リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

とにかくスッキリ暮らしたいんです!散らからない収納が光るリノベーション特集《リノベのトレンドvol.22》

リノベの最新情報

「リノベの最新情報」の「とにかくスッキリ暮らしたいんです!散らからない収納が光るリノベーション特集《リノベのトレンドvol.22》」

年末が近づくと、いつもよりも家をキレイにしたくなるもの。お客さまを招く家も多いのではないでしょうか。いつもは散らかるリビングも新年はキレイな状態で過ごしたいですよね。そして、できたらそのスッキリした状態をずっとキープしたいと思いませんか?今回は急なお客さまにも慌てない、スッキリと暮らす工夫が満載のリノベーション事例をご紹介したいと思います。

収納家具を置かないという選択

気持ち良いほどに整然とした佇まいのこちらの家は、元々ある壁の凹凸に取り込むようにして造作で収納家具を作り付けています。本来は出っ張るはずの家具が見えないことで、フラットな壁が映え、物の存在自体を感じさせません。またキッチンも必要な家電はしまえるように設計されており、生活感がでないよう工夫されています。この家のポイントは物をしまう場所と物を置かない場所がしっかりと区別されているという点。散らかりようのない空間です。

Tsudou Design Studio(ツドウデザインスタジオ)、団地リノベ、リノベーション、リビング、造作家具

既存を活かした無駄のない住まい。つながりが生むゆとりの空間

Tsudou Design Studio(ツドウデザインスタジオ)

Tsudou Design Studio(ツドウデザインスタジオ)、団地リノベ、リノベーション、リビング、造作家具

取り除けない柱や梁の凸凹を活かして造作したリビングのオリジナルの棚。造作ならではの、フラットな壁面収納は空間をスッキリと見せてくれます。

Tsudou Design Studio(ツドウデザインスタジオ)、団地リノベ、リノベーション、リビング、カウンターキッチン、ステンレスキッチン

ステンレストップのキッチンは、白い壁とコンクリート壁でシンプルシックな仕上がりに。家電が見えないだけでとてもスッキリとした印象に。

物が多いからこそ、計画的な収納プランで快適に

アンティークの家具がセンス良く置かれたAさんのお宅。骨董を集めるだけでなく、お料理も趣味というAさんは、食器をたくさんお持ちでした。そこでキッチンは完全オーダーメイドで無駄のない思い通りの作業場所をつくりました。木の取っ手がアクセントのキッチンは引き出しをたくさん設け、乱雑になりやすいキッチンまわりをいつもスッキリとまとめてくれています。さらに、家のあちこちに‟見せる場所”を設け、さながらギャラリーのような雰囲気に。友人をおもてなしするのが大好きだというAさん。定期的にお客様を招くのも自然とキレイをキープできるポイントかもしれません。

ハンズデザイン一級建築士事務所、リノベーション、自然素材、アンティーク

上質な素材に包まれたギャラリーのような家

ハンズデザイン一級建築士事務所

ハンズデザイン一級建築士事務所、リノベーション、自然素材、キッチン、引き出し収納、キッチン収納

たくさん設けられたキッチン引き出しの中には、Aさんの趣味であるお料理に使う食器がキレイにしまわれています。

ハンズデザイン一級建築士事務所、リノベーション、自然素材、リビング、アンティーク、ギャラリー

リビングに置かれた思い出の李朝箪笥はセンスよくお花や花器が飾られ、上質な雰囲気を演出しています。

余裕のある収納スペースで気持ちにもゆとりをもつ

オシャレにこだわりのあるNさん夫婦がリノベーションしたこちらの家は、随所に黒を使用し、シックで落ち着きのある空間に仕上がっています。またオシャレなだけでなく、収納面もしっかりと考えられたデザインになっています。まず家に入るとゆったりとした土間スペースが設けられており、2人分の靴を仕舞って置くには十分すぎるほど。さらに寝室とつながったW.I.Cも大容量。オシャレ好きな夫婦のたくさんの洋服も溢れることなく収納できます。寝室には珍しい小上がりの畳スペースは下部に収納を設けるための工夫です。また、土間やキッチンの収納棚は可動式を採用しているので、フレキシブルに対応することができます。これだけの収納があれば、19帖もあるリビングに物が溢れる心配はありませんね。

リノベ不動産、Three Eight、ヤナセ不動産、リノベーション、室内窓、アクセントクロス、リビング

随所にこだわりを用いた、シックでオシャレな空間

リノベ不動産|Three Eight

リノベ不動産、Three Eight、ヤナセ不動産、リノベーション、室内窓、小上がり、寝室、ベッドルーム、

リビングと室内窓で繋がる寝室は黒の琉球畳を採用したオシャレな空間。畳スペースの下部に引き出し収納を設けました

リノベ不動産、Three Eight、ヤナセ不動産、リノベーション、室内窓、土間スペース、土間収納

大容量の土間スペース。可動棚でしまう物を選びません。

子どもの成長に合わせ、可変的な間取りでスッキリ

リビングいっぱいの壁面収納がインパクト大なこちらのお宅は、ご夫婦と性別の異なる姉弟の4人家族。リノベーション前はとにかく物が片付かないことが悩みの種でした。そこで提案されたのが、リビング壁面収納、玄関収納、電話台収納など全てオリジナルで造作すること。適材適所に配置された収納は以前の150%以上も容量が増え、小さなお子様がいると小物があちこちに散乱しがちな家も、場所を決めてざっくり収納できるようになり、「片づけなくても片付いている暮らし」が手に入りました。また、性別の異なる姉弟のために、あらかじめ子ども部屋の入り口を2つ設け、将来は個室として使えるように設計されています。今は廊下としているスペースは姉弟のクローゼットとして使う予定だとか。

