リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

みんなどういうきっかけでリノベしているの?「だから私たち、このタイミングでリノベしました」

リノベの最新情報

「リノベの最新情報」の「みんなどういうきっかけでリノベしているの?「だから私たち、このタイミングでリノベしました」」

「子どもが産まれて手狭になった」「親の家を引き継いだ」など、自分たちの住む家について考えるタイミングは人それぞれ。リノベーションしようと思った「きっかけ」や「理由」など、6つのお宅のそれぞれのストーリーと住まいをご覧ください。

【きっかけ:第一子誕生】憧れの自然素材に囲まれた家で子育てしたい!

結婚を機に新居を探したIさん夫妻。"コレ"という物件に出会えないまま賃貸マンションで暮らしていました。しかし、子どもを授かったことで状況が一変。当時住んでいた賃貸マンションは子どもが住めない物件だったことに加え、日当たりの悪さも気になっていたこともあり、再度物件探しをスタートすることに。
妻は自作で家具を作ってしまうほど、木のぬくもりや風合いが大好きで、珪藻土や無垢材などの自然素材に囲まれて暮らすことが夢でした。そこで中古マンションを購入し、リノベーションすることを決意。設計・施工を夢工房に依頼したのは、雑誌で見て一番イメージに近く、自然素材を得意としていたことが決め手になったといいます。
こだわりの杉板のフローリングにお子さんがごろごろしているのを見ていると、「本当にリノベーションをしてよかった」と感じるそう。理想の暮らしが叶った幸福感が伝わる素敵な住まいです。

木のぬくもりを肌で感じる幸せリノベ


株式会社 夢工房

温かみがあり、素足で歩いたときの気持ちの良さが抜群の杉フローリング。日に焼けるほど深みを増し、人が歩くほど表面が磨かれていきます。

機能的な対面キッチンは、リビングで遊ぶお子さんを見ながら家事ができるので子育て世代には大助かり。明るく気持ちの良いスペースです。

 
この事例をもっと見る

【きっかけ:結婚】大好きなインテリアが映える、2人のための家をつくる

インテリア好きで、アーコールチェアやビューローの家具などを集めていたUさん。結婚を機にそれらの家具が似合う家に住みたいとリノベーションすることに決めました。会社を探すのにあたって20社以上に資料請求をしたというUさん夫妻ですが、最終的に施工例が一番好みだった、デン・プラスエッグに依頼することに。
手持ちの家具や雑貨が映える空間にするため、持っている家具を写真に撮って打ち合わせに持参し、どこにどう置くか相談しながらデザインを決めていくほどのこだわりぶり。間取りは大きく変えていませんが、キッチンの取っ手や面材、建具には妥協せずお気に入りがつまった贅沢な空間に。 Uさん夫妻の一番のお気に入りは、サビニャックのポスターに合わせニュアンスのあるブルーで塗装したリビングのドア。アール型がどことなくレトロな雰囲気を漂わせ、ヴィンテージの家具がゆったりと置かれたリビングの入り口にぴったりです。 プロジェクターを取り付け、ホームシアターも楽しめる心地よいリビング。週末になると夫妻で映画をみるのが楽しみなのだとか。

サヴィニャックのポスターが似合う、家具がゆったりと配されたLDKに


株式会社デン・プラスエッグ

リビングの顔とも言えるサビニャックのポスター。ユニークな形のスピーカーはデンマーク・スキャンダイナ社のもの。

LDK入り口のアール型のドアはサビニャックのポスターに合わせ、ペールトーンのブルーに仕上げました。どことなくレトロな雰囲気です。

この事例をもっと見る

【きっかけ:低金利】年齢的にも住宅ローンを組むタイミングだと思った

結婚してからしばらく妻の実家に近い賃貸マンションに住んでいたOさん夫妻。「住宅ローンを組むなら今が低金利で、年齢的にも考えどき」とマンションの購入を考えはじめました。友人がリノベーションで理想的な家をつくっていたのを見て、「自分たちも」と中古マンションを探すことに。
今の住まいと同じエリアで、ガーデニングや野菜づくりを楽しめる広いルーフバルコニーつき、できれば南向きという条件で物件を探し、何軒目かで出会ったのがたまたま妻の実家のあるマンションだったそう。 妻の仕事はイラストレーターで仕事場所は自宅でしたが、68㎡の広さで仕事部屋を確保するのは難しいと考え、広々としたリビングのワンコーナーに妻のワークスペースを設け仕事と家事が両立しやすいデザインとしました。さらに"動線マニア"の夫はLDKを中心に、水回りや玄関、寝室が回遊でき、帰宅後も快適な動線を考案。依頼したアズ建設と検討を重ね、暮らしやすい住まいが実現しました。
多摩の山々が見渡せる新しいわが家に「都心の職場から帰ってくるとホッとして、週末が楽しみ。今後はルーフバルコニーをデッキ仕立てにするのが課題かな」と夫も大満足です。

仕事コーナーに快適動線! ゆったりLDKの心地よい家


アズ建設

リビングの1コーナーに設けた妻の仕事スペース。壁で軽く仕切りながら、連続する収納棚で統一感のある空間です。

クリ材を使ったキッチンは「木のすず」という工房のオーダー製品。奥のパントリーや正面のガラス入りのドアからも、さらに左手の引き戸からも水回りを経て玄関側と通じています。

