リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

北摂リノベらいふ

2014年4月、
関西の北摂エリアに築41年の分譲団地を購入、
フルリノベーションして暮らし始めました。
リノベーション体験の振り返りを中心に、
現在の部屋の様子などをご紹介します。

>ブロガー情報を見る

浴室が最初に決定♪(2)

テーマ:リノベーション

こんにちは

前回に続き、浴室についてのお話です。

 

 

全国第1位シェアのメーカーである「TOTO」の、

「ほっカラリ床」「魔法びん浴槽」にして欲しい・・・。

この要望まではすぐにたどり着いた私たち夫婦でしたが、

その後の色の組み合わせには頭を悩ませました。

 

ショールームではスタッフの方の説明を聞きながらひと回りした後、

相談コーナーで飲み物などを頂きながら詳細な内容を決めていきます。

カラーバリエーションは、浴槽、床、壁ごとに実に豊富で、

特に壁の色は、日本の伝統色という微妙な色合いのものまで揃っていました。

決めたプランや色・柄はその都度、パソコンのイメージ画像で

リアルタイムにチェックできます。

 

あの柄もいいな、この色を使ってこういうスタイルにもできる・・・。

壁の1面だけ変えてアクセントにするのも捨てがたいし、どうしよう・・・。

 

そうそうやりなおしはきかない大きな決断の時、

なぜかここで妙に欲張りな気持ちが湧きあがったりします。

シンプル志向だったはずが、いろいろ見すぎて可能性が広がったことで

頭の中が混乱し、何をどうしたいのかわからなくなってしまいました(>_<)

 

結局その日は、スタッフの方の提案も取り入れつつ迷いが残ったままに決めた

プランで見積もりを出してもらい、終了。

 

帰宅後、頭を冷やしてもう一度原点から考えました。

自分たちはどんな雰囲気が好きか・・・

私たちは、白いシンプルな雰囲気が好き。

では、それを実現するための色・柄を選べば良いではないか!

なーんだ、あんなに悩み迷ったことなのにすぐに解決しました♪

 

当事者って、こんな簡単なことがわからなくなるんですよね・・・(^_^;)

 

2回目のショールーム訪問。

担当スタッフは1回目とは違う方でした。

「白くてシンプルな浴室にしたいので、白の浴槽を」と言うと、

すぐ返ってきた言葉が「良いですね、ステキです。」

続いて、白い浴槽は中のお湯の色が一番美しく見える色だと、

白色の長所について教えてくれました。

 

うれしかったです!

白を選択したことに自信がなく不安でしたが、プロの意見を聞き、ホッとしました。

 

浴槽に続いて、床は白よりトーンを少し下げてベージュに、

壁は、気に入っていた前の住まいの浴室の壁に近いこれもベージュに決まりました。

1回目とは全く違って終始落ち着いて、そしてすんなりと決まりました♪

 

思えば、1回目のスタッフは「○○もできます、△△もやってみませんか」と

新しいことをどんどん提案してくれるタイプの人でした。

2回目の人は、私たちの好みや希望を認め肯定して、その先にあるものを

提案してくれるタイプの人でした。

どちらが良いというのではなく、私は2回目の人との方がウマが合ったようです。

 

リノベーションにあたり、迷って考えるのが嫌になっても、原点に立ち戻って

「そもそも自分はどうしたかったのか、その為には?」と考え、見つかった答え。

そうしたら「やっぱりこうしておけば良かった」と後悔することも

少ないのではないかと思っています。

 

それと、ショールームへは納得できるプランが決まるまで

遠慮することなくどんどん足を運んだ方が良いです。

行く度に場所に慣れ、冷静に判断できるようになってきます。

最初に良いと思ったものと全然違うものに決まったり、という結果も

あるのではないでしょうか。

 

0011

 

最後に、お風呂掃除担当の夫より

 

「ほっカラリ床は掃除がとてもラク!大助かりです」

 

とコメントがあったので、添えさせていただきます m(_ _)mペコリ

 

 

 

update:2014-08-03 21:51 author:viola

関連記事

浴室が最初に決定♪(1)
トイレのリノベーション

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!