水工房、リノベーション、子どものいる暮らし、リビング、壁面収納、造作家具、自然素材

成長と共に変化する子供部屋のある住まい

株式会社水工房

水工房、リノベーション、子どものいる暮らし、リビング、壁面収納、造作家具、自然素材、玄関収納

玄関の収納にあると便利なハンガーバーも用意された使い勝手抜群のシューズボックス。傘やレインコートをスマートに収納できます。

水工房、リノベーション、子どものいる暮らし、リビング、壁面収納、造作家具、自然素材、子ども部屋、可変建具

将来、子供部屋を分けたときにそれぞれの部屋へ入る2つの入り口。廊下部分はクローゼットとしても利用できるようフレキシブルな作りになっています。

リゾートホテルを思わせるリビングは、生活感を上手に隠す工夫が満載

開放的な吹き抜けが気持ちいいリビングダイニング。まるでリゾートホテルのようなこの家には、生活感を上手に隠す工夫があちこちに見えます。一番生活感が出やすいキッチンは、カウンターをナラ材で造作。ダイニング側に収納を設けるだけでなく、キッチンで作業する手元が隠れるよう、少し高めに設定されています。これだけのことで、お客様をおもてなしするときも、キッチンを気にすることなく料理ができます。また、キッチンの奥にはコンパクトなパントリーをつくり、ごちゃつきがちなキッチンをすっきりとキープできるように。さらに、広々とした玄関を叶えているのは、シューズクローク。玄関に靴が散乱しないよう、元は洋室の収納スペースだった場所を玄関で利用しています。各スペースで計画的に収納を設けることで、いつでもキレイなリビングが保てるリノベーションになっています。

スタイル工房、リノベーション、戸建リノベ、自然素材、アジアンテイスト、吹き抜け、

築25年の木造住宅が吹き抜け効果で 光あふれる開放的な空間に

スタイル工房

スタイル工房、リノベーション、戸建リノベ、自然素材、アジアンテイスト、ナラ材、カウンターキッチン

ダイニング側に収納を確保するために、キッチンカウンターはナラ材で造作しました。

スタイル工房、リノベーション、戸建リノベ、自然素材、アジアンテイスト、パントリー

コーナー部分を上手く活用してパントリーに。入り口を斜めにして出入りしやすいようになっています。

気づかなかった潜在的な不満が解消。より快適な住まいへ

7年前に購入したリフォーム済みマンションに特別な不満もなく住んできたNさん家族。子どもたちに個室が必要になってきたことからリノベーションをすることに。それまでは使っていなかった和室を物置にしていましたが、そこをシューズクロークと家族で使うファミリークローゼットへ変更。収納家具を置く必要がなくなったので部屋がすっきり広く使え、快適になりました。それまでも特に不満はなかったはずなのに、実はいろいろ不便な部分があったことがわかったそうです。また、Nさん宅で一番存在感のあるダイニングのカップボードは、大好きな雑貨店のディスプレイを参考に造作してもらったもの。友人を招くことの多いNさんはゲストに自由に使ってもらえる専用のカップボードを用意したかったといいます。お気に入りのカップボードに飾るように食器を片づけるのはとても楽しいそうです。片づける場所を快適にすることで、片付け自体が楽しくなった素敵な事例です。

三井のリフォーム、リノベーション、オープンキッチン、クチーナ(モーリショップ)

人を招いて楽しい、オープンキッチンとゲスト用食器棚のあるリビング

三井のリフォーム(三井不動産リフォーム)

三井のリフォーム、リノベーション、シューズクローク、ファミリー玄関、土間、玄関収納

玄関のたたきから直接入れるシューズクロークは、ファミリー玄関として使用。上着掛けも設置してより使いやすくなりました。

三井のリフォーム、リノベーション、ファミリークローゼット、ウォークスルークローゼット、収納

廊下と寝室に繋がるウォークインクロゼットには、家族全員分の衣類を収納しています。使いやすいレイアウトでストレスも減りました。

リノベりす編集部コメント

食器が多い家、洋服が多い家、小さな子どものいる家。様々な事例を見ていると、いつもスッキリとキレイな家を保つには、それぞれの住まい手に合わせた片付けの仕組みをつくることが大事だということがわかります。物とうまく付き合えるようになれば、家で過ごす時間ももっと快適になるはず。2017年はキレイな家が保てる仕組みつくりに取り組んでみてはいかがでしょうか?

関連するリノベーションについて学ぶ記事

人気のリノベーション事例