リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

北摂リノベらいふ

2014年4月、
関西の北摂エリアに築41年の分譲団地を購入、
フルリノベーションして暮らし始めました。
リノベーション体験の振り返りを中心に、
現在の部屋の様子などをご紹介します。

>ブロガー情報を見る

無垢床のオイル塗りに初挑戦!

テーマ:DIY

秋晴れが続くこの時期を待って、

フローリングのメンテナンス、オイル塗装に初挑戦しました。

 

わが家の床は、無垢フローリングのオイル仕上げ。

万が一、赤ちゃんが口にしても安全といわれている

ドイツの自然塗料、オスモカラーを使っています。

 

住み始めて1年半、

当初は1年ごとにきっちりお手入れしてしていこうと

思っていたのですが、実際はなかなか実行に移せず・・・。

 

今回は、リビングの床を行います。

 

IMG_2185

 

まず、家具、犬のケージ、観葉植物を他の部屋へ移動させます。

これが一番大変でした (^-^;

 

IMG_2187

 

犬が引っ掻いてつけたキズ。

犬を飼うとキズや汚れは避けられない問題です。

このキズがどう変わるのか、興味津々。

 

IMG_2190

 

塗る前の床の様子。

1年半、快適な毎日をありがとう♪

 

IMG_2191

 

さらにもう一つ、「養生」という作業があります。

オスモカラーは落ちにくいときいたので、

壁下部と巾木、建具類を養生テープと古新聞できっちりカバー。

 

そして、ようやく塗る作業です。

えーっと、

緊張していたのと必死だったのとで、写真はないです (^_^;)

 

■オスモカラー フロアークリアー ラピッド

■オスモ コテバケ

■ペンキ用トレー

 

を事前に購入、備えていました。

 

塗るのはあっという間。

オスモカラーは粘性が高く、厚塗りになりがちと聞いたので、

薄く薄く・・・と心掛けて、夫と2人掛かりで一気に塗りました。

4時間かけて乾燥後、2度塗り。

 

IMG_2195

 

さらに4時間後、乾燥が済んでようやく終了!

この時点で深夜1時過ぎ。

床のメンテナンスは、がっつり1日仕事になります。

 

見た目に違いはあまりありませんでした。

若干、色が濃くなった気がする・・・くらいです。

でも、質感は違いました。

かなりシットリ感があります。

そして、塗る前も後も

使ったオスモカラーはツヤなしタイプですが、

前はツルッとした感触に比べ、塗った後は滑りが悪くなりました。

ニオイは確かにありますが、

私は我慢できないほどではありませんでした。

 

IMG_2197

 

翌朝。

シットリ感と滑りの悪さは少しおさまった感じ。

乾燥が進んでいるということだと思います。

 

IMG_2200

 

今回塗らなかったダイニングとの境い目は、こんな感じです。

思ったより色目に違いがなくて良かったです。

ダイニング、寝室はまた次回やろうと思います。

 

IMG_2205

 

引っ掻きキズも目立たなくなりました。

2,3日たつと質感もニオイも気にならなくなりました。

 

IMG_2201

 

犬の立場からもOKなようです♪

 

家具を元どおりに戻し、見回してみると

「やっぱりキレイになってる!」

目になじんでいた小さな汚れがなくなり、スッキリしました。

 

2人の休日が揃うことが少なく、

天候にも左右される作業ですが、

大掛かりな力仕事になりますが、

焦らず無理せずマイペースでメンテナンスしていこうと思います。

 

 

 

 

 

update:2015-10-15 18:33 author:viola

関連記事

だれでも簡単につくれるウッドデッキ・その後 – Re:Raise
だれでも簡単につくれるウッドデッキ – Re:Aisle
無垢材のフローリング(2)

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!