リノベーション専門サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション専門サイト

北摂リノベらいふ

2014年4月、
関西の北摂エリアに築41年の分譲団地を購入、
フルリノベーションして暮らし始めました。
リノベーション体験の振り返りを中心に、
現在の部屋の様子などをご紹介します。

>ブロガー情報を見る

浴室が最初に決定♪(1)

テーマ:リノベーション

こんにちは

 

台風が過ぎてから本格的に暑く、蒸し暑くなってきましたね。

わが家はリノベーションで新しく生まれ変わった快適バスルームのおかげで、

今日一日の疲れも不快な汗のベタツキもすっきり洗い流しています~♪

 

思えばわが家のリノベーションは、

方向性や間取りなどの大まかなプランが決まった後、

各部屋の床や壁や建具といった具体的な検討は、浴室からスタートしました。

 

DSCN1148-2

↑わが家の浴室です。

 

【メーカー:TOTO】

リノベーション会社からもらったカタログを見て検討を始めました。

水まわり製品の国内シェアNo.1メーカーなので間違いないだろうと・・・。

そして、断熱構造でお湯が冷めにくい「魔法びん浴槽」

柔らかくて冷えない「ほっカラリ床」が決め手となりました。

 

四面をタイルに囲まれた、昔ながらの「在来工法」のお風呂の家にしか

住んだことのない私にとって、

寒い冬の夜でも快適にお風呂に入れるなんて夢のよう♪

残念ながら新居でまだ冬を迎えていないので実感できていませんが、

今年の冬が今から楽しみです (*^.^*)

 

DSCN1149

↑魔法びん浴槽

ラウンド型の浴槽は、深くないのに肩まで十分浸かれてしかも姿勢がラク!

それに、肘を置けるアームレストが心地よいです♪

 

DSCN1150

↑ほっカラリ床

1cmほどの賽の目状(この画像でわかりますでしょうか?)になっていて

この溝をつたって早く水がひき、早く乾く、というのが「カラリ床」、

さらに床全体の柔らかさもプラスされたのが「ほっカラリ床」です。

万が一、お風呂で転んだとしても、固い床面とは受ける衝撃が違います。

また、在来工法のタイルの床に比べ、お掃除もラクです♪

 

DSCN1156-3

 

壁は鏡面で四面とも同色のベージュにしました。

ごくうっすら、わからない程度レベルに横縞の模様が入っています。

照明は電球色で温かみを出しました。

 

ショールームで迷ったのは、色の組み合わせ。

サイズは既に決まっているのでレイアウトもおのずと確定するし、

機能面も、自分たちに必要なものだけ最小限にとどめたい、と

最初から考えが固まっていたので取捨選択はスムーズでした。

 

 

次回は、ショールームでの体験と色の組み合わせについてご紹介します (^o^)

 

 

 

update:2014-07-17 17:07 author:viola

関連記事

「団地の1階からこんにちは!」vol.8バスルーム解体と清掃
浴室が最初に決定♪(2)
トイレのリノベーション

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!