リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

住まいをめぐる冒険

平日は都内の狭小住宅住まい。週末は埼玉の「ちょい郊外の基地」でリノベーション&DIYライフ。・・・2014年にここから始めた活動が、元官舎1棟まるごとリノベーションする事業に育っていきました。ブログ名も新たに(2017年6月)、移住先館山での「モノ作り・コト作り」を紹介していきます。

>ブロガー情報を見る

キミは「コンクリートステイン」を知っているか? ~コンクリート平板でBBQピットを作ってみた~

テーマ:DIY

こんにちは。今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

昨年夏から、南房総での貸別荘作りも始まって、都心自宅、埼玉ちょい郊外基地館山の貸別荘開発、と3拠点をぐるぐるまわりながら過ごしていますが、今日は南房総・館山の話題です。

 

南房総の貸別荘と言えば、バーベキュー施設は必須。

 

バーベキューグリルを設置するピット用として、コンクリート平板を「コンクリートステイン」で塗装(着色)してみましたのでご紹介します。

 

* * * * *

 

「コンクリートステイン」というものをご存知でしょうか。

 

木材を染める「オイルステイン」はご存知の方も多いと思いますが、「コンクリートステイン」というのは、文字通り、コンクリートを後染めする事ができる塗料の事です。
木材にオイルステインを塗ると、木目や質感が際立って見える、簡単にヴィンテージ感が出せるわけですが、コンクリートステインをコンクリートに塗ると、コンクリの風合いを活かして、着色することができるというものです。

 

10年以上前に、テレビ番組の「建もの探訪」を見て存在を知り、「あぁ、いつかコンクリート打ちっ放しのスーパーモダンな別荘を建てて、その一部をコンクリートステインで着色したらカッコいいな…」と思って以来、いつか使ってみたい記憶に残っているマテリアルでした。

 

そして、ついに使うチャンスが訪れました!

 

使ったのは、スーパーモダンな別荘の壁、ではなく、ホームセンターで買った1枚1000円弱のコンクリート平板ですが(笑)

 

ヴィンテージAIRSTREAMを置いた1日1組限定の貸別荘を開発中なのですが、過去に紹介したウッドデッキと並べて、バーベキューグリルの設置場所にするためのものです。

 

着色前のコンクリート平板は置いただけだとこんな感じです。

 

FullSizeRender

「土木感」ありありです。

 

そこでコンクリートステインで染める事にしました。

 

できあがりはこちらです。

FullSizeRender_2

なかなかヴィンテージ感のあるピットになりました(?)

とはいえ、まだ周囲の工事現場感が拭えませんが(笑)

 

コンクリートステインですが、不思議な事に、ネット検索しても、あまり商品が出てきません。
業務用の大容量販売はあるのですが、「ちょっと使いたい」というサイズは、楽天やAmazon(日本)では出てきません。

 

そこで、今回はAmazon USAで買うことにしました。

MARSHALLTOWN The Premier Line ESBAMBER4 4-Ounce Elements Concrete Stain

というものです。

カラーサンプル画像は出ているものの、違いがよくわからなかったので、3色買ってみました。
レッドやグリーンなど激しめの色(とは言っても渋いですが)もあったのですが、ナチュラル系3色を買いました。

 

Tannin     $23.25 (ヌメ革のような色)
Balkan Amber  $17.49 (赤茶色)
Kona Brown   $17.49 (焦げ茶色)

 

購入したコンクリートステイン。
ボトルを並べるとこんな感じです。

FullSizeRender_1

100均で買った、ペットボトルに取り付けできるスプレーノズル(2個セットで108円)に液体と同量の水を入れて、2倍に薄めます。

 

4オンス≒118ml

 

118mlで20ドル前後ですから、なかなかの値段ですね。。
内容量は118mlですが、水性で水で2倍に薄めて使用しますので正味236mlです。

 

また、値段は色で違うんですね。どういう理屈かはよくわかりませんが。
当時のレートで3本で7,237円。送料が1,800円でしたので、しめて9,037円、1本あたり3000円強でした。。高い。。

 

まぁ、しかし私が愛用するウッド用ステイン

009-09_250_a

BRIWAX Water Based Wood Dye」の国内価格は250mlで税込2808円ですんで、まぁ、そんなもんかなという気もします。

 

コンクリートステインを国内で買おうとすると少量小口では買えないので(たぶん。私の調べた範囲では)、「今回は勉強代」と思ってオーダーしてみました。

 

これをスプレーでシュッシュと吹き付け、ボロ布で馴染ませながら着色をしていきます。

特別難しいこともない作業なので、途中工程の写真は撮っていません。

で、完成。

FullSizeRender_3

計9枚のうち、四つ角の4枚が「Kona Brown」です。残りは、「Tannin」「Balkan Amber」を重ねてムラに塗りました。

 

Kona Brownは見ての通り、焦げ茶色です。

ここまで濃いとコンクリート質感はよくわからなくなります。
木目調の市販のコンクリ板でいいんじゃないかという気がします。
Tanninだけだと、ちょっと金色ぽすぎ、黄色っぽすぎる感じでした。

 

また質感に立体感が少ないというか。
Kona Brownとのギャップも強すぎたので、結果的にBalkan Amberを重ね塗りした次第です。

 

 

費用対効果を考えると微妙なところはありますが、市販のコンクリート製品やレンガ等にはない雰囲気が出せますので、ポイント使いではあり!だと思いました。

 

コンクリートステインは、容器の半分ぐらいはなくなりました。オイルステインと同じで、塗装面が荒れているところは吸い込みますし、つるっとした面ではあまり吸い込みません。

 

この写真を撮った段階ではウッドデッキも作成中で、周囲の芝生も生え揃っていませんけども、初夏には素敵な光景を作ってくれるのではないかな、と期待しています。

 

最近は、コンクリートで植木鉢をDIYで作る方もいらっしゃいますが、こんなのにコンクリートステインしたらいい感じなんじゃないでしょうか。

 

まだまだ日本では一般的ではない塗料コンクリートステインですが、これから日本でも手に入りやすくなるといいなぁと期待しています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

—-

漆原秀

https://www.facebook.com/urushibarracks

 

“ちょい郊外の基地” SUBURBAN BASE(サバベ)

https://www.facebook.com/suburbanbase

 

1日1組限定!エアストリーム秘密基地

https://www.facebook.com/stellarplant

update:2016-01-13 20:00 author:漆原秀

関連記事

IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト4 ~リバーシブルなキッチンカウンター編~
足場板のフローリング張ってみました。
サバーバンBASEの「顔」を作ってみた

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!