リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

団地の5階からこんにちは!

埼玉県西部の団地に暮らし始めて3年目。
はじめて団地を目にしたときに感じたことは、
  「モッタイナイ」
先入観を持たずに見れば、まだまだ価値ある団地たち。
そんな団地をもっと楽しむために、
セルフリノベや団地の暮らし、ちょこっと整理収納もお伝えします。


>ブロガー情報を見る

「団地の1階からこんにちは」新たなセルフリノベがはじまります!!

テーマ:DIY

暑い夏、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

私は、団地の夏祭りもひと段落して、セルフリノベの毎日になっています。

 

ちなみに夏まつりは、こんな様子でした。

こちら新狭山ハイツ。

P7189733_R P7189742_R P7189743_R P7182263_R

 

こちらは、西武狭山グリーンヒル。

IMG_1504_R IMG_1647_R IMG_1604_R IMG_1576_R

 

どちらも、築41年になる分譲の団地ですが、とても盛大に開催されています。

今年はなぜか若い人の数が増えたような気もします。

うれしい傾向ですね。

 

 

さて、セルフリノベですが、

最近は、玄関ドアのペイントや、パインのフローリング、天井の断熱などなどに手を付けています。

IMG_1876_R P8169960_R

 

ひとつひとつ紹介するのは、今度にまわして、今回は大切なお知らせをします。

そのお知らせとは...

 

新たな団地セルフリノベのスタートです!!

しかも、今回は1階の部屋!!

(ブログの記事タイトルも「団地の1階からこんにちは!」になるのか?)

 

3戸めのセルフリノベとなる今回の部屋は、目指すのは「子育てにやさしい部屋」です。

 

団地は子育てに良い環境だとよく言われます。

たしかに緑は多いし、公園はあるし、学校も近いし。

一度は団地を出た人が、子育てのタイミングで団地に帰ってくることも多いです。

 

でも、部屋は実際どうなのかというと、

昔のままだと子育てにやさしいとは言えないでしょう。

なので今回、団地の部屋がリノベで子育てにやさしい部屋にできるのか、

やってみたいと思います。

 

お金をかければできるのはわかってます。

あんまり費用をかけないで、というところもやさしいポイントです。

 

まずは、次回は BEFORE の紹介から始めていきます。

なかなか衝撃的なものも見えてしまっています。

お楽しみに。

 

5階の部屋のリノベもまだまだ続いてますので、引き続きよろしくお願いします。

IMG_1792_R

 

update:2015-08-24 13:29 author:山本誠

関連記事

共用部がリノベされました
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト4 ~リバーシブルなキッチンカウンター編~

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!