 
この事例をもっと見る

【きっかけ:新築マンションへの違和感】夫婦+猫1匹の暮らし。「自分たちらしさ」を求めて

三鷹市に70㎡超えの新築マンションを購入し暮らしていたHさん夫妻。しかし「なんだかしっくりこない」というモヤモヤをいつも感じていたそう。そのモヤモヤに向き合ったとき、「毎日過ごす自宅こそ、自分達に合った空間にしたい」という思いが見えてきました。そして新築マンションを手放し、中古マンションを自分たちらしいスタイルにリノベーションすることを決意します。
物件選びで一番こだわったのはエリアでした。理由はシンプルで「内装は自分たちで変えられるけど環境は変えられない」から。しかし、人気の渋谷区で希望の広さ、階数、方角...と完璧な条件を満たす物件をさが探していては心が折れてしまう、と物件探しから依頼していたEcoDecoのアドバイスを参考に前向きな妥協をすることに。最終的に選んだのは1階、北向きの54㎡のマンションでした。
2LDKをほぼ1Rに変更した家はなるべく光が部屋全体にいきわたるように工夫され、愛猫のフジコちゃんにもオリジナルのキャットタワーを用意。空間がコンパクトになった分、夫婦で過ごす時間も増えたといいます。ヘリンボーンの床やアパレルショップのようなディスプレイ収納、アンティークの家具など、まさに「自分たちらしさ」溢れる空間を手に入れました。

自分達らしい暮らしを求めて郊外から渋谷区へ ペットと暮らすワンルーム


EcoDeco

北向きの窓でもキッチンまで十分な光が届くようさえぎるものをなくしたLDK。その分収納はオープンになりましたが、むしろかっこいい空間に。

対面キッチンの天板は空間に馴染むようモルタルを採用。背面の収納もオリジナルで造作しているので一切無駄のないデザイン。

 
この事例をもっと見る

【きっかけ:祖母の家を引き継ぐ】思い出を残しつつ、新たな家族の理想の暮らしを叶える

新築のマンションに住んでいたMさん一家。アレルギーのある妻は建材に含まれる化学物質によるにおいやアレルギー反応を危惧し、絶えず換気扇を回していたそうです。そんな折、祖母の家だった平屋の戸建て住宅を引き継ぐことに。 しかし、築80~90年と正式な築年数もわからないほど歴史のある祖母の家。さらに増改築を繰り返し、構造も含め複雑な作りになっていたため、最初に相談にいったリノベーション会社に希望を伝えたところ、「できない」と断られてしまいます。 落ち込んでいたところ、夢工房はMさんの希望を快諾。「え?できますよ」とごく普通に答えてくれたことがとてもうれしかったそう。 床にはカバ材、壁は珪藻土と全面的に自然素材を取り入れ、妻も安心して暮らせるように。また、祖母の面影を感じられるよう、収納棚や建具の一部はそのまま使用しています。 自然素材を使いながら、住みやすく、でも祖母との思い出も大切にしてくれるバランスのいいリノベーションになりました。

自然素材でアレルギーも解消。おばあさまの残した「くつろぎの家」


株式会社 夢工房

 

リビングの壁面には祖母の代から使われていた壁面収納を再利用。これからは新しい家族と歴史を刻んでいきます。

家の中心にあるキッチンは広々としたスペースを確保。ママが家事をしているそばでお子さんが安心して遊ぶことができます。

 
この事例をもっと見る

【きっかけ:夫の退職・家を引き継ぐ】これからの時間を2人でゆっくりと過ごせる家を求めて

関東で暮らしていたIさん夫妻。夫の退職をきっかけに「これから2人の時間をゆったりと過ごしたい」という夫妻の思いを実現すべく、妻の実家のある名古屋市に生活の場を移すことにしました。
築36年になる家を安心して快適に暮らせる住まいにしたいと住工房へ相談。これからは趣味を楽しみながらゆっくり暮らしたいという2人のための大改装がはじまりました。 心配な地震のリスクにも備え、旧耐震だった構造の耐震補強や、 夫婦で暮らすのに適度な大きさへの減築、段差のないバリアフリー住宅にするなど、全てこれからの暮らしに合わせた設計を採用。 さらに自転車、テニス、ゴルフなどの用具が収納できるよう、玄関横には広いクロークを。LDK から広々と続くウッドデッキとお庭では、ガーデニングや家庭菜園を楽しめます。 生まれ変わった家は採光や通風にも配慮され、燦々と光が入る明るい空間で気持ちよく過ごせるように。対面になったキッチンでは共通の話題の多い夫妻の会話もはずみます。

関東から愛知へ…実家リノベで叶えた心地いい風を感じる家


住工房株式会社

共通の趣味も多いという仲の良いIさん夫妻。対面キッチンにしたことで家事をしている最中でも楽しく会話ができるように。

玄関脇には趣味のゴルフやテニス用品がしまえる広いクロークを設置しました。

 
この事例をもっと見る

リノベりす編集部コメント

家は一生の買い物といわれますが、実は人生のステージによって必要な大きさや、快適に思う空間の雰囲気は違ってくるもの。今回は、リノベーションに至ったきっかけやタイミングをテーマに事例をご紹介しました。人生のステップアップの際に、リノベーションはその人それぞれの暮らしをさらに豊かに・快適に進化させてくれる手段のひとつだと言えるでしょう。

人気のリノベーション事例