リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

住まいをめぐる冒険

平日は都内の狭小住宅住まい。週末は埼玉の「ちょい郊外の基地」でリノベーション&DIYライフ。・・・2014年にここから始めた活動が、元官舎1棟まるごとリノベーションする事業に育っていきました。ブログ名も新たに(2017年6月)、移住先館山での「モノ作り・コト作り」を紹介していきます。

>ブロガー情報を見る

IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト6 ~ベビーチェアを男前系ハイチェアにしてみた~

テーマ:DIY

こんにちは。

マイクロデベロッパー漆原です。

 

前々回、5月にアップした記事「キッチンをドレッサーにリメイクしてみた」では、思わぬ反響をいただきましたので、「子どもの使わなくなったものをリメイクしてみたシリーズ・その2」です。

 

今回はIKEA製品のリメイクです。

 

 

今回も、Before・After形式でご紹介します。

 

 

 

【Before】6年前にIKEAで購入したベビーチェア

IMG_6637

・価格は忘れましたが、5~6千円だったと思います。
・0歳~4歳ぐらいまで使用しました。
・購入時、子どもの股の部分に脱落防止のT字の部材がありましたが、たしか3歳ぐらいで窮屈になって取り捨てました。
・今はもう廃盤みたいです。

 

 

IKEAではプラスチック製で1500円ぐらいのものがありますが、多少迷ったのですが、3倍以上の値段の木製のものを選びました。
クオリティと価格で迷った時には、こう考えて検討するようにしています。
1.その金額差を使用年数で割ると、使用年数あたり、いくらの差になるのか?
2.誰かに、「お下がり」であげたら喜んでくれるか?
3.ヤフオクでリセールバリューがあるか?
4.他の物に流用できそうか?
5.愛せるか?

 

 

そんなことを考えて選ぶようにしています。要は「コスパ」、コストパフォーマンス、そして「ライフタイムバリュー」の検討ですね。
今回もそんなわけでこれにしました。

 

しかし、4年って、あっという間ですね。。

あっという間に使わない(使えない)ものになりました。

 

 

 

今回は買うときからイメージしていたわけではないのですが、「他の物に流用できそうか?」を再度考えてみた時に、ヒラメキました!

 

 

完成したのはこちらです。

 

 

【After】

FullSizeRender

・ウッドデッキでのBBQでピットマスターをやる時を想定したハイチェアにしました。
・大人が、軽く腰掛ける感じに最適な高さです(ちょっとカッコよく見える高さ?)
・脚が大きく拡がっているので、安定感バツグンです!
・ワイルドにヴィンテージ加工しました。
・さらに、真鍮の太鼓鋲を打って男前感を出してみました。

 

 

それでは、制作工程のご紹介です。

 

今回はとっても簡単です。

 

まず、背もたれの部分をカットします。

IMG_6645
こんな時には、以前も紹介しました「アサリなし鋸」の出番です。

IMG_6640
本体を傷つけることなく、スパッと切れます。

 

IMG_6646

カット完了。

 

ちょっと天板を傷つけてしまいましたが、今回はいいんです。

 

 

なぜかと言うと、

IMG_6647

これらの武器でもって、暴行を加えるからです。

 

今回は半アウトドア使用を想定ですので、かなり激しくいきました。

IMG_6648 IMG_6649

暴行は以上です。

 

 

続いて、ステインします。

IMG_6650

そうすると、傷付いたところだけ、キレイに(汚く?)ステインが染み込むんです。

 

IMG_6651

逆に何もしていないところはニス塗装の上なので染みません。
これを軽く布で拭き取ります。

 

IMG_6654 IMG_6652

背もたれの木をカットした断面がイイ味出してますね!
そういう工程で作られたもののようにも見えます。

 

 

これで完成!でもよかったんですけど、ちょうど「TRUCK」さんの家具展示を見た後でもあり、金属を足してみたいと思いました。

 

ホームセンターで物色すると、、

 

真鍮製の太鼓鋲で、径がちょうどいいものがありました!

IMG_7067

ガンガンと打ち付けます。

 

IMG_7066

天板には、千枚通しの先でイタズラ書きをしてみましたが、ここにもステインがキレイに染みてます。
イメージは、「このスツールは小学校の備品で使われていたもので、悪ガキが、好きな女の子の名前を彫った」という感じで。

 

最後にブライワックスをざっくり塗って、2週間ほど、屋外で雨風を浴びさせます。

 

埃っぽくさせて、布でざっくり拭きあげたら完成です。

FullSizeRender

「ニスで仕上げられた家具は、ヴィンテージ加工はできないもの」と、ずっと思ってたんです。

 

でも、この方法なら、捨てられている昭和家具なんかも手軽にヴィンテージ風に生き返ります。

 

 

 

この太鼓鋲の感触が大好きなんです。お尻で触る感触

IMG_7140
腰掛けるたび、お尻をずらす度に、「ポコポコ、ツルツル」
腰掛ながら、指先で「ポコポコ、ツルツル」
なんとも堪りません(笑)

 

 

こういうリメイクができるのは、やっぱり無垢の木ならではですよね。
1500円のプラスチック製でったら、使い終わったら単なるゴミにしかならないですけど。

 

 

近い将来、ムスメが、このハイチェアに座ってBBQを焼いてくれる日が楽しみです。

IMG_3827 IMG_3821

 

以上、「ムスメのお下がりを、オヤジが使う」という、新しいリメイク思想のご提案でした。

 

 

* * * * *

 

 

それと、、最後にお知らせさせてください。
昨年の今ごろ、「キャンピングトレーラー使った基地を計画中」という主旨の記事を書いてから1年遅れですが、今年の夏、場所を変えてキャンピングトレーラーを置いた宿泊施設を創ることにしました。

 

80坪の土地も、1967年製のヴィンテージAIRSTREAMも購入しまして、7月から正式着工します。

10920908_1561105554142135_4221469024928129017_n 11223709_1567963833456307_3539413052488886350_n

テラリウム横

9月オープンを目指していますので、ぜひ見守っていただけましたら幸いです。

 

↓Stellar Plant Tateyama 3710 開業準備中↓

https://www.facebook.com/stellarplant

 

* * * * *

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

—-

漆原秀

https://www.facebook.com/urushibarracks

 

“ちょい郊外の基地” SUBURBAN BASE(サバベ)

https://www.facebook.com/suburbanbase

 

 

update:2015-06-24 22:21 author:漆原秀

関連記事

「うちは狭いからクリスマスツリーは買わないよ!」と言ってガッカリさせておいて、でも最高に喜ばせる方法
床張り体験会開催!
「団地の1階からこんにちは!」vol.8バスルーム解体と清掃

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!