リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

4時限目:ありがちな失敗やトラブルから学ぶ! 【中古マンション購入のオキテ(4)】

リノベーション・ゼミナール

中古マンション購入のオキテ4
中古マンションは、建物も管理状態も千差万別。新しければいいとも、古ければ難ありともいえない。物差しがないだけに、買う人の判断が問われる。現場に精通する専門家のアドバイス、第4弾。(text utako hagiwara illustration aki yamashita)

maki9410

トラブルの多い駐車場。収入の運用方法を確かめる

マンションの駐車場は、マンション所有者全体の共有財産。駐車料金は管理組合の収入となり、駐車場の維持管理に充てられるのが本来のあり方だ。しかし、古いマンションの中には、駐車料金が管理費に回されていたり、駐車場だけマンションの所有者以外に分譲されてしまっていたりする例があるという。「敷地はマンションのものなのに、使用料金が組合に入らないのはそもそもおかしいし、のちのちトラブルの原因になってしまう可能性が高い。こういうマンションには、あえて手を出さないほうがいいでしょう」と長嶋さん。

リノベ4-2
maki9411

法定点検の実施状況を管理会社に聞いてみる

「マンション管理組合の意識を知るためには法定点検の実施状況を確かめるのも手」と石井さん。「管理会社に聞けば分かります。エレベーターや浄化槽の点検をしていないところはほとんどありませんが、消防設備の点検を行っていないところが案外多い。つまり費用を惜しんでいるということで、管理の実態がうかがわれます」

リノベゼミ4-1
maki9412

修繕積立金が多くても喜ばない 借り入れがあっても慌てない

「中古マンション購入時のチェックポイントに挙げられることが多い「修繕積立金」。売買契約前に行われる「重要事項説明」で金額が示されるが、その金額が多いのか少ないのかは「判断のしようがありません」と長嶋さん。なぜなら「以後の大規模修繕にいくらかかるかは分からないからです」。石井さんも同様の意見。「問題は、それまでの修繕の履歴と今後の計画。管理組合がちゃんと運営していることが大事です。たとえ1億円あっても、維持管理が悪ければ足りないこともある。逆に工事直後なら、借り入れがあっても当然です」。

リノベ4-3

maki9413

築30年以上のマンションは建て替え可能性も要チェック

古いマンションの場合、これから建て替えが検討される可能性もある。大金をかけてリノベーションしたあとに、取り壊されてはたまらない。「建て替えは、老朽度より経済性で決まります」と石井さん。「たとえば、今より大きな建物がつくれるかどうかということ。狙ったマンションが周囲の建物より低層だったりしたら要注意です」。

 

>>ありがちな失敗やトラブルから学ぶ! 【中古マンション購入のオキテ(5) 】に続く

取材協力
ブルースタジオ
中古マンション購入前のコンサルティングから資金計画、物件探し、設計・監理まで、一貫したサービスを行う。「中古購入+リノベーション」という家づくりのスタイルを世に広めたパイオニア。

さくら事務所
国内で初めて「個人向け不動産コンサルティングサービス」をスタートし、第三者性を堅持した物件調査・アドバイスを続けている。住宅診断「ホームインスペクション」や住宅ローン、契約内容の事前相談など、様々なメニューを揃えた「不動産の達人サービス」を提供。

住宅リフォーム・紛争処理支援センター
国土交通省所管の公益法人として、住宅の取得やリフォームを実施・検討する人に対する情報提供や電話相談を行う。また、リフォーム支援情報を提供するサイト「リフォネット」の運営や、増改築相談員・マンションリフォームマネジャーの育成、試験、サポートも行っている
telephone*0570・016・100(ナビダイヤル)
受付時間/10:00〜12:00 13:00〜17:00
(土・日・祝日、年末年始を除く)

関連するリノベーションについて学ぶ記事

人気のリノベーション事例