リノベーション専門サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション専門サイト

マンションリノベーション事例

RENOVATION 表参道N

RENOVATION,表参道N,青木律典建築設計スタジオ,スマサガ不動産,株式会社エス・バイ・ティ

DATA

間取り図

リノベーション前の間取り

築45年のマンションの一室を20代のご夫婦のためにリノベーションしました。間口3.5m奥行12mと極端に細長い空間をいかに居心地の良い生活の場につくり変えることが求められました。

自然と居場所が移るような、居心地の良い空間に。

既存の状態を見た第一印象は幅が狭く、薄暗いというものでした。その印象とは対照的に東側の窓の先には大きな樹木があり、緑がキラキラと輝いてきれいに見えていました。この2つの印象を手掛かりにクライアントの要望を満たしながら、この空間にとって本来ふさわしい場とはどういうものなのかを模索しました。

まず東西に細長い空間の特徴を活かそうと思い、一番長い距離を見通すことができるように空間を配置することを考えました。そのために長方形を斜めに分割するように1枚の長い壁を設け、この壁により空間を大きく2つに分けました。ひとつの空間には機能的な場(浴室、収納、キッチン、寝室)をまとめ、もう片方の空間は余白(ダイニング、リビング)として自由に使える場としました。

この結果、東西に細長い空間には南側の既存窓からの光が差し込んでくることで陰翳を生み出し、光と影による場をつくっています。時間によって自然と居場所が移っていくような居心地の良い空間が出来上がったと思います。(写真:平林克己)

青木律典、表参道

通路(奥)から玄関方向を見る。右側が斜めの壁の一部。扉の中には寝るためのスペースがあり、その奥には浴室がコンパクトに納まっている。床材は桐のフローリングのため夏は涼しく、冬は暖かい肌触り。

RENOVATION,表参道N,青木律典建築設計スタジオ,スマサガ不動産,株式会社エス・バイ・ティ

通路(手前)からダイニング方向を見る。左側奥の開口の中にはキッチン。手前から見ると斜めの壁の中にあるので隠れている。

RENOVATION,表参道N,青木律典建築設計スタジオ,スマサガ不動産,株式会社エス・バイ・ティ

東側の窓に面したリビング。気持ちの良い朝日が入る場所にたまりの場を設けた。窓につけたラーチ合板はアルミサッシの無目材を隠して冷たい印象を柔らかい印象に変えた。

RENOVATION,表参道N,青木律典建築設計スタジオ,スマサガ不動産,株式会社エス・バイ・ティ

ちょうどダブルベッドの大きさの寝るスペース。壁と天井に桐の羽目板を用いることで柔らかく落ち着きのある空間にした。右のガラスの中には浴室がコンパクトに納まっている。浴室の配置は最後まで悩んだ。

RENOVATION,表参道N,青木律典建築設計スタジオ,スマサガ不動産,株式会社エス・バイ・ティ

玄関扉を開けると洗面コーナーが見える。玄関に洗面があることが出来るだけ自然に感じられるように床の素材や貼り方、壁のような建具など細部に気を使っている。正面の窓の光に誘われて次の空間につながるように考えている。

ビフォー・アフター

リノベーション前

リノベーション後

MATERIAL

 ・玄関・トイレ・洗面
  床:ラーチ合板オイル仕上
  壁・天井:塗装
 ・LDK
  床:桐無垢フローリングオイル仕上
  壁・天井:塗装
 ・寝室
  床:シナ合板オイル仕上
  壁・天井:桐無垢羽目板オイル仕上
 ・浴室
  床・壁:FRP防水トップコート
  天井:塗装

INSTRUMENTS

・キッチン:オリジナル
コンロ:リンナイ
レンジフード:富士工業
水栓:グローエ
 ・サニタリー
   トイレ:LIXIL
   洗面ボウル:アドヴァン
   水栓:アドヴァン

このリノベーション事例のタグ

この事例のリノベーション会社情報をみる

青木律典 | 株式会社デザインライフ設計室

モダン過ぎない、木が多過ぎない、絶妙なバランスの美しさと心地良さを実現

対応エリア

関東近県~関西エリアまで

関連するリノベーション事例