始まればゆっくり考えをめぐらせていられません。

迷うことが少なければ楽しい思い出に、多ければ「ただただ苦痛」のうちに

終わってしまうかも??

 

みなさん、ぜひ楽しいリノベーションを味わってください~♪

 

 

update:2014-08-30 18:13 author:viola

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!