リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

まずはここから!リノベーション完成までの流れ

リノベーション・ゼミナール

リノベーションってどのくらいの期間がかかる?支払いのタイミングは?そんな基本の疑問の答えをご用意。(text utako hagiwara illustration rumi nishigori photo kohji yamada)
 

工事の規模や内容にもよるが、基本設計から引き渡しまで17週間=4か月+1週間というのがひとつの目安。それぞれの過程で誰が何をし、どのタイミングでお金を払うのか、大まかな流れを追ってみよう(ブルースタジオの場合)

 

【準備期間】まずはヒアリング!

自分たちがどこに住みたいか、どんな風に暮らしたいかをとことん話すところからスタート。設計契約が成立したところで設計料の30%を支払う。なお、ブルースタジオでは「合同説明会」も行っている
設計契約・設計料支払い(30%)>
P51_2
i_268_blue

【4weeks】基本設計

ヒアリングした希望やライフスタイルなどをふまえて、具体的に図面に落とし込んでいく。基本設計の打ち合わせ回数は、平均すると2回くらいの人が多いそう。より具体的な家のイメージができてくる
P51_3

i_268_blue

【3weeks】実施設計

素材や設備、電気なども入れ込んだより具体的な設計に進む。マンションの規約によっては使えない素材もあるので、使いたい素材などがある場合は早めに確認を。管理組合への工事申請もこの段階で行うことが多い
P51_4

i_268_blue

【2weeks】工事準備

ブルースタジオで工事費の見積もり内容を査定。予算よりオーバーしてしまった場合は、変更・削除するなどして工事費を調整する。工事契約を結んだらいよいよ工事着工。ここで設計料の40%、工事費の50%を支払う
設計料支払い(40%)、工事費支払い(50%)>

i_268_blue

【8weeks】工事

工事から引き渡しまでの期間は平均で約8週間。解体後のスケルトン状態で1回、スイッチ位置などの確認で1回、現場立ち会いをするのが平均的。もちろん希望すればほかのタイミングでも立ち会いは可能
P51_5

i_268_blue

【Goal!】引越し

検査後、晴れて引き渡し! 新しい生活がスタートする。ここで設計料の30%、工事費の50%を支払う。これ以外にも家具や家電を買ったり、税金などいろいろとお金がかかってくる。
設計料支払い(30%)、工事費支払い(50%)>
P51_6

 

人気のリノベーション事例