1位は「キッチンを中心に家族がつながるリノベ」|リノベーションランキング(2022年4月)

リノベのトレンド

2022年4月に公開された人気リノベーション事例TOP5を発表します。今月は、家族のつながりを感じるキッチンを中心に据えたプラン、こだわりの素材やセカンドライフ、在宅ワークに寄り添ったリノベーションに注目が集まりました。

1位:キッチンからコミュニケーションが広がる、かけがえのない住まいに [nu(エヌ・ユー)リノベーション ]

第1位は、子どもが大人になってもいつでも帰ってこられる居場所をつくろうと始まったマイホーム計画。キッチンを中心に家族がつながる住まいに生まれ変わったリノベーションです。
オープンキッチンからリビングダイニングを見通せる開放的な空間では、キッチンで料理や片付けをしているときでも、リビングにいる家族とも自然にコミュニケーションが生まれます。
デザインは憧れのショップYAECA HOME STOREの美しい佇まいを自分流にアレンジ。壁や天井はもちろん梁や配管もグレーに統一して、床には白く染色したオーク無垢材を張り、愛着のある家具たちを並べています。

子供が大きくなってもいつでも帰ってこられる家に。家族のつながりを深めるリノベ


nu(エヌ・ユー)リノベーション

この事例をもっと見る

nuリノベーション:田代さん

「お子さんが大人になってもいつでも帰ってこられる場所を」というお二人の想いからスタートした今回の家づくり。街選びから内装のお打ち合わせに至るまで、全てのステップをご夫婦共に楽しんで、とても丁寧に行っていただいていたことが印象的です。
弊社の施工事例でも中々ない壁・天井を全てグレーで仕上げた空間は、明るすぎず暗すぎずの絶妙なニュアンス。お二人のこだわりのインテリアによって、より心地のいい空気感を醸し出していますね。
お引渡しから少し経ってお子様が誕生されたとのことで、ご家族皆様でご自宅での暮らしを楽しんでいただいていることをスタッフ一同とても嬉しく思っています!

2位:インナーテラスもワークスペースも素材感を重視 [フィールドガレージ(FIELDGARAGE) ]

上質な素材のヴィンテージ家具や枝ぶりのよい植物がしっくりと馴染む住まいが第2位。
無垢材をメインに、モルタルやステンレスなど無機質な素材もバランスよく取り入れたLDK。その周りを囲むタイル張りのインナーテラスは、植物を育てたりベンチでくつろいだりと、暮らしに変化をもたらしています。
3つの部屋に分かれていた空間は、壁を取り払いオープンなLDKに。一角に夫妻のワークスペースを配し、大きな室内窓のある壁でLDKとの空間をゆるやかに分けました。リビングで遊ぶ子どもに目が届きつつ、仕事がはかどる間取りです。

素材にこだわったデザイナー夫妻の住まい。築54年のマンションを味わいのある空間へリノベーション


フィールドガレージ(FIELDGARAGE)

この事例をもっと見る

3位:子どもの独立を機に、暮らしやすくリノベ [スタイル工房]

第3位は、子どもの独立をきっかけに、これからの暮らしを楽しもうとリノベーションした事例。
ファミリー仕様の3DKは、さりげなく仕切りを立てた「ほぼワンルーム」へ。キッチンカウンター、ソファコーナー、書斎のデスクと、気分によって場所を選びながら、くつろぎの時間を楽しめるレイアウトです。
これまで一度もリフォームしたことがなく、老朽化が気になっていた設備も、配管まで含めてすべて一新。屋外に面した壁に断熱材を追加する、大容量の収納をつくるなど室内環境を整えたことで、暮らしの快適性も格段にアップしています。

設備と間取りを更新!自由で快適なセカンドライフのためのリノベ


スタイル工房

この事例をもっと見る

4位:間取りは変えず、視線の抜けをつくって広がりを感じさせる [リノベーション東京]

住み慣れた間取りはほぼ変えなくても、キッチンの壁を撤去することで、気持ちのよい広々LDK を手に入れたリノベーション。
リビングには壁一面に造作の棚を設置。キッチンの内装や吊戸棚には、圧迫感が出ないよう白を選んでいます。
リノベのきっかけにもなった在宅ワークの専用スペースは、キッチンと並ぶ明るい窓際に。デスクをリビングに背を向けて集中しやすい壁面に配し、3段の書類棚も設けました。ちょっとした書き物や趣味の作業、また家事の合間に子どもの宿題を見るなど、親も子どもも多様に使えるスペースになっています。

間取り変更は最小限でも明るく快適な住まいを実現。在宅ワークにも対応したリノベーション


リノベーション東京

この事例をもっと見る

5位:すっきりモダンな空間に、オーダーキッチンが映える家 [CLOCK(クロック) ]

グレーを基調としたシンプルでモダンな住まいが第5位。
「きれいすぎない」ように、天井や配管をむき出しにしたりモルタルを使ったり、無骨な素材感をプラス。キッチンの作業台には、ざっくりしたテクスチャのオルトレマテリアを取り入れています。木をアクセントにしたキッチンはデザインと機能を両立させたオーダーメイド。対面式から壁付けのオープンタイプに変えることで、空間を広く使うことに成功しています。ダイニングスペースはコンパクトにまとめた一方、リビングはゆとりのある空間に。約4.2mのベンチ型収納やゆったりしたソファがくつろぎ感を高めています。

素材感が引き立てるシンプルモダンな家。フルオーダーキッチンも叶えたマンションリノベ


CLOCK(クロック)

この事例をもっと見る


「さぁ!リノベーションで家づくり始めよう」と考えているあなたへ。
リノベりすでは、「最高のリノベーション会社を見つけよう」をコンセプトに、あなたに寄り添い、依頼先選びをお手伝いします。

「リノベ会社紹介サービス」では、さまざまなリノベ会社の強みや魅力を知る専任アドバイザーが、中立な立場から全力でサポート!あなたにとって、最高のリノベーション会社をご提案します。

リノベーション会社紹介サービス

関連するリノベーションを知る記事

人気のリノベーション事例