リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

マンションリノベーション事例一般的な概念を取り払った、素朴でタフな空間。R506@駒場

プロデュース リノベーション会社「東京リノベ」ロゴ 東京リノベ

「東京リノベ」のリノベーション事例「一般的な概念を取り払った、素朴でタフな空間。R506@駒場」

床は、本来下地とする合板を仕上げ材として使用し、キッチンの下には給湯器があるためブロックで塞いでしまった。要望やライフスタイルに合わせた部屋を作成するには、「一般的にはこうだ」という概念を取り払うことも必要。

この部屋には、通常の部屋にはごく当たり前にあるはずの扉が見当たらない。あるのは、3枚の大きな半透明の“壁”だけである。

スケルトン状態から、寝室、浴室とリビングを左右に振り分け、新たな壁を設けると同時に、2カ所に分断、幅2メートルの開口を設定。そこに半透明の大型扉式に「動く壁」を新たに設置した。

本当に生活に必要な要素を吟味し、変わりになるものを探す

クライアントの要望は、仕事と生活をする場所。人を招き、食事をして、ミーティングをして、お酒を飲み、寝る場所を作らなければならなかった。

コストを合理的に下げていく方法として、最初に考えるべきことは、本当に生活に必要な要素を吟味し、変わりになるものを探すことだった。

手でふれるところや水回りはしっかり作りこんだが、コストの話もあり大胆にラフなつくりを選択した。(Photo:太田拓実)

【プロデュース:東京リノベ】東京のまんなか、リノベに暮らす この会社のプロフィールページを見る

KBSR_109_DN19052_L

窓があるだけで、無機質なキッチンも明るい印象になる。蛇口部分には、クロスハンドルを用いてアクセントに。

KBSR_102_DN19040_S

玄関の横にある半透明な”壁”は収納スペースとなっている。

KBSR_103_DN18985_S

ワークスペースと本棚で仕切られたリビングには、こだわりの椅子を置いた。

KBSR_104_DN18995_S

あえて、部屋の真ん中に置いた本棚。2つの半透明の”壁”が手前に大きく開くとは想像できない。

KBSR_105_DN19013_S

半透明の“壁”を開くと、ベッドルームが現れる。黄色い壁にピンクのマットとプライベート空間はポップな色使い。

KBSR_106_DN19031_S

ベッドを置くスペースしかない寝室だが、扉を開ければ閉塞感もない。

KBSR_107_DN19021_S

半透明な“壁”は、窓側に開いても光りを遮ることはない。

KBSR_108_DN19068_S

もう1つの“壁”を開けると、箱の中に浴室が現れる。水回りの位置は変えないことで、コストを抑えた

ビフォー・アフター

リノベーション前

リノベーション前の間取り図

リノベーション後

リノベーション後の間取り図

Data

所在地: 渋谷区
家族構成: 1人 (ファッションデザイナー)
築年数: 44年
延床面積: 58.32㎡
物件価格: 2,980万円
工事費: 650万円

プロデュース

「都心でかしこく自由な暮らし」をテーマに、中古物件探しから資金調達、リノベーションまで、品質やデザインにこだわった本物志向のサービスを提供。毎週土曜日に相談会(予約制)を開催中。

リノベりすからの資料請求/イベント申込でもれなくリライフプラスバックナンバープレゼント!

さらに100万円以上のご成約で1万円分のAmazonギフト券プレゼント!!

※資料請求やお問い合わせは外部サイトSUVACO(無料)へリンクします。SUVACOについてはこちら。

関連するリノベーション事例