1位は「海を眺望する上質空間」。|リノベーションランキング(2019年11月)

リノベのトレンド

2019年11月に公開された人気リノベーション事例TOP5を発表します。
今回は、グレー、ブルー、ブラックなどシックなニュアンスのアクセントウォールを用いて、スタイリッシュな空間を作っている事例に注目が集まりました。

1位:ナチュラルな内装材をモダンな北欧インテリアで彩って [リノステージ] 

第1位は、間取りの変更はせず、施主ファミリーのライフスタイルや好みのインテリアに合わせて部分的にリノベ―ションした事例です。4人家族に十分な広さに加えて部屋の配置もよかったため、間取りの変更はせず、その分内装やインテリアに予算をかけました。

東京湾を望むリビングルームは木目調のアクセントクロスを用いてやわらかな印象に。インテリアはすべてデンマークのコンテンポラリーなインテリアを取り扱うBoConceptでコーディネートし、グレーを基調としたモダンでスタイリッシュな住まいを作り上げています。

モダンな家具にフィットした上質空間。海を眺望するマンションリノベ


リノステージ

この事例をもっと見る
リノデュース,リノベーション事業部,プランナー,吉原 光紀,リノベーション

リノステージ リノベーション事業部 プランナー 吉原 光紀さん

お子様の成長を機に、同マンション内の面積の広い物件を購入したお客さまです。家族構成や、ライフスタイルが合っていたため、現状の間取りはそのままに、機能的でデザイン性のあるリノベーションをご提案しました。海外のインテリアを参考に、色で楽しむシンプルな内装にボーコンセプトの家具を合わせ、リゾートホテルのようなワンランク上の癒し空間になっています。

2位:回遊性のあるプランで、広く暮らしやすく [ハンズデザイン一級建築士事務所] 

名作照明のアーティチョークを主役にした、北欧家具が映えるリノベーションが第2位。バス、トイレ、サニタリースペースをブルーグレーの壁の中に収め、それを中心にぐるりと回遊できるプランは、視覚的な行き止まりがないため実際の面積よりも広がりを感じられます。

こだわりの家具が心地よく配置されたLDKは、ダイニングも兼ねたアイランドキッチンを採用し、リビングと一体感のある空間に。壁は白いホタテ塗装、床はアメリカンブラックチェリーの無垢材とシンプルにまとめ、家具や雑貨が引き立つ上品なリノベーションです。

アーティチョークが映える大空間。回遊動線でつながるマンションリノベ


ハンズデザイン一級建築士事務所

この事例をもっと見る

3位:子ども部屋がプランニングの鍵!暮らしの変化に合わせて柔軟に変化する家に [スタイル工房] 

第3位は、「間取りは子どもの成長や生活の変化を想定したものに」と考えていたMさん夫妻のリノベーション。和室の壁を撤去して、隣り合うLDKにオープンなキッズスペースとして取り込み、造作したテレビ台でゆるやかに仕切るプランを採用。現在は多目的なフリースペースとして活用しているそうですが、将来的には個室としても使えるように計画されています。

インテリアは、白を基調にグレーや黒、木目をポイントとしたMさん夫妻好みのシンプルなデザイン。そこにアンティークな雰囲気のあるパーツを組み合わせて、ナチュラル・アンティークでまとめています。

今の暮らしVS将来の暮らしは、テイスト×間取りのアイデアで解決


スタイル工房

この事例をもっと見る

4位:取り払えなかった壁を活かして、色のコントラストを楽しむ [entrie(エントリエ)] 

祖父母の代から所有していたマンションを受け継いだことから始まったリノベーション。壁式構造のため、大きな間取り変更はできませんでしたが、それを逆手に取り、残った壁とその奥に見える壁の色のコントラストを楽しめるようなデザインに。リノベーションのテーマは「ハンサムな住まい」。モノトーンの緊張感をネイビーとオーク材でやわらげ、ビターでも心地よい空間となっています。

また、キッチンを大きく移動させ、念願だった「家族の顔が見える、明るい空間」を実現。ごはんの支度をはじめると家族が集まってくるのだとか。

スタイリッシュな配色でハンサムな家に。オープンキッチンに家族が集うマンションリノベ


entrie(エントリエ)

この事例をもっと見る

5位:ホテルデザインを活かした、寛ぎのセカンドハウス [ハンズデザイン一級建築士事務所 ] 

平日は仕事で慌ただしい日々を過ごしている施主のDさん。休日は趣味のアウトドアを楽しむべく、海に山にとでかけることが多いそう。そこで休日にとことん寛げるセカンドハウスがほしいと、それまで賃貸に出していたマンションをリノベーションすることに。
リノベ―ションに求めたのは「居心地のよいホテルに、少し長めに生活する」ようなイメージ。かつて滞在したホテルが印象に残っていたため、それをベースに3LDKをワンルームに再構築。広さと日当たりを確保したワンルームの空間には、ダイニングスペースやベッドスペースなど、それぞれに機能をもつコーナーを配置。玄関からキッチン、リビング、書斎、ベッドコーナー、サニタリーと、ぐるっと回れる動線で暮らしやすさもUPしています。

動線、収納、使い勝手と三拍子そろったワンルームにリノベ。ホテルの快適さを追求した、アクティブ派のセカンドハウス。


ハンズデザイン一級建築士事務所

この事例をもっと見る

リノベーションを考えているけど、自分に合った会社がわからない!何から始めたらいいの?そんな疑問やお悩みをお持ちのあなたにぴったりのサービスがあります。
業界経験が豊富なリノベりすの専任アドバイザーは、リノベに関する疑問・ご相談の解決から、あなたに合ったリノベ会社のご提案・ご紹介までサポートします。

リノベーション会社紹介サービス

関連するリノベーションを知る記事

人気のリノベーション事例