リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

リノベりす制作日記 by SUVACO

当サイト「リノベりす」の様々な情報をお届けします。日記と銘打ちましたが、更新はたまにです。

>ブロガー情報を見る

プレ・オープンイベント

テーマ:リノベりすのこと

去る3月13日(木)、14日のOPENに先駆けてリノベりすのプレオープンイベントがお台場のフジテレビ1Fシアターモールで開催されました。強風と雨という生憎の天候でしたが、リノベーションに興味をもつ多くの方々に参加いただきました。

 

なぜいまさらの報告なのかというと、単純にばたばたしていたからです。と申しますかいまもしております。今後もし続けるのだと思います。そんなリノベりすを皆様どうぞよろしくお願い致します。

 

さて、話を本題に戻しまして、まずは弊社の中田が新たなリノベーションの新たな探し方として「リノベりす」をご紹介。日本唯一のリノベーション専門誌「リライフプラス」と日本初のソーシャル・ホームデザインサイトを提供するSUVACOが組むことによって、厳選された魅力あるコンテンツを、リアルタイムで提供し、最高のリノベーションパートナーを見つけるツールを提供しますよ。

 

reno25_500

 

続いてトークセッション。
最初は「今、なぜリノベか? 築54年の公団をリノベして快適暮らし」というテーマでインテリアスタイリストの窪川勝哉さんとフジテレビアナウンサー戸部洋子さんによるトークセッション。不動産のチェックが日課、築年数の古いものからチェックするのがマイルールという窪川さん。築54年のお宅の良いところを活かしながら、自分に合ったカッコいい住まいに変えていった窪川さんのリノベ実例を、実際の写真を見ながら語り合っていただきました。自らもリノベーション大好きという戸部アナウンサーは、窪川さんのトークに沿った質問を挟んでいただいたので、聴衆も楽しんでいただけたのではないかと思います。

 

reno28_500

 

最後にリノベる株式会社の山下社長とリライフプラス編集部 君島喜美子さんによる「リノベとネットのハッピーな関係」と題したリノベ対談。リノベーションの動機となるデザイン性思考、資産価値思考、元新築思考の3つの思考と実例について語り合ってもらいました。といっても堅苦しい話ではなく、自分の趣味、こだわりやライフスタイルに合った住まいを、手軽に手に入れる手段としてのリノベーションを実例を交えて軽妙な語り口で紹介していただきました。中古マンションをリノベしたほうが新築と比べて安いというだけでなく、価格が下がりにくいというのは需要なポイント。一生の家を手に入れるのはどうしても慎重になりますが、将来買い替えたり賃貸に出せると思えば、「いま」のライフスタイルに合った家を手に入れたくなりますよね。

 

reno31_500

 

ビフォー写真の後にアフター写真が映し出されると、会場からは「おおっ」という声が…。その気持ち、よくわかります。続けてみると、こんなに変わるのか、と実感できます。

 

会場にお越しいただいた皆様も、お越しいただけなかった皆様も、生まれたばかりのリノベりすをどうぞよろしくお願い致します!

update:2014-03-20 16:00 author:SUVACO株式会社

殿堂入り記事

200万円の見積りが出たウッドデッキを10万円で抑えた方法
カウンターキッチン制作
IKEA+ワタクシゴトなヒトシゴト~ウッドタイル編~
キッチン ~ 前壁 タイル編 ~
DIY ~勉強机~ 作りました!