リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

団地の5階からこんにちは!

埼玉県西部の団地に暮らし始めて3年目。
はじめて団地を目にしたときに感じたことは、
  「モッタイナイ」
先入観を持たずに見れば、まだまだ価値ある団地たち。
そんな団地をもっと楽しむために、
セルフリノベや団地の暮らし、ちょこっと整理収納もお伝えします。


>ブロガー情報を見る

本当はここに気を付けたい収納の話

テーマ:団地

リノベりすをご覧の皆さん、こんにちは。

埼玉の団地リノベの山本です。

今日も、団地の5階からお届けします。

 

GWいかがお過ごしでしょうか?

うちの団地ではツツジがきれいに咲いています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

私は、昨日、益子の陶器市へ行ってきました。

 

夜ごはんは、ホテルの近くの食堂「きくりん」へ。

チェーン店やこぎれいな店が、いくつもあったのですが、

看板になぜか目を引かれて入りました。

 

昔ながらの食堂って感じで、

パッと見は、全然ダメなんですよ。(ごめんなさい)

でも、入ってみたら、気のいいおばちゃんと、量が多くておいしい定食。

モツ煮込み定食をたのんだら、どんぶりにモツ煮が入ってきました(笑)

 

 

ありますよね、こういう地元のいい店って。

うちの団地の近くにも、入るのにちょっと勇気がいるけれど、

入るとおいしくて安い居酒屋があって、最近よく行きます。

っていうか呼び出されます。

 

みなさんの団地の近くはどうですか?

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 
さて、今日こそ、片付けの話です。

 

団地の部屋に限りませんが、

部屋が片付かない原因のひとつに、

「戻しにくい」

ということがあります。

 

収納の量が少ないことを気にする方は多いですが、

それよりも大事なことかもしれません。

 

何でもいいですが、普段使うモノ、たとえば、はさみが、

・引き出しを開けて、

・そのなかのプラスティックのケースの中の、

・さらに、はさみ専用の箱に入っていたら、

どう思いますか?

 

面倒くさ!!

ってなりますよね。

 

で、そこに戻すことはなくなりますよね。

これが散らかった部屋への第一歩です。

 

 

他にも、外出に使うコートやカバンです。

 

帰ってきて、まず入る部屋ってあると思うんです。

リビングだったり、ベッドルームだったり。

 

その部屋で、コート脱いだり、カバン置いたりしますよね。

でも、それをしまう場所が、

・部屋を出て、

・別の部屋のドアを開けて入って、

・さらにいろんなモノをのけて、初めてしまえるとしたら、

そこに戻しますか?

 

きっと、脱いだところに置きっぱなしでしょうね。

誰だってラクしたいんです。

 

 

片付いた部屋に住みたければ、

片付けやすい部屋を創ることが大事です。

 

モノの定位置を決めるだけでは足りません。

その定位置にいかにラクに戻せるかが、

片付く収納のポイントです。

 

 
これからリノベのプランを考えるという方は、

収納スペースの量だけでなく、

・その場所にその収納スペースでいいのか?

・その収納には何を入れるのか?

・使いこなせるのか?

・頭の中で生活してみたとき、どんな生活をおくっているのか?

その辺りのことも想像してみてくださいね。

 

 

今回も最後までありがとうございます。

 

update:2014-05-03 20:31 author:山本誠

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!