リノベーション専門サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション専門サイト

リノベりすオリジナル

マンションリノベーション事例

犬も人も快適にくつろげる、スタイリッシュな空間に

「スタイル イズ スティルリビング」のリノベーション事例「犬も人も快適にくつろげる、スタイリッシュな空間に」

リビング・ダイニングの壁の一部は、壁紙を貼ってアクセントに。家具を造作した

DATA

間取り図

リノベーション前の間取り

リノベーション後の間取り

Nさん夫妻は、マンションの一室を愛犬のための部屋にあてている。2年前にはこの部屋をリフォームし、床をクリのフローリング張りに、壁面には収納家具を造り付けた。そして今回、同じリフォーム会社 スタイル イズ スティルリビングに、住戸のリノベーションを依頼。「人にも犬にも心地よい空間」を実現した。

白い壁ばかりが目立ち、天井の高さが生かしきれていなかったリビング・ダイニングでは、間接照明を組み込んで吹抜け部分を照らすことに。天井に柔らかく光が広がる様子は、Nさんのお気に入りポイントになっている。壁の一面にはイギリス・ハーレクイン社の壁紙を貼り、アクセントウォールにすることで、照明を付けない昼も、見応えのある空間に。さらに、壁紙に似合うホワイトアッシュで家具を造作。ライムストーンで造った暖炉風の収納部にテレビがきれいに収まり、スタイリッシュな雰囲気になっている。

滑りにくく犬の足腰に優しい床材をショールームで検討

これまでは犬用の部屋と寝室が直接行き来できず、不便を感じていた。そこで、部屋と部屋の間にあった収納と壁をくり抜き、ケージがピッタリ収まるサイズのトンネルをつくった。犬たちはここを通じて、両方の部屋を自由に行き来できるようになった。

「犬の部屋以外は床が合板フローリングで、犬たちがよく滑るため、足腰への負担が心配でした」というNさん。床材を選ぶため、木材専門店のショールームへ足を運んだという。そして、実際に犬を走らせ、「これはいい!」と納得できた材料を採用した。クリの無垢材に浮造り(うづくり)加工を施したもので、表面に細かな凸凹があって滑りにくい。「この床は温もりがあって、素足で歩くと本当に気持ちがいい。傷が付いても味わいになります。ほこりも溜まりにくく、掃除もラク。愛犬たちも思い切り走って楽しそうです」と、人も犬も大満足の様子だ。

【設計・施工 スタイル イズ スティルリビング】ヒアリングからアフターフォローまで一貫して同一デザイナーが担当し、「真のオーダーメイド」を追求この会社のプロフィールページを見る

n05

犬の部屋と寝室を行き来できるように、収納の下部を空けてウォークスルーに

n02

高い傾斜天井は、間接照明で柔らかな曲線を照らし出す。夜の雰囲気がムーディーに

n03

リビング・ダイニングと愛犬の部屋の間仕切りは、木製の引き戸を新たに製作した

n04

引き戸の透明部分はガラスではなく、断熱性能が高く軽いポリカーボネートを採用

n06

廊下の床は、玄関から続けてタイル張りに。壁面の収納はシンプルなものに変更

n07

ベッドルームは間接照明で安らぎの空間に。壁のクロスは一部をグレーに変更

MATERIAL

*玄関
床:タイル
壁、天井:クロス
*リビング・ダイニング
床:栗フローリング
壁、天井:クロス
*キッチン
床:タイル
壁、天井:クロス
*洗面室
床:塩ビタイル
壁、天井:クロス
*個室
床:栗フローリング
壁:クロス
天井:クロス

INSTRUMENTS

*キッチン
既存
食洗機:ミーレ
*サニタリー
造作

このリノベーション事例のタグ

この事例のリノベーション会社情報をみる

スタイル イズ スティルリビング

ヒアリングからアフターフォローまで一貫して同一デザイナーが担当し、「真のオーダーメイド」を追求

対応エリア

茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県

関連するリノベーション事例