リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

北摂リノベらいふ

2014年4月、
関西の北摂エリアに築41年の分譲団地を購入、
フルリノベーションして暮らし始めました。
リノベーション体験の振り返りを中心に、
現在の部屋の様子などをご紹介します。

>ブロガー情報を見る

オイル塗り備忘録

テーマ:DIY

先日行った無垢フローリングのメンテナンス、

オスモカラー塗装について、忘れないうちに書き留めておこうと思います。

これから塗装しようとされている方の参考になりましたら幸いです。

 

 

**********

 

 

【オスモカラーとは】

IMG_2251

自然の植物油と植物ワックスからできた塗料で、

ドイツでは、赤ちゃんの玩具にも使用できる高い安全性を持つ。

木の呼吸を妨げないので、快適な住空間を提供できる。

 

■準備したもの

・オスモカラー フロアークリアーラピッド 0.75L 2缶

・オスモ専用コテバケ

・ペンキ用トレー

・養生テープ

・ゴム手袋

・古新聞

・ボロ布

 

オスモカラー1缶で約8㎡が塗装の目安です。

今回塗ったのは、10畳ほどのリビング。

2度塗りした後の缶の重さで推測すると、1缶の7割がた使った感じ。

割りと使うので使用前に塗装面積を確認し、

十分な量を用意することが大切です。

 

【1】家具の移動

これが一番大変でした。

わが家のプラズマテレビは、冗談かと思うほど重かった・・・。

 

【2】床の掃除

丁寧に掃除機をかけ、固く絞った雑巾で水拭き、乾燥。

必要ならこのタイミングでサンドペーパーをかけ、キズを消します。

この時間を利用してお昼に。

 

【3】養生

壁、巾木を丁寧に養生テープ、新聞紙で保護。

オスモはつくと消えない、ときいたので慎重に養生しました。

でも、私たちが使ったのは「透明、つや消し」タイプだったので

次回からはここまでしなくてもいいかな?

養生テープだけで十分です。

 

【4】1度塗り

蓋を開ける時、うっかりキッチンにかかってしまいました。

色は薄くてもやはり落ちにくいです。

開ける時は慎重に、新聞紙の上などで。

 

コテバケで「薄く、薄く・・・」と言い聞かせながら

悩まず手早く塗っていきます。

そして、乾燥に4時間。

トレー内のオスモが乾かないようラップしておきます。

この時間を利用してお買い物、早め夕食に。

 

【5】2度塗り

コテバケで「薄く、薄く・・・」と言い聞かせながら

手早く塗っていきます。

ラップしていてもオスモが粘っこくなってきていましたが、

1度目で手慣れてきているので大丈夫。

再び、乾燥に4時間。

この時間を利用してお風呂、ネットサーフィン。

 

【6】完了

塗装がうまくいったことを確認。

寝ます (´-ω-`)…zZ乙

 

【7】家具の移動

翌朝、元の位置に家具を移動させます。

また、テレビが・・・重い。

 

 

塗り終わった後、布で拭き取ることはしませんでしたが、

板の隙間にところどころ極小の丸いモノが入り込んでいます。

これって、余分なオイルの固まり?

気にならないほどの小ささなので、そのまま放置しています。

 

IMG_2254

塗装後の様子。

色はほとんど変わらず、質感が少し違います。

しっとり感が増した分、滑りが悪くなりました。

ニオイは数日残ります。

私にとっては我慢できないほどではなく、

入居したての頃を懐かしく思い出しました。

 

■後片付け

・トレーに残ったオスモの処分

→悩んだ末、水に濡らした新聞紙をポリ袋に入れそこに流し込みました。

天ぷら油を捨てる時の要領です。

 

・使用後のコテバケ

→ネットで調べたら使い捨てとのことでした。

次回使用時にスペアを追加購入します。

 

・使用後のトレー

→ボロ布で拭いたらずいぶんキレイになったので、

それでよしとしました。

 

後の懸念事項は、缶に残ったオスモカラーがどれくらいもつのか。

4時間の乾燥時間、トレーにラップをかけていましたが、

2度塗りする時にはかなり粘っこくなっていました。

きっちり蓋をしているとはいえ、

一度開けると乾燥が進んでいくのではないでしょうか。

 

できるだけ早いうちにリビング以外の部屋に取り掛かりたいのですが、

2人が揃う休みがなかなかなく・・・。

それが今の悩みです。

 

 

 

 

 

 

update:2015-11-01 15:05 author:viola

関連記事

廃材・端材でDIY 〜ガラス天板のローテーブルを作ってみた(後編)〜
団地のメンテナンスから考えるリノベの設備選び
だれでも簡単につくれるウッドデッキ – Re:Aisle

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!