リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

リフォーム・リノベーション、ざっくりこの価格でこれできます

リノベーション費用、これいくら?

「リノベーション費用、これいくら?」の「リフォーム・リノベーション、ざっくりこの価格でこれできます」

リノベーションを検討している方から寄せられる相談で多いもののひとつが「コスト感がわからなくて相談しにくい」。
選ぶ素材やデザイン、さらに時期や元の家の状態などによってものすごく大きな幅があるものなので、なかなか明示するのが難しいものなのですが、それでもひとつの目安が欲しい…!という方々のために、大変ざっくりとした価格の最低ラインのイメージをお伝え致します。
上記の通り、様々な条件で大きく価格は変わりますので、あくまで参考にどうぞ。

 

10万円でできること

●1部屋の壁紙の張り替えなど(一般的なビニールクロスの材料費+工事費)

天然素材などクロスにこだわると、10万円では足りないかもしれません。
もちろん広さや選ぶクロスなどにより大きく異なりますが、「10万円」の目安はDIYでもできなくもない内容をプロが美しく手早くやってくれる、という感じでしょうか。

 

30万円でできること

●トイレのみ、もしくは洗面台のみの交換など

30万円はデザイン性を求めるのは厳しい価格。一般的な機器、素材への交換でこの程度の値段がかかります。

●6畳程度の床を合板フローリングに張り替え

こちらも広さや素材でまったく変わってきますが、6畳の床を合板フローリングへ変更するのに20万円程度~。壁や天井も同時に変える和室から洋室への変更は50万円以上をみておきたいところ。

 

50万円でできること

●上記のトイレや洗面台の交換に多少のデザイン性を加える

●安価なシステムキッチンへの交換

キッチンの代金15万円~+工事費30万円~。もちろん広さにより大きく異なります。既存のキッチンの撤去や撤去したキッチンの処分等にもお金がかかるので、工事費は意外とかかります。同時に最低限の床や壁の補修が必要になります。

●和室から洋室へのリフォーム

床・壁・天井の張り替え。合板フローリング、ビニールクロスでの目安。素材にこだわりたい場合は単純にいくらで仕入れられるかによります。

 

100万円でできること

●造作キッチン

こちらも広さや選ぶ素材などによって上限はないようなもの。100万円は最低ラインと考えてよいと思います。

●間仕切り壁の設置

●ユニットバスへのリフォーム

●15畳程度のリビングを床暖房に

 
 

↓↓200~300万円くらいのラインから対応可能としているリノベーション会社は多数。それより小さなものは場所や時期によって対応できたりできなかったり、ということも多いので、頼める会社がわからないという場合は「リノベ会社紹介サービス」に連絡を。↓↓

 
CPB9346

<工事費260万円の団地リノベーション>
一番お金がかかったのは解体撤去費用。ローコスト最優先で、既存を生かしてどうよく見せるかを工夫。
【築52年の公団住宅を最小限の工事で コンパクトにリノベーション(設計・施工:ルーヴィス)】

 

300万円でできること

●水回りの移動を含まない間取りの変更

コンパクトなマンションのフルリノベーションが可能になるのがこのくらいの価格から。素材や設備など隅々にこだわるのは難しい価格なので、メリハリで要望を叶えたい。

●間取りを変更せず、素材、デザインにこだわる

ローコストでデザインにこだわりたいのであれば、間取りはなるべく変更しない設計を。
 

500万円でできること

●水回りの移動を含む間取りの変更

給排水管の工事を含むフルリノベーションはこのくらいから。給排水管は工事をすればどこにでも動かせるというわけではないので、そちらは事前にしっかり確認を。こちらは単純に工期も長くなります。
 
 

↓↓デザイン性を売りにするリノベーション会社への依頼が可能になってくるのが700~800万円くらいのラインから。こちら時期やエリアによって例外もありますが、それ以下の値段だと素材などにこだわれないため、どうしても難しくなってしまう。↓↓

 
DSC4189

<工事費760万円のマンションリノベーション>
ヘリンボーン貼りにしたチーク材や珪藻土など自然素材にこだわって。
【音楽ホールのようなリビングで 楽器と映画を楽しむ暮らし(設計・施工:スタイル工房)】

 

800万円でできること

●断熱等の性能に問題がないマンションでデザインにこだわるマンションのフルリノベーション

こだわりは上限なしなので、造作などを増やすと1000万円代になることも多々。

●断熱等の性能を一新するが、デザインにはさほどこだわらないマンションのフルリノベーション

こちら工事前の状態によって施さなければならない手段が大きく異なるので、蓋を開けてみなければわからないケースも。
 

 

↓↓戸建リノベーションは個別に家の状態がかなり違うのでなんとも言えないが、「一部をリフォームする」ではなく「イメージや暮らしやすさをガラッと変える戸建リノベーション」は最低でも1000万円を見ておきたい。状態や要望によっては新築並のコストがかかることもあるので、こちらは個別に要相談。↓↓

 
aDSC_8118

<工事費1500万円の戸建リノベーション>
耐震性や断熱性、外壁なども工事。室内の壁の仕上げは、基本的に構造用合板のままでコスト削減&施主がDIYを楽しめるように。
【築46年の戸建てを無垢な素材感と DIYで好みのテイストに(設計・施工:株式会社リビタ)】

 

1000万円でできること

●戸建リノベーションはこのくらいから

●断熱等の性能、デザイン、両方にこだわったマンションのフルリノベーション

もちろん「こだわり」が入ったものは何でも天井知らず。自分の譲れないもの、妥協できるものを上手く伝えてコストコントロールを。

人気のリノベーション事例