リノベーション専門サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション専門サイト

知っているようで知らない!リノベ用語集(マテリアル編)

リノベーション・ゼミナール

ネットや雑誌でなんとなく目にしたことのある用語、正しく理解していますか? リノベするなら最低限知っておきたいキーワードを集めました。マテリアル編です。

text atsuko tanaka

EPとOP

ともに一般的な塗料で、EPはエマルジョンペイント。内装用の水性艶消し塗料で、壁や天井などによく使われる。またAEPは、アクリル樹脂エマルジョンペイントを指す。対してOPはオイルペイントで油性塗料のこと。「木製建具などの仕上げによく使います。手で頻繁に触れることによる汚れを防ぎます。天然植物性のオイルペイントは、なめても大丈夫なので、小さい子どものいる住宅に安心」(青木さん)。

合板

合板、リノベ用語

Renovation nu renovation  Photo koji yamada

合板とは、大根のかつらむきのように丸太から薄くはいだ木材を、縦目と横目を交互に張り合わせた板。張り合わせる枚数で厚さが変わる。おもな種類は、価格が高い順にシナ合板、ラワン合板、ラーチ合板。「シナ合板は白く肌触りが滑らかで、よく収納や建具に使われます。またラーチ合板は本来構造用ですが、ラーチは針葉樹なので木目が結構出ている。意匠的な魅力があり、そのまま現しにすることも増えました」(青木さん)。

特殊塗料

特殊塗料、リノベ用語

Renovation kukansha  Photo kazashito nakamura

おもなものにアイアン塗料、黒板塗料などが挙げられる。塗るだけで、前者は鉄のような味わいになり、後者は黒板仕様となってチョークで文字や絵が描ける。「アイアン塗料はインダストリアルな雰囲気を出すのに効果的。黒板塗料はマットな質感も魅力です」(青木さ ん)。「ほかにマグネット塗料も。塗ればマグネットがつくようになり、活用度大」(石井さん)。なお、付着力は磁石の強さに左右される。

複層(複合)フローリング

基材となる合板の上に、化粧用の木材(突き板、挽き板)を張って仕上げたフローリング。これに対して1枚ものの無垢材がある。「複層は、三層とも言います。基材が合板なので、熱によって変形しにくいのがメリット。床暖房にも適しています」(石井さん)。「厚みのある挽き板を貼って仕上げた、無垢材に近い複層フローリングもあり、パッと見では判別が難しい場合も」(青木さん)。

下地材

クロス、塗装などの仕上げ材を設置するための部材。プラスターボード(石膏ボード)が代表格で、安価で丈夫、断熱・遮音性が高い。このほかケイ酸カルシウム板(ケイカル板)とその一種の不燃建材フレキシブルボードなどがある。「必ずしも下地材は不可欠というわけでなく、躯体の上に直接クロスを貼る手法も大いにアリ。ただ部屋の断熱性などは劣ります」(青木さん)。

畳、リノベ用語

Renovation designlifesekkeisitsu Photo koji yamada

昨今人気の畳といえば、正方形に敷かれた琉球畳。「元来、強靭な琉球い草を使っているのが琉球畳。よく縁なしのことを琉球畳と呼びますが、むしろい草がポイント。とはいえ現在沖縄での生産は少なく、熊本産が多いようです」(石井さん)。もっか注目されているのは和紙を原料にし、樹脂コーティングを施した畳。「丈夫でカラーや織り方のパターンが色々ある。リノベでの採用率が高いです」(同氏)。

モルタル

モルタル

Renovation bluestudio  Photo kazashito nakamura

砂(細骨材)、セメント、水を練り合わせてつくる建築材料。玄関土間の材質としてポピュラー。同じセメント系のコンクリートと混同しがちだが、コンクリートは砂利も入って、強度が大幅にアップ。「モルタルは仕上げ、コンクリートは躯体で使われることがほとんどです」(青木さん)。「最近、モールテックスという樹脂系モルタルも。樹脂が入ることで弾性が加わり、ひび割れしにくいのが特徴です」(石井さん)。

塩ビ系素材

塩化ビニル樹脂製の床材。発泡素材でクッション性があるロールシート状のクッションフロア、硬いタイル状のフロアタイルなどがある。木材を表現したクッションフロアはフローリングにそっくり。「塩ビは耐水性が高く、拭き掃除も簡単なので水回りに適しています」(青木さん)。なお長尺シートも塩ビ系素材。長尺とは単にロールシート状であることを示し、硬めの素材、発泡素材、病院向けの耐薬性の素材など数種類がある。

取材協力

石井 健さん

1969年福岡県生まれ。2001年よりブルースタジオに在籍し、現在執行役員を務める。リノベーションの創生期からおもに個人宅の物件を手掛け、1000件以上の実績を重ねる

青木律典さん

1973年神奈川県生まれ。デザインライフ設計室代表。一級建築士、インテリアコーディネーター、FP、公認ホームインスペクター、住宅ローンアドバイザーなど幅広い資格を持つ

<リライフプラスvol.25掲載>

人気のリノベーション事例

聞きたいのは生の声!

PREMIUM STORY

勾配天井をマンションリノベで実現。最上階のメリットを活かした住まい。

料理好きの妻は「1日中キッチンにいます!」と嬉しそう。眺望が気に入って購入した物件は、勾配天井にロフトといった最上階ならではの特権によって大きく生まれ変わりました。