リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

北摂リノベらいふ

2014年4月、
関西の北摂エリアに築41年の分譲団地を購入、
フルリノベーションして暮らし始めました。
リノベーション体験の振り返りを中心に、
現在の部屋の様子などをご紹介します。

>ブロガー情報を見る

無垢材のフローリング(1)

テーマ:リノベーション

こんにちは (^O^)

 

 

今日は、わが家のリノベーションのコンセプト、

●北欧シンプルモダンスタイル

●無垢材のフローリング 

の、

無垢材のフローリングについてご紹介します。

 

 

まず、木質のフローリング材には、

●無垢材

●複合フローリング材

があります。

 

無垢材とは、

「木そのものを直接必要な形状に切り出された建材」

のことです。

木本来の質感や見た目の美しさが魅力です。

 

複合フローリング材とは、

「合板の表面に薄い板を張り合わせた建材」

のことです。

合板は狂いが生じにくく施工しやすいのが魅力です。

 

価格はざっと倍近く違い、無垢材は高価です。

現在一般的な床材として用いられているものは

複合フローリング材です。

 

夫も私も、今まで無垢材のフローリングに

出会うことのない人生を送ってきて、

憧れはあるものの実際の使用感は知らず、

床材についての希望も特にありませんでした。

 

・・・が、ちょうど1年前、

リノベ済みオープンハウスを見学に行き、

無垢のスギ材のフローリングを見て、

スリッパを脱いで足ざわりを確かめ、

無垢材の優れている点(温かく足が冷えないこと、

温かさならスギ材が一番であること)を聞いて、

「やっぱりリノベでしょ!無垢のスギ材でしょ!」と

がぜん盛り上がったわけです。

 

実際にリノベするに当たり、インテリア雑誌を片手に

好きなスタイルや写真を示しているうち、

担当者から、木目に節の多いスギ材は私たちの好みに

合わないのではないか、という指摘を受けました。

 

確かにスギ材だと、ちょっとカントリーっぽく

コテージ風になるかも・・・?

 

そして、北欧スタイルに合う床として、

節のないバーチ材を勧められました。

バーチ材は、カバザクラとも呼ばれ、広葉樹で硬く

強度があり水に強く狂いが少ないのが特徴です。

 

リノベ会社に薦められた建材屋さんでの価格は

スギとほぼ同じでした。

ということで、わが家の床は無垢バーチ材に決定!

 

さらに濃淡3色展開のうち、一番白い木肌に決定!

これもアドバイスを受けて決めたのですが、

私、何でも「白」を選ぶ時って勇気がいります。

汚れが目立つんじゃ、とか、

白すぎて落ち着かなくなるんじゃ、とか。

貧乏性なんでしょうね (^-^;

 

1406_DSCN1016

小さなサンプルを見て決めたフローリングの色、

ドキドキでしたが、実際にできあがってみると

なかなか良い感じ♪

 

壁も床も白い分、部屋が明るくなりました。

 

1410_DSCN1302

今では無垢材のフローリングにして、

バーチ材の白い色目にして

正解だったと思っています (*^^*)

 

 

 

update:2014-11-20 14:36 author:viola

関連記事

わが家の床について(2)
脱衣所・洗濯機まわりをスッキリさせてみた(2)~古材の棚で空間サッパリ編~
廃材・端材でDIY 〜ガラス天板のローテーブルを作ってみた(前編)〜

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!