リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

北摂リノベらいふ

2014年4月、
関西の北摂エリアに築41年の分譲団地を購入、
フルリノベーションして暮らし始めました。
リノベーション体験の振り返りを中心に、
現在の部屋の様子などをご紹介します。

>ブロガー情報を見る

竹見台団地のタイル壁を惜しむ・・・

テーマ:団地

千里ニュータウン地区に、UR都市機構の「竹見台団地」があります。

 

ここ数か月間、修繕工事らしく何棟かシートで覆われていましたが、

最近、竹見台団地のシンボル、巨大スターハウスの工事が終了し、

シートが外されました。

 

「壁を塗りなおすときれい!見違えるなぁ」

 

うれしく眺めていましたが、

 

んーーー

何だろう、この違和感・・・

 

 

わかりました!

 

IMG_3615

 

IMG_3618

↑スターハウスの before & after

 

IMG_3621

 

IMG_3619

↑同じく スターハウスの before & after

 

外壁のタイルがなくなっている!

 

IMG_3622

こちらは、今回工事しなかったスターハウスの外壁。

 

巨大な壁一面を覆っていたタイルがなくなっています。

ベランダ側壁面も、ダークグリーンのレトロなタイルが

印象的なデザインでしたが、それも消えています。

 

何色かに塗り分けされ、視覚的なメリハリを出してはいますが、

全体的にのっぺりした吹き付け塗装になってしまいました(泣)

 

やっぱり、タイルって維持が難しいんでしょうね・・・

技術面でもコスト面でも。

目地の劣化や剥落など難点が多々あると思います。

 

でも、

それを上回るタイルの美しさ。

 

ああ、

でもそれも、もうなくなってしまいました(泣)

タイルはどこ行ったんでしょうか、

モルタルで塗り込められてしまったのかな?

 

IMG_3625

こちらは、1年ほど前に建てられたばかりの団地。

スターハウス同様、2,3色に色分けされた吹き付け仕上げに

なっています。

 

IMG_3626

こちらは、最近修繕工事が終わった竹見台と同年代の団地。

ここもきれいなタイル貼りでしたが、

工事終了後は色分け吹き付け壁になっていました。

これが、団地系建物の最新トレンドなんでしょうか?

 

DSCN0830

3年前に撮ったスターハウス。

私は、やっぱりタイルの方が好き。

 

 

そして実は、

ワタクシviolaが住む団地も、タイル壁なんです。

70年代のモダンでカッコいい外観がお気に入りで、

タイル壁は購入の決め手の一つであったと言っても

過言ではないのですが、

この壁もいつか消えてしまうのかもしれません(泣)

 

年代モノのデザインは貴重です。

例えば、パリ市街の建物は、内部は近代的に改修しても

外観は建築当時の様式を保存しているので、

いつまでも美しい街並みが保たれています。

 

日本の団地も、建てられた当時のデザインの美しさを

失って欲しくないです。

 

 

 

 

 

 

update:2016-07-28 17:29 author:viola

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!