リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

リノベーション体験談:品川区W様「常にお客様ならではのデザインを実現」(工事費:約1000万円)【リノベーション会社編】

リノベーション体験談

th_10_ORIGINAL KITCHEN
 
聞きたいのは生の声!今回はリノベりすの「資料請求」をご利用いただき、実際に物件購入&リノベーションをされた方の声をお届けします!
前回ご紹介した
 
リノベーション体験談:品川区W様「物件探し、コスト、担当者、総合力が決め手」(工事費:約1000万円)【施主編】
 
の事例を今回はリノベーション会社の担当者の目線からお伝えします。
 
 
f_026_pink.line2
<担当者プロフィール>
■会社:nu(エヌ・ユー)リノベーション リノベ向き中古物件探しから設計デザイン、施工、アフターサビスまでをワンストップで提供。スケルトンからの「MARUGOTO」、既存を活かした「ECO」、洗面台、棚だけといった「1 POINT RENOVATION」、さらにインテリアもトータルでコーディネートする「decoる」といった様々なニーズに対応できる豊富なプランがを用意している。
■担当者:原 布慈子さん
■性別:女性
■家族構成:家族と犬と暮らしています
■お仕事上のモットー:お客様が家づくりを楽しんで頂けるよう、密なコミュニケーションを重視しています。設計面では、将来的に家族構成に変化が生じても対応出来る様な余白を残したデザインを
心がけています。

 
f_026_pink.line2
 

■今回のリノベーションの特徴

-本棚が特徴的な今回のリノベーション、難しかったところはどこですか?

 
「全てスムーズに決まりました。お客様が毎回の打合せまでに前回出した宿題(これとこれを決めてきて下さいね、というお約束)をきちんとやって来て下さったので。デザインのイメージソースとなるような写真素材も沢山ご提示頂き、イメージの共有がスムーズでつかみやすかったです。」
 

-工夫したところを教えてください。

 
「寝室を個室にするかオープンにつくるか悩んだのですが、あえて扉をつけずに本棚を壁として寝室と繋げたところです。リビングと寝室をわざと繋げたプランに仕上がりました。全てオープンで気になる時のために、個室も別で1部屋用意して、ライフプランに合わせて使えるように配慮しました。」
 
th_6_ORIGINAL BOOK SHELF

<中央の本棚の奥が寝室。リビングとゆるやかに繋がっている。>

 
 

■“nuっぽいデザイン”は存在しない。常にお客様ならではを反映

-nu(エヌ・ユー)リノベーションならではなところがあれば教えてください

 
「nuリノベーションには、“nuっぽいデザイン”“nuのデザイン”というのは存在しません。なので、お客様ならではのこだわりが反映されたプランに仕上がりました。例えば本棚のつくりかた。今回は本棚のヨコとタテに使用した木の素材を変えています。ラフな雰囲気をつくり出すために、ヨコは小口を見せてざっくりとした木の感じを出し、タテにはツーバイという素材を使い、構造体のようにがっしりとつくりこみました。その2つを合わせることで、キレイすぎないラフな雰囲気が実現しました。」
 
th_8_ORIGINAL BOOK SHELF

<ヨコ板の小口の質感にもこだわった本棚。>

 

 

-プラン決定まではどのように進みましたか?

 
「最初に提案したプランをベースに、打合せで一部変更したくらいですね。とてもスムーズでした。」
 

-施工での紆余曲折があれば教えてください。

 
「実際に現場を解体してみたら、当初想定していたよりも躯体に凸凹と段差があったんです。このままコンクリート現しのカベを残すか、凸凹をキレイに埋めて塗装するか悩んだのですが、奥様の『このままのラフな雰囲気を残したい』という言葉でこのままGOすることになりました。」
 
th_3_LDK

<コンクリートに糊の跡の残る躯体現しの壁や天井が、カフェっぽさをより強調。>

 
 

■本棚と造作キッチンが自慢

-仕上がりはいかがですか?自信のところを教えてください。

 
「本棚とコンロ側の造作キッチンです。コンロの下に、毎年つくるという梅酒のビンを沢山置く予定。敢えて腰壁で囲わず、テーブルのように4本足でつくったのもポイントのひとつです。早く梅酒のビンが沢山置かれた様子を見たいです。」
 
th_9_ORIGINAL KITCHEN

<ラフな木の質感と、ステンレスやコンクリート・配管のグレー&シルバーで
空間が統一されているので、キッチンや本棚に置くもので表情を変えられそう。>

 
 

■好きなものより、嫌いなもの・苦手なものを絞って伝えるのが大切

-リノベーションを考えている方にメッセージをお願いします。

 
「リノベーションを検討中の方で、『まだ具体的にどのような家にしたいかわからない』という方が多いかと思います。私が最初に必ずお客様にお伝えしているのは、『リノベーションを選択しているからこそ、好きなもの(テイスト)って多いはず。だから好きなテイストよりも、嫌いなもの・苦手なものを絞って決めていくことが大切です。』ということ。写真でも、言葉でもなんでも構いませんので、ソースは多い方が◎です。今の想いをストレートに設計担当に伝えて頂くことが、理想のイエをつくる近道になるはずです。一緒に楽しいイエづくりをしましょう!」

 

nu(エヌ・ユー)リノベーション原さん、ありがとうございました!

 
こちらの事例ページ⇒【マンションリノベーション事例】本屋と食堂
 

f_026_pink.line2

【nu(エヌ・ユー)リノベーション】

リノベ向きの物件探しから資金計画、設計・施工、アフターサービスまでをワンストップで。ヒアリングを重視して住む人の価値観を丁寧にくみ取り、デザインに生かすその提案力には定評がある。スケルトンからすべてを創る「MARUGOTO」、既存の一部を生かす「ECO」など、多彩なメニューの中から自分に合ったスタイルを選べる。
設計料2~5%というリーズナブルな料金設定や、同社で仲介すると手数料が最大50%オフという点も魅力。
>>nu(エヌ・ユー)リノベーションのプロフィールページはこちら

f_026_pink.line2
 

 
リノベーション体験談:品川区W様「物件探し、コスト、担当者、総合力が決め手」(工事費:約1000万円)【施主編】
 

関連するリノベーションについて学ぶ記事

人気のリノベーション事例