リノベーション専門サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション専門サイト

リノベーション事例 人気ランキングTOP5!!〈2017年11月〉

リノベの最新情報

2017年11月公開のリノベーション事例で、最も見られた人気リノベーションTOP5を発表。
時が経った住まいに魅力を感じて自分らしく再構築した、とっておきのプラン。リノベーションだからこそ実現した、間取りやインテリアの工夫がいっぱいです。ぜひ、楽しみながらご覧ください!

1位:個室を減らして、機能的なひとつのスペースに! [東京リノベ]

南青山のヴィンテージマンションを、優れた機能性をもつワンルームに。目的によって、ひとつの空間を使い分けできる無駄のない間取りです。小上がりの和室はモダンな和紙畳を使用し、普段は寝室として、休日は昼寝や読書、テレビ鑑賞の部屋として利用。また来客時は、くつろぎ感たっぷりのもてなしの場に変化します。約4.5mのキッチンカウンターは、食事や配膳はもちろんのこと、パソコン作業にも活躍。その広さを生かして、仕事の打ち合わせもこなしています。スタイリッシュなインテリアを邪魔することなく要所に収納を設け、自分たちらしい気持ちのいい暮らしに。

多目的でシンプル×コンパクト空間を住みこなす、ヴィンテージリノベーション


東京リノベ

この事例をもっと見る

東京リノベ コーディネーター:沢山 絵美さんのコメント

奥様が大学時代建築を学ばれていた事もあり、イメージがはっきりとされていたので、具現化するためのお手伝いを今回させていただいたという感じです。用途を限定してしまう個室よりもフレキシブルに活用できるスペースを大きくとるなど空間に対する考え方は私たちも学ぶところが多く、とても良い経験となりました。日々多忙な生活をされているお施主様。職場から徒歩圏内の場所に安らげる住まいを手に入れた事で生活が豊かになったのだそう。都心のヴィンテージマンションをリノベーションし「職・住・遊」が近接した暮らしを楽しむ…まさに私たちが目指している理想の暮らしを形にした事例となりました。

2位:素材感あふれるシンプルな「器」に、自分らしさをプラス [howzlife(株式会社秀建)] 

オーク材を敷き詰めた床とアルダー材の室内ドアが印象的なリノベーション。キッチンは憧れのオールステンレスを選び、素材の質感が響き合う、素敵な住まいになりました。空間コンセプトは「素材感」、そして「シンプル×ベーシック」。すっきりプレーンな空間にはどんなインテリアも、すんなりと馴染みます。ナチュラルな木の家具、モダンな佇まいのソファ、インダストリアルなキッチンや照明が絶妙なバランスで同居し、今の生活にフィットしています。将来の模様替えもしやすいシンプルな空間は、年月を経ても気持ちよく暮らせます。

インダストリアルに+α。10年先を見据えた、キレイ・シンプルなリノベーション。


howzlife(株式会社秀建)

この事例をもっと見る

3位:色と光が織りなす、上質なヴィンテージ空間 [三井のリフォーム(三井不動産リフォーム)]

吹き抜けのあるメゾネットマンションを、アメリカンヴィンテージな雰囲気に。建物の構造に合わせて間取りを組み替えたスタイリッシュな造りに加え、デザインの美しい家具やファブリックが、かっこいいインテリアをつくり上げています。ゆったりとしたソファを整え、くつろぎ感のあるリビング。吹き抜けの窓から陽光が降り注ぎ、季節の移ろいを感じるダイニングキッチン。どのスペースも洋書の1ページのような、こなれ感のあるインテリアです。部屋ごとの実用性と演出性を追求した照明も、この家の魅力のひとつ。家族もゲストも、夜の美しい光を心ゆくまで堪能しています。

光のきらめきが彩る、吹き抜けのメゾネットリノベーション


三