リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

北摂リノベらいふ

2014年4月、
関西の北摂エリアに築41年の分譲団地を購入、
フルリノベーションして暮らし始めました。
リノベーション体験の振り返りを中心に、
現在の部屋の様子などをご紹介します。

>ブロガー情報を見る

長崎・出島 カピタン部屋のインテリア(1)

テーマ:インテリア

先日、九州旅行に行ってきましたが、

長崎の出島の「カピタン部屋」という部屋のインテリアが

とても印象に残りましたので、ご紹介します。

リノベやリフォームの参考になれば幸いです (^O^)

 

 

DSCN1588

出島の入り口。

歴史の授業でお馴染み、長崎の出島は、

明治時代に埋立てられ、すっかり忘れられた存在でしたが、

近年、復元事業が進んでいます。

 

DSCN1589

復元された江戸時代の建物が並び、

国内外の観光客でにぎわっています。

 

DSCN1591

これが「カピタン部屋」と呼ばれる建物で、出島商館長の

住居&事務所です。

ポルトガル語の「カピタン」は、英語の「キャプテン」と

同じ言葉です。

カピタンって、何かかわいいですね (*^^*)

 

 

それでは、カピタン部屋のインテリアをご紹介します。

 

IMG_2864

玄関横にある部屋、オフィスでしょうか?

窓ガラス、壁紙、シャンデリアがかわいい☆彡

 

IMG_2865

畳に絨毯を敷き、その上にヨーロッパの家具が置いてあり、

その感覚がとても新鮮です。

 

IMG_2872

玄関を入ってすぐの広間。

右側に大広間があります。

 

IMG_1261

左側には、オフィス、図書室として使われていた和室が

あります。

ここも、シャンデリアと赤い壁紙がかわいい☆彡

 

日本建築は、柱と柱の間に壁を作る「真壁」という構造が基本です。

真壁だからこそできた、黒い柱と色鮮やかな壁紙のコラボで

リズム、メリハリ、緊張と緩和・・・・

というワードで表現できる空気感が生まれるように感じました。

 

真壁、良いです!

古くて新しい!

 

そして、カピタン部屋は次回へ続きます。

 

 

 

 

 

update:2015-06-28 21:45 author:viola

関連記事

長崎・出島 カピタン部屋のインテリア(2)

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!