リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

リライフプラス掲載

団地リノベーション(SOHO)事例仕切り方の工夫により広がりを持たせ 障子を用いて美しい表情の空間に

リノベーション会社「青木律典 | 株式会社デザインライフ設計室」ロゴ 青木律典 | 株式会社デザインライフ設計室

「青木律典 | 株式会社デザインライフ設計室」のリノベーション事例「仕切り方の工夫により広がりを持たせ 障子を用いて美しい表情の空間に」

「端正」という言葉がぴったりの美しいキッチン。収納の扉をフラットな面にすることで、すっきり見せている

「物件とリノベ費用を合わせて1500万」と予算を決め、事務所を兼ねる自邸の物件探しを開始した建築家の青木律典さん。探しながら気づいたのは、「団地はおトク」ということだった。「築年数が古いので敬遠されがちですが、そのぶん割安で、南向きだし緑も多い」と団地のメリットを挙げる。

購入したのは、南の窓から保育園の園庭が見える団地の2階。道を挟んで北側の2号棟は7階建てで大型なのに対し、前面道路で用途地域が変わるため、こちらの1号棟は3階建てで総戸数がわずか6戸とコンパクトな点も気に入った。

以前の住人は、昔ながらの3DKの団地の間取りを2LDKにリフォームした模様。LDKは広いが、間仕切りがないため玄関を入った瞬間にリビングまで丸見え。かえって狭さを強調してしまっていた。そこで青木さんは玄関から伸びる土間を設け、あえて間仕切りを設けて適度に隠すことで、奥行きを感じさせるプランを採用。

狭さも古さも感じさせない機能的で洗練された空間

間取りは大きく変えていないが、土間を進んで初めて奥が見えてくることで、空間がより広く、より豊かに感じられるようになった。土間の先に広がるDKは、この家のメインの場。南と西の窓には障子が設けられ、落ち着いた雰囲気を演出している。

「障子は光を拡散するので、1日を通して柔らかな光を楽しめます」と青木さん。南側の2つに分かれていた開口部は、障子で覆うことで1枚の大きな窓に見せているのもポイントだ。また、約57㎡とコンパクトながら、寝室のオープンなクロゼットやワークスペースの壁面収納など、随所に設けた収納のおかげで「ものが片付かないストレスがなくなりました。すっきり暮らせるって素敵だなと実感しています」と妻。半オープンのトイレもユニークで、昔ながらの団地がスマートに生まれ変わった。(写真:takuji iigai)

青木律典、書斎、仕事部屋

青木さんのワークスペース(事務所)は4畳半とコンパクトだが、入り口を入ったところにはお気に入りの写真やチェストなどを配してゆとりの空間を設けている

青木律典、リビング、団地

もとは2つの部屋を1室にしたため、2つに分かれていた南側の窓の内側に、大きな木の枠を設置。障子を設けて1枚の大きな窓に見せている

青木律典

西側の窓にも障子を設置。中桟をできるだけ細く、少なくデザインしたことで、シンプルで洗練された印象に

青木律典、土間、水回り

ワークスペースから、土間とオープンな水回りを見たところ。左手に扉が3つあり、手前が洗濯機置き場、中央が衣類などの収納庫、奥が浴室

青木律典、洗面、サニタリー

「広さが限られているので、トイレを“部屋”にしてしまうとスペースがもったいない」(青木さん)と、洗面とトイレを一体化。トイレを使わないときは、カウンターで洗濯物を畳んだりアイロンをかけたりもできる

青木律典、仕事場、書斎、

壁面や机の下を利用して、大量の資料や雑誌を整然と収納したワークスペース。左手は既存の物入れの扉をなくし、白い布で隠して棚として活用。プリンタなどが置かれている

ビフォー・アフター

リノベーション前

リノベーション前の間取り図

リノベーション後

リノベーション後の間取り図

Data

所在地: 神奈川県川崎市麻生区
家族構成: 青木邸 夫39歳 妻36歳(取材時)
築年数: 36年
延床面積: 56.97㎡
物件価格: 1080万円
工事費: 575万円(設計料別)
設計: 青木律典建築設計スタジオ
施工: 野中工務店

MATERIAL

玄関、土間
床:モルタル金ゴテ押さえ防塵塗装
壁、天井:塗装

LDK
床:ナラフローリング
壁、天井:漆喰

寝室、ワークスペース
床:パインフローリング
壁、天井:塗装  

トイレ、洗面室
床:フレキシブルボードに撥水塗装
壁、天井:塗装

INSTRUMENTS

キッチン
オリジナル
コンロ:ハーマン
レンジフード:富士工業
水栓:グローエ

サニタリー
ユニットバス:TOTO(既存)
トイレ:INAX(LIXIL)
洗面ボウル:サンワカンパニー
水栓:ハンスグローエ

※青木律典建築設計スタジオは株式会社デザインライフ設計室に社名を変更致しました。

建築家ならではの繊細なデザインと設計が魅力。
モダンで美しい家に憧れるけれど自分には住みこなせないと思ってしまう方、木をふんだんに使用した家はぬくもりがあってやさしいけれどどうもしっくりこないと感じてしまう方は、モダン過ぎず、木が多過ぎない、絶妙なバランスを実現する青木律典さんに相談しては。

リノベりすからの資料請求/イベント申込でもれなくリライフプラスバックナンバープレゼント!

さらに100万円以上のご成約で1万円分のAmazonギフト券プレゼント!!

※資料請求やお問い合わせは外部サイトSUVACO(無料)へリンクします。SUVACOについてはこちら。

この会社の近日開催イベント

[常時]個別相談

無料個別相談

[開催日] 随時開催

関連するリノベーション事例