リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

みっちぃのセルフリノベーション

2000年頃ロバート・キヨサキ氏の「金持ち父さん貧乏父さん」を読み、当時住んでいた古いマンションを住みながら直し始め数年後売却しました。次に購入したマンションも住みながらリノベーション。そして売却。現在5件目の住宅(マンション)をリノベ中です。

趣味と実益を兼ねながらリノベーションを楽しんでいます。最近はIKEAやKHOLERなどの輸入材を使ってリノベーションしています。札幌在住アラシックスの一人暮らしです。仕事の合間を縫ってのリノベーションの様子をシェアしています。

>ブロガー情報を見る

旧和室壁紙貼替で分かったこと

皆様、こんばんは、みっちぃです。

 

すっかりご無沙汰しておりました。

築40年のマンションに住みながらの
リノベーションを始め3年近くになり
ますが、ようやく大きなプロジェクト
が終わりを迎えつつある今日この頃で
ございます。(仕事の合間を縫っての
作業となります)

残る大きな作業としては3.5畳洋間の
床のタイル貼りとなります。

さて今日は先日施工しました旧和室
(現在はベッドルームとなっています)
の壁紙貼替えについてのお話をさせて
頂きたいと思います。

入居当初壁紙にペンキを3回塗りして
これまで過ごしてきましたが、やはり
貼替えを行うことにしたのです。特に
はやはりタバコのヤニが結構あった為
取り替えたいというのは基本的には
ずっとあったのです。そしてもう一つ
には壁紙の端が大方剥がれていると
いうのも大きな理由の一つでした。

 

DSCN1364

 

こちらは古い壁紙を剥がした状態です。
和室だった所を床を畳からフローリング
に替え押入れをクローゼットに変え、襖
は取り外してこの写真のように窓とドアに
変えました。

さて今回の壁紙の貼替えですが、壁紙を
剥がしてみて分かったことがありました。

 

DSCN1362

 

 

上の写真を見てみてください。端の紙が
剥がれていて下地が見えています。そこを
みるともともと砂壁だったようです。

そしてその凸凹部分がパテ埋めされていて
平らにされたようです。しかし端はあまり
パテがしっかり入っていなかったために
剥がれてきたのかなと推察されます。

いずれにしても下地処理がすでになされて
いるので楽させてもらいました。

DSCN1366

 

購入当初廃墟のようなボロボロの内装状態
でしたが、一応相当前にリフォームがなされ
ていたことで、一つ手間が省けたのは事実
です。ただリビングの方は返って大変でした
が(笑)。

 

DSCN1387

 

 

レーザー水準器を使っての壁紙貼替えはかなり
楽にできました。それでも天井は首が回らなく
なり大変でしたが(笑)。

 

DSCN1391

天井、壁共に全て貼り終えました。
窓下の壁はこの後補修に入りました。
また改めてご紹介したいと思います。
ありがとうございました。

 

みっちぃのセルフリノベーション

旧和室壁紙貼替進展報告3

 

 

 

update:2015-05-23 23:51 author:みっちぃ

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!