リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

住まいをめぐる冒険

平日は都内の狭小住宅住まい。週末は埼玉の「ちょい郊外の基地」でリノベーション&DIYライフ。・・・2014年にここから始めた活動が、元官舎1棟まるごとリノベーションする事業に育っていきました。ブログ名も新たに(2017年6月)、移住先館山での「モノ作り・コト作り」を紹介していきます。

>ブロガー情報を見る

キッチンのタイルを自分で張ってみた ~サバベのリノベ・その3~

テーマ:DIY

こんにちは。

 

お寒うございます。

 

今日は、ちょい郊外の基地(SUBURBAN BASE:通称サバべ)のキッチン作りは過去ご紹介しましたが、その続きです。

 

キッチン前の壁のタイルは自分で張ってみました。

 

キッチン全体を引いた感じはこちら。

11650_10201007325008605_962924290_n

 

タイルがよくわかりませんね。何せキッチン台の幅が4mありますので。。

 

 

では、寄った絵はこちら。

IMG_4049

 

IMG_4046

 

 

張る前はこんな感じです。

IMG_3200

ちょっと工程が戻りすぎましたが、、壁は一面OSBボードで、薄く白ペンキを塗った状態でした。
後で考えようと思っていたので、壁全体をOSBボードで覆ってしまったわけですが、やはりキッチンまわりは、耐火性も、雰囲気もあるものにしたいなと。で、タイルかなと。

 

しかし、奥様に相談しないオレ様リノベ としては、あまり甘い感じにはしたくなかったので、グレー系を中心にサンプルを取り寄せました。

 

取り寄せたのは、タイルライフさんでした。

 

タイルライフさん、サバベ床の鏡面タイルもこちらでしたけども、「激安タイル ワンコイン (500円)」(平米単価が500円)とかもあって、激安です。

 

「オンラインだと、現物見れないから不安~」と思われるかもしれませんが、サンプルを送ってもらえるので、ご安心を

サンプル送料(代引き手数料・税込):\ 1,100- です。

 

たしか、10種類ぐらいまで同時申し込みできたと思いますので、1回のサンプル取り寄せ時に、将来的に、あそこでも、ここでも使うかもしれないサンプルを同時に取り寄せてしまってもいいと思います。

 

選んだのは、プレーンタイル (無地) 97角 (TPC-T292) 品番 : 15009TPC というやつです。

tile

(画像はタイルライフさんのサイトからお借りしました)
これを1ケース頼みました。
\10,002/m2が、\3,500/m2。
\8,051/ケース (税込)でした。

 

今、サイトを見たら、同じものは在庫切れでした。

 

ですが、「97mm前後のグレー」というタイルでも山ほどあるので、サンプル請求で、お気に入りのものを探し出してください。

 

貼ってる作業中は、こんな感じです。

 

577434_10200794969059839_142814966_n

 

 

486425_10200792016426025_1767202214_n

左端から張り始めて、右に張り進んでいきました。

 

1.コンクリートボンドをヘラで塗る。

2.タイルを置く。ゴムハンマーでコツコツと叩いて、ボンドになじませる。

の繰り返しです。

 

上と、左とにコンクリートボンドが、はみ出してますね。

しかし、ここは、マスキングテープを塗っていますので、後で剥がせばきれいになります。

 

このタイルの場合、1枚ずつ張り付けた、、わけではなくて、メッシュに、縦3枚×横3枚のタイル9枚で1シートになっているので、この単位で張り進めていきます。

 

 

「張りたい場所が、タイルのサイズ・枚数で割り切れなかったらどうするの??」

 

と、思われたかもしれませんが、そんな時に活躍するのが、手前に映りこんでいる「タイルカッター」です

 

こちらも、タイルライフさんであわせて買いました。

 

 

商品名 : タイルカッター DIY250 品番 : 15682ITM

\2,564/台 (税込)

image.php

(画像はタイルライフさんのサイトからお借りしました)

 

これも、今サイトを見たら、売り切れていました。

 

ですが、400mmまで切れるカッターがありました。

 

 

タイルカッター DIY400 ★400mmまでカットOK!
\3,068/台 (税込)

 

 

こちらの方が、長く使えると思いますので、お薦めです。
タイルって、300mm角のものも結構ありますからね。

 

当時は置いていなかったんですよね。。取り替えてもらいたいぐらい、うらやましい。。

 

タイルを置いて、切りたい場所に、スッとスケールを走らせて傷を付けて、オレンジのノブを掴んで、下方にグイっと押すと、パキン!と、気持ちよく割れます。

 

その他に準備したものは、以下のようなものでした。

 

(材料)

・タイル用ボンド 2kgのチューブ状のもの :2,000円ぐらい
・コーキング材 グレー :1000円ぐらい
・目地材 グレー :1,000円ぐらい
・目地材を伸ばすヘラ :200円ぐらい
・ボンドを伸ばすヘラ ホームセンターでもらったので :0円

 

(その他)
・養生テープ
・マスキングテープ
・薄手の使い捨てビニール手袋
・スポンジ
・ぞうきん

 

全部で、15,000円以内ですね。

当然、タイル台を安く抑えれば、もっともっと安価に済ませることはできます。

ですが、キッチン壁でしたら、そんなに広い面積ではないでしょうから、平米単価3,000円~5,000円ぐらいみてもいいんじゃないかな、というのは個人的な感覚です。

 

 

工程紹介に戻ります。

 

タイルを1面に張り詰めたら、そのまま1日寝かします。

 

翌日は、タイルの隙間に、「目地材」を入れていきます。

 

目地材は、白・グレーの他、黒なんてのもありますので、お好みで選びましょう。

 

目地材を入れるのは、ヘラでやりましたけど、最後はビニール手袋をした指で仕上げました。

 

目地材があらかた乾いたところで、水をひたして、かたく絞ったスポンジではみ出した目地材をふき取って、最後に乾いた雑巾でふきあげてます。

 

端っこだけは、グレーのコーキングで馴染ませました。

 

で、完成。

 

 

IMG_4047

 

ちなみに、上の写真に出てきた、「ブルーのマット」ですが、これ、「バーマット」です。

バーのカウンターなどで、カクテルを提供される時などに、カウンターで使われるものです。

 

ヤフオクで検索すると、いろんなお酒メーカーのものが出品されています。
私はこうやって、まな板やら、グラスを置いておく場所に使っています。

天板が木なので、塗れたままにしないためです。

 

 

 

 

 

さて、このタイル張り、難易度で言うと、工具を使ったDIYに比べると、塗装に比べても、かなり簡単だと思います。

 

私もこの時が、人生初のタイル張りでしたが、なんなくクリアできましたんで、これから始めるみなさんにもきっとできます。

 

次は、自宅の洗面所まわりをやりたいなぁ、と思っています。

 

 

寒い日が続きますけど、タイル張りは、寒い日でも暖房の効いた室内でできますので、ぜひお試しください!

 

 

* * * * *

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

—-

 

漆原秀

https://www.facebook.com/urushibarracks

 

“ちょい郊外の基地” SUBURBAN BASE(サバベ)

https://www.facebook.com/suburbanbase

 

update:2014-12-16 21:27 author:漆原秀

関連記事

サバーバンBASEの「顔」を作ってみた
パレットでサイドテーブルを作ってみた ~梅雨どきは室内DIYのトップシーズン!? ~
DIY ~勉強机~ 作りました!

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!