リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

北摂リノベらいふ

2014年4月、
関西の北摂エリアに築41年の分譲団地を購入、
フルリノベーションして暮らし始めました。
リノベーション体験の振り返りを中心に、
現在の部屋の様子などをご紹介します。

>ブロガー情報を見る

予期せぬ事態にぶつかること(2)

テーマ:リノベーション

 

 

 

中古マンションを購入してリノベーションするに当たり、

予期せぬ事態にぶつかること

= 実際に現場で壊してみて初めてわかること。

 

 

一つは、浴室に換気扇をつけることができなかったこと。

もう一つは、玄関の床です。

 

1405_DSCN1090

 

こちら、玄関の様子。

 

玄関は、といっても、部屋全体に共通していますが、

白を基調としたシンプルな感じにしています。

幸いなことに、玄関ドアの内側は白。

(外側は茶色)

天井、壁は部屋と同じ白のクロスを使用。

シューズボックスも白。

床は、白のタイル貼りを予定していました。

 

150305-01

 

イメージは、こんな感じ。

 

サンプルも見て最終決定した後、現場を確認したリノベ担当者から、

「玄関床のフロアシートをめくったところ、すぐ下に躯体コンクリートがあり、

ドア枠との間に余裕がないため、タイルを貼ることができません。」

と連絡が。

タイル貼り不可能という現実は、換気扇の件以上にがっかりしました・・・。

 

急遽、担当者からアドバイスをもらい、

決めていたタイルの雰囲気により近いフロアシートに変更しました。

それが現在の玄関の床になります。

 

でも、実際に住んでみての感想は、

「やっぱりタイル風フロアシートは、タイルとは違う。」

です。

 

白を選んだ分、余計に目立つのかもわかりませんが、

使えば使うほどフロアシート感が出ます。

今では、タイル貼りがダメだとわかった時、いったん白紙に戻し、

全く違うモノに変えるのもアリだったかと思います。

 

白以外の色でも良かったし、柄モノで主張しても良かったかな?

 

当時は「似たモノを探す」というコトだけが頭にあり、

そんな発想は生まれませんでした。

 

リノベーションでは、計画段階を順調にクリアして工事に入った後に、

予期せぬ事態にぶつかり、変更しなければならないことがあります。

(よく「大改造!!劇的ビフォーアフター」でもぶつかっていますよね・・・)

 

そんな時はとにかく焦らず、柔軟に想像力、発想力を発揮させ、

ベストな問題解決を目指してください。

 

 

 

 

 

update:2015-03-07 00:14 author:viola

関連記事

無垢床を迷っているあなたへ
キッチンの床は、汚れ対策でタイル貼りに
玄関の鍵交換

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!