リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

住まいをめぐる冒険

平日は都内の狭小住宅住まい。週末は埼玉の「ちょい郊外の基地」でリノベーション&DIYライフ。・・・2014年にここから始めた活動が、元官舎1棟まるごとリノベーションする事業に育っていきました。ブログ名も新たに(2017年6月)、移住先館山での「モノ作り・コト作り」を紹介していきます。

>ブロガー情報を見る

キッチンの作業スペースを邪魔しないナイフスタンドを作ってみた

テーマ:インテリア

こんにちは。

 

今日はライトにDIY小物ネタをご紹介します。

 

 

包丁やナイフの置き場、意外と困りますね。

 

 

オシャレ系ですと、

 

ヘンケルスのナイフブロックが定番でしょうか。

img_11300-100_1_l

(画像はメーカーサイトからお借りしました)

 

 

こちら、メーカーサイトによると4,320円。
以前にコストコでナイフ・ハサミ付きでエラク安かったので、私も買いまして、自宅でもずっと使っていました。

今もサバベで使っています。

 

 

IKEAのナイフ立て
retratt-naifu-li-te__38203_PE130107_S4

(画像はIKEAのサイトからお借りしました)

 

 

RETRATT(レトレット)も安くていいですよね。

1,499円。

 

 

しかし、デカイんですよね。これら。

 

 

「 広い店内ではちょうどよく見えたが、自宅に連れて帰るとデカかった・・・ 」

 

IKEA・COSTCO買い物あるあるですよね。

 

 

自宅の狭いキッチンスペースにジャストにおさまるものがないかな、と思って、
作りました。

 

これです。

IMG_5897

この位置にジャストで収まるものを奥様に求められまして。

 

この手前に以前はナイフブロックがあったのが、一気に省スペースできました。

 

「必要はDIYの母」ですね。

 

この作品、Facebookで何気なくアップしたら、「売ってくれ、作ってくれ」と言われる一番人気作品になりました。
では、作り方のご紹介です。

 

 

* * * * *

 

 

といっても、設計図もなく適当だったんで、はしょります。

 

使ったパーツは、その辺にあった板を切った木片×6枚と、3mm厚の細い板×6枚。

 

まず、防水用に、内側を含めて、オスモで塗ります。

今回は「クリアカラー」にしました。

 

そして、

1000924_10201848437475891_276208147_n

木片の間に、細い板をサンドイッチにして、ビス止め。

で、完成!

 

サンダーをぐるりとかけて、角を心地よく丸くし、手触りをよくしました。

仕上げに再びオスモを塗りました。

 

 

上から見ると、

IMG_5898

こんな感じ。

サンドイッチされる細い板は3mm厚が包丁の仕舞いにはジャストサイズです。

 

 

533729_10201901967934119_802042448_n

センターにスリットがありますが、これは水気が逃げるための工夫です。

(というか、木片がこのサイズなので、後付でそういう意味を持たせました)

 

 

焼印を押せば、ぱっと見、ヘンケルス。だけど漆原オリジナル

IMG_5902

底面には、太鼓鋲(たいこびょう)を打ちました。

 

これが、キッチン天板と木を直接くっつけない、カビ生えたりしない工夫です。

(これも、後付で考えました)

 

チラッと真鍮色が見えるとなんかオシャレ感あります。

 

錆が出ないのもいいです。

 

 

裏側をご紹介。

 

紹介前に、ネジ穴を隠しちゃえば完璧でしたね。

 

試作品のつもりだったので、、そのうち、ダボで埋め直そうと思いながら忘れっぱなしでした。

IMG_5899

 

「目と口」みたいな3つの丸は何かというと・・・

 

IMG_5900

マグネットです。

 

どこで入手したか覚えてませんが、工具箱にあったので、両面テープで3つ付けました。

たぶん100均でも入手できると思います。

 

なんでかというと、

IMG_5897

壁がステンレスなんで、ピタッとくっつくんですね~

 

これも作ってからの後付です。

 

 

マグネットを付ける前は、ナイフを抜き差しする際にパタリと倒れてしまって、困っていたのですが、解消。

 

掃除もしやすいし、我ながらグッドアイデアでした。

 

 

今回の材料代ですが、新規に買ったのは3mmの板だけです。

300円ぐらいでしょうか。

まぁ、すべて買い揃えても1500円ぐらいだと思います。

 

 

機能的にはカンペキと自画自賛していますが、ただし弱点というか、改良点があるように思っています。

 

それは、、

 

いつの日かご紹介します(笑)

 

 

 

裏面にマジックで書いてある日付が、「2013.8.26」。

 

1年以上も毎日使っている今も、カビが生える気配もなく、奥様に愛用していただいています。

 

 

余談ですけどね、DIYで作ったものには、なるべく焼印入れて、日付を書き込んでいます。

 

いつかね、

 

「これはパパが20年前に作ったんだね~」

 

「この日付見てよ!50年前もだよ。死んだ爺ちゃんが作ったんだね~」

 

なーんて、近い将来、遠い将来に、僕の知っているところ、知らないところで、現役活用されている作品が1つでも2つでも残せるといいな、、、なんて思ってましてね。。

 

 

いやぁ、DIYって、本当にいいですね~

 

 

今日はこのあたりで。

 

 

* * * * *

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

—-

 

漆原秀

https://www.facebook.com/urushibarracks

 

“ちょい郊外の基地” SUBURBAN BASE(サバベ)

https://www.facebook.com/suburbanbase

 

update:2014-11-28 21:35 author:漆原秀

関連記事

こんな使い方があったのか!?目からうろこのDIYアイデア
DIY ~勉強机~ 作りました!
賃貸でもできるDIY(1) 〜「ディアウォール」で壁を作ってみた〜

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!