リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

団地の5階からこんにちは!

埼玉県西部の団地に暮らし始めて3年目。
はじめて団地を目にしたときに感じたことは、
  「モッタイナイ」
先入観を持たずに見れば、まだまだ価値ある団地たち。
そんな団地をもっと楽しむために、
セルフリノベや団地の暮らし、ちょこっと整理収納もお伝えします。


>ブロガー情報を見る

団地とリノベと変わること

テーマ:団地

リノベりすをご覧の皆さん、こんばんは!!

埼玉の団地リノベの山本です!!!

今日も、団地の5階からお届けします!!!!!

 

なんかやたらと、びっくりマークが多いですね。

なんでかっていうと...(聞いてないですか?でも、聞いてください)

 

昨日、うちの団地の総会が終わりました―――!!!

 

今回は管理組合理事長としての初めての総会。

超~どきどきしてました。

今年、窓サッシと玄関ドアの更新をやるかどうかが一番の焦点でした。

他にも、業者の変更など、紛糾する

(というか反対意見が出ることがわかっている)議題がいくつも...

 
まあ、自分たちの理事会で提案してるんで、覚悟の上ですけどね。

それでも、当日まで、悶々としてしまっていたわけですよ。

で、リノベりすも更新できず。(って言い訳です)

 
まあ、とにかく無事(でもないですが)終わりました!!!

そして、もう一年私が理事長やることも決定!!

いつもは一年なんですが、今回は2年目を志願してみました。

 

団地の若返りを担う人間として、

もう一年勉強したくなったことが一つの理由です。

本当にものすごく勉強になりました。

団地の運営のことはもちろんですが、

それよりも、あれだけの多様な人たちと関われたことで

これまでに無い経験がたくさんできました。

正直ここでは言えないようなこともありました...

でも、団地に暮らす、集まって住む、ってこういうことなのか~って新鮮な学びでした。

団地の魅力のひとつは、まちがいなく人との関わりの中で自分が成長することです。

 
もうひとつの理由はやっぱり、若返りという変化を意識してもらいたかったことですね。

変わらないとだめだ!!っていう訳ではありません。

団地の変わらない良さは良さとして残しながら、

変わるべきところは、変えていくことが必要だと思っています。

(変わる、というよりも、時代へ対応する、と言った方が適切かもしれませんが)

 

私は京都出身なんですが、

ご存知の通り、古いまちです。

昔から変わらない良さが今も残っています。

最近は京都に帰ると、変わらないって素晴らしいなあ、と思っていますが、

そんな中でも、変わっていくところはあるんですね。

大学が多くて、若い学生が多く暮らしているからなのかは、定かではありませんが、

京都というまちは、その時代に合わせた変化をしていってるなあと感じさせます。

 

団地にも変わらない良さ、守っていきたい良さは、必ずあるはずです。

それを守りつつ、時代に合わせて変化していくことが、

これからの団地には必要なことだと考えてます。

 

リノベも似たようなところがあるかもしれませんね。

取り壊して新築を、っていう訳ではなく、

活かせるところは活かして、

自分たちの暮らし方に合わせて変化させていくところなど、

そっくりですね。

ちょっと強引に持っていきすぎましたか?(笑)

 
前回の続きで、整理収納の話を書く予定でしが、

団地について書きだしたら、止まらなくなってしまったので、

今回は団地の話だけになってしまいました。

また次回をお楽しみに。

 
最後は、八重桜です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

花がいっせいに落ちて、駐車場が桜のじゅうたんになっていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

今日も最後までありがとうございます。

 

update:2014-04-28 23:36 author:山本誠

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!