リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

住まいをめぐる冒険

平日は都内の狭小住宅住まい。週末は埼玉の「ちょい郊外の基地」でリノベーション&DIYライフ。・・・2014年にここから始めた活動が、元官舎1棟まるごとリノベーションする事業に育っていきました。ブログ名も新たに(2017年6月)、移住先館山での「モノ作り・コト作り」を紹介していきます。

>ブロガー情報を見る

賃貸でもできるDIY(1) 〜「ディアウォール」で壁を作ってみた〜

テーマ:DIY

こんにちは。

 

先日オープンしました、エアストリーム貸別荘ですが、その隣には7年前から所有する賃貸用のアパートがあります。

その1室をエクストラルームとして貸し出す予定です。

 

このアパートは、あるハウスメーカーによるアパートで、内装も何も特徴がない、一般的には使いやすいとされている仕様です。

 

しかし、ヴィンテージ・エアストリームホテルのエクストラルームとしては、このままでは色気がありません。

 

と、いうことで、ヴィンテージルックになるように手を入れることにしました。

 

しかし、この部屋も、いつの日か、他の部屋のように通常の賃貸物件として貸し出すことがあるかもしれません。

自分の所有物件ではありますが、原状復帰ができる前提で手を入れていきます。

 

手を入れたのは、今の所、床のフローリング敷き直しと、意匠壁設置ですが、今日は意匠壁をご紹介します。

 

 

* * * * *

 

 

対象となるのは、1LDKの部屋。LDK部分のキッチンからつながる壁です。

 

まずは、Before・Afterのご紹介です。

 

 

まずは、Before

IMG_1535

IMG_1536

よくある白いクロスです。

 

 

After

IMG_1554

 

ヴィンテージ感溢れるこの壁は、壁紙ではなく、無垢の木です。

 

お酒がグイグイ進む壁です(笑)

 

 

それでは、作り方です。

 

このヴィンテージ感を出してくれている壁は、過去にこの記事で紹介したウッドデッキ材です。

 

根太がわりのパレットが一部腐りかけてきたので、思い切って一部を剥がしてしまいました。

 

さすが、レッドシダー材。根太が腐っても、この板はまだまだ朽ちていません。

苔っぽいものや、ほこりや、汚れが付いていたので、剥がす前にデッキブラシで多少ですが、水洗いをしました。

 

しかし、ピカピカも味気ないので、適当なところで手を止めて板の確保は終了。

 

最近は、プリント壁紙やプリント入りのクッションフロア等で男前系を気軽に演出が流行っていますが、個人的には好きではありません。

仮に見た目が変わらなくても、写真に撮ったら本物より本物っぽくても、大事なのは「手触り感」だと思っているからです。

個人の好みですけども。。

 

工程に戻ります。

 

続いて、「ディアウォール」調達です。

 

ディアウォールは、2×4材にサイズを合わせて作られたバネ入り突っ張り器具(?)です。

すでに、いろんな方がブログ等でも紹介されているので、ご存じの方も多いと思います。

IMG_1534

Amazonで2セット購入。

 

カラーは、白・ダークブラウン・ライトブラウンがありましたが、取り付ける部屋の巾木が同色なのと、なぜかカラーによって値段が違っていて、ライトブラウンが少し安かったので迷わずこれにしました。

 

ホームセンターで買ってきた2×4材を、「天井の高さマイナス45mm」でカットします。この「45mm」というのはパッケージの裏面の説明部分に書いてある数字でした。

 

実際に立ててみると、止まりが甘かったので、パッケージの厚紙を切って、受け皿の中(木との間)に重ねて、止まり具合を調整していきました。

(もともと、写真のような調整プレートが2枚付いています)

IMG_1544

厚紙を5〜6枚足したところでギュッと止まりました。

 

多分、床や天井を傷つけない配慮もあって、45mmと書いてあるかと思いますが、地震が多い昨今でもありますので、そこは個人の感覚と自己責任でやりましょう。

 

 

2本の柱を立ち上げました。

IMG_1542-300x225

IMG_1545-300x225

 

 

後は、横板を張り付けていきます。

 

私の場合、ウッドデッキの廃材を流用したので、なるべく既にあるビスの穴が流用できる位置に柱を置きました。

IMG_1547

 

横板のスキマを均一にするためには、ウッドデッキ作りでもご紹介しましたが、「Lアングル」を挟み込みながら木ネジを打っていくと便利です。

IMG_1546

 

 

そして、完成!

IMG_1549

とっても簡単です。

数時間でできてしまいました。

 

ちなみに奥にあるドアは、昭和初期と思われるアパートの中古ドアです。

今のところは、ソファに挟み込んでいるだけですけども、そのうちちゃんと設置したいと思います。

 

ペンダントライトの光が微妙な陰影を作ってくれます。

 

IMG_1554

 

陰影礼賛

 

こちらも、ちなみにで、手前のダイニングテーブルは、フローリング材の端材で作ったものですが、よい感じに馴染んでいます。

 

 

この横板、もともとは、上の写真のように、床に近い所から張り始めましたが、バランスをみた結果、ダイニングテーブルの上から始めて、180cmぐらいのところまでにしました。

 

ウッドデッキから取り急ぎで剥がしてきた板がその枚数しかなかったから、そこにあわせたのですが、仮に床から天井までやっちゃうと重すぎたと思います。

 

他の壁が真っ白なことを考えると、よいバランスかと思います。

 

私の場合、手持ちのパネルを飾りましたが、フォトフレームを付けたり、帽子や小物、軽い工具類、飾り棚などを作ったりしたら、使い方や演出でいろんな事ができちゃいそうです。

 

 

賃貸部屋でもDIYできちゃう&原状復帰可能なディアウォール、オススメです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

—-

漆原秀

https://www.facebook.com/urushibarracks

 

1日1組限定!エアストリーム秘密基地

https://www.facebook.com/stellarplant

 

“ちょい郊外の基地” SUBURBAN BASE(サバベ)

https://www.facebook.com/suburbanbase

 

 

 

update:2016-04-18 11:51 author:漆原秀

関連記事

団地のルームシェアからこんにちは。
パレットでサイドテーブルを作ってみた ~梅雨どきは室内DIYのトップシーズン!? ~
久しぶりのDIY PCカウンターを格安でつくってみました。

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!