【2022年上半期】リノベ専門サイト『リノベりす』スタッフが本気で選んだリノベ事例

リノベのトレンド

2022年も早いもので折り返し地点を過ぎました。今回は日頃、リノベりすに携わっているスタッフたちが印象に残った「2022年上半期 本気で選んだリノベ事例」をご紹介します。それぞれの見どころを事例解説と一緒にご覧ください。

今回、事例を選んだスタッフはこちら

SUVACO、代表取締役 会田敦史、リノベりす、リノベーション

SUVACO 代表取締役・会田
「良質な住まいづくりを専門家と一緒に創造していく」をモットーに。


リノベりす リノベーション会社紹介サービス アドバイザー・竹村 
お客さまの良き理解者として、「最高のリノベ」へ導くアドバイザー。


リノベりす編集部、リノベーション、戸建てリノベーション

リノベりす編集部・松浦 
各社のリノベ事例をくまなくチェック。リノベりすのリノベ事例担当者。


リノベりす、SUVACO編集部、 class=

リノベりす編集部・ながや 
さまざまな専門家やお客さまの声をレポートする、特集記事担当者。


リノベりす、ウェブディレクター、リノベ事例

ウェブディレクター・和田
今よりもっと快適に活用いただけるサイト構築を担当。


さすがの設計・提案力!空間配分によって生まれた、デザインと機能性

リノベりすを運営するSUVACO株式会社の代表・会田が注目した事例は、空間の配分によってさまざまな機能を持たせたマンション最上階のリノベーション事例です。

勾配屋根の4m天井が圧倒的な開放感!スキップフロアで縦空間を活かすマンションリノベ


                   

エキップ(equip)

この事例をもっと見る
SUVACO、代表取締役 会田敦史、リノベりす、リノベーション

SUVACO代表 会田

マンション最上階の勾配天井の魅力を最大限に活かしながら、空間演出として、壁面とキッチン上のロフトにアクセントカラーを入れることで、空間の広がりをより一層引き立てているように感じました。
また、お子さんが楽しめる空間と、大人が集中できる空間が両立できているところにも、子どもの成長に合わせて使い方を変えられるという配慮が見られて素晴らしいと思います。

ハシゴや急階段をつけてしまいがちなロフトを3層空間にすることで、日々使いやすい高さの階段にするとともに、デザイン性も高まっており、設計・施工を担当されたエキップさんの設計力・提案力の高さを感じました。
エキップ、一級建築士事務所。マンションリノベーション、ロフト

3部屋をつなげた広いリビングの一角にスケルトン階段を設置し、オープンなフリースペース空間に。

リノベーション、最上階、マンション、エキップ、ロフト、フリースペース

フリースペース上階からLDKをみる。さらに奥の緩やかな階段を上った先は、キッチン上のロフトへつながります。

将来まで計算された設計プラン!今とこれからの暮らしやすさが浮かぶ家

リノベーション会社紹介サービスのアドバイザーとして多くのお客さまのご対応をしている竹村。こちらは、実際に「リノベーション会社紹介サービス」をご利用いただき、依頼先を選ばれたお客さまの完成事例です。

マンションリノベ、家事動線、ダイニング、                   +Marchitects(プラスエム・アーキテクツ)、子育て

計算された収納と色使いでシンプルながら洗練された住まいに。窓越しの緑が心地よいマンションリノベ


                   

+Marchitects(プラスエム・アーキテクツ)

この事例をもっと見る

リノベりす リノベーション会社紹介サービス アドバイザー 竹村

キッズスペースは可愛らしい色と、お子さまが楽しくなる工夫が凝らされています。フリースペースも今後のお子さんのご成長に合わせて計画ができる「余白」を兼ねていて、建築家・碧山さんの子育て経験を活かしたアイデアは流石だなと思いました。

キッチンの動線は三角形を描けることが理想的と言われていますが、キッチン自体はL型を採用し、右に冷蔵庫・左に家電収納という配置によって、ワークトライアングルを形成することができています。 家電収納横のくつろぎスペースも、外の緑を感じつつ読書をしたり、ちょっと考えごとをしたり、ご友人を招いた際の食事の場所にできるなど、使い勝手も多様にあると感じました。
キッズスペース、子ども部屋、リノベーション、マンション、+Marchitects(プラスエム・アーキテクツ)

段構造にセパレートしたキッズスペース。LDKからも目が行き届き、子どもの様子を見守れるので安心。

小窓、アーチ、リノベーション、子ども部屋、フリースペース、+Marchitects(プラスエム・アーキテクツ)

アーチの小窓で遊び心も。こもらず、適度な距離感で声をかけたり、見守ったりができる絶妙な空間。

「好き」の追求って最高!思いっきり自分好みに仕立ててQOL向上

リノベりすで公開される事例を日々すみずみまでチェックしている編集部・松浦。それぞれの暮らしに思いをはせながら選んだのは、初心に返って「やっぱり『好き』を思いっきり追求した住まいで過ごすのは最高」という事例。

リノベーション、玄関土間、バーカウンター、戸建てリノベーション、スクールバス空間設計

家族それぞれの想いをカタチに!自分のテリトリーにこだわったリノベ


                   

SCHOOL BUS|スクールバス空間設計

この事例をもっと見る

リノベりす 編集部 松浦

「暮らしやすい動線」「過不足なく使いやすい収納」そういったものももちろんとっても大切ですが、(考えないと大変なことになるのですが、)「思うままに自分好みに」を取り入れることもクオリティ・オブ・ライフに直結するなぁとこのコロナ禍以降特に感じています。

床材や壁材、全体のインテリアの雰囲気を「自分好み」にすることはリノベの基本とも言えますが、こちらの事例はもっと徹底的。夫の趣味であるバイクを眺めながらバーカウンターでお酒を飲める土間(玄関とは別のバイク出入口付き)、妻好みのアンティーク感あるあたたかい雰囲気のLDK。それぞれのテリトリーを決め、それぞれのこだわりを自由に反映させています。
ところどころに同じ素材や色味を用いて全体的な統一感を出したり、両方の廊下側の壁に室内窓を設置して思い思いに過ごしながらも気配が感じられるようにしたりと、完全に断絶されていないところもいいですね。

ゆるぎない趣味やこだわりのある方は、家で過ごす時間に思いっきり幸せを感じられる空間を追求してみては。
玄関、土間、モルタル、リノベーション、スクールバス空間設計

趣味のバイクがゆったりと置ける広々空間を確保した玄関土間。正面の壁際に設置されているのがバーカウンターです。

キッチン、モルタル、腰壁、リノベーション、スクールバス空間設計

玄関土間から一変し、リビングキッチンは木をメインにしたナチュラルな仕上がりに。キッチンの腰壁は、土間の素材に合わせモルタルを採用しています。

新しいトレンドの予兆あり!こだわりの素材こそ、天井に⁉︎

リノベりすのみでなく姉妹サイト・SUVACOも担当し、毎日数多くの事例を見ている編集部・ながや。トレンドを肌で感じるながやが選んだのは、天井にこだわり、インダストリアルなのに洗練された雰囲気にまとめたこちらの事例。

インダストリアル、インテリア、リノまま、戸建てリノベ、板張り天井

BLACK×INDUSTRIALな戸建てリノベ。住みたい家のイメージを形にする物件探しからスタート!


                   

Renomama(リノまま)

この事例をもっと見る

リノベりす 編集部 ながや

これまでリノベーションにおいて天井の施しの多くは、無難にクロスを張る施工が定番、もしくはあえて構造面や躯体を現しにするといったデザインがトレンドとなっていました。 しかし、天井にもちょっとした変化が現れ始めているなぁと感じていて、個性やこだわりを見せる一部分として素材選びのバリエーションが広がっています。 今回注目したのは、天井にウォールナットの板張りを採用したリノベーション事例です。

贅沢な素材をキッチン・ダイニングという空間に使用。しかも天井に。ウォールナットの板張り天井が空間のアクセントとなり、特別な場所として上質さが備わっています。自然素材ですが、フローリングよりも傷や水汚れをそれほど気にする必要もありません。 そして、素材のバリエーションが増えるということは、室内全体のバランスも大事に考えていきたいところです。使いたい素材を思う存分使うというよりは、こちらの住まいのように、メリハリや調和性も考慮することでコストバランスにもつながるかも知れません。
ウォールナット、板張り、天井、壁紙、木造、戸建てリノベ、リノまま

ウォールナットの板張りを使用したダイニングキッチン。壁はコンクリート風の壁紙を使い、木造戸建てとは思えないBLACK×INDUSTRIALなインテリアに仕上がっています。

ダイニングキッチン、インダストリアル、木造戸建て、リノベーション、リノまま

ダイニングキッチンからつながるリビング空間。ここからガラッと部屋の印象も変わります。

自分が住むならココがいい!絶妙なバランスから生まれる雰囲気

リノベりすを運営する立場として、多くの事例を見ているウェブディレクター・和田。今回は、おそらくフィギュア好きが高じての1選でしょう。

小上がり、マンション、リノベーション、見せる収納、ハコリノベ

本やフィギュアに囲まれて。「並べて見せる」小上がりリビングが憩いのマンションリノベーション


                   

ハコリノベ

この事例をもっと見る

リノベりす(SUVACO) ウェブディレクター 和田

家づくりをする上でライフスタイルにあった収納計画を考えることはとても大切です。暮らしやすさにも直結しますし、オープン収納を取り入れた場合、何を収納するかで部屋の雰囲気にも関係してきます。
こちらの住まいは、リビング側にいつも眺めていたいモノは「見せる収納」、キッチン側は「隠す収納」と収納するアイテムによってメリハリがつけられています。 「収納されている感」と「ディスプレイしている感」のバランスがとてもよく、住まい手の収納力はもちろんのこと、設計担当者さんの素材選び・プランによって、このまとまった雰囲気がつくり上げられているのでしょう。

飴色に仕上げられたシナやラワンにモルタルの組み合わせ。今回も完全に自分の好み、住んでみたいおうち基準で選ばせていただきました。

「隠す収納」できっちりと整えられたダイニングキッチン。

「見せる収納」の場とした小上がり。シナベニヤを土台にオーダーのクッション敷きで、くつろぎのライブラリー空間に。

2022年上半期に公開されたリノベ事例から5つの事例をご紹介させていただきました。分譲マンションや建売住宅ではなかなか出会えない間取りやデザインを実現できるのがリノベの魅力!みなさんも、自分らしい住まいの形をリノベりすのアドバイザーと一緒に考えてみませんか?

リノベーションで家づくりを始めよう!と考えているあなたへ

リノベりすでは、「最高のリノベーション会社を見つけよう」をコンセプトに、あなたに寄り添い、依頼先選びをお手伝いします。 「リノベ会社紹介サービス」では、さまざまなリノベ会社の強みや魅力を知る専任アドバイザーが、中立な立場から全力でサポート!あなたにとって、最高のリノベーション会社をご提案します。

リノベりす、リノベーション会社紹介サービス、リノベーション、アドバイザー

人気のリノベーション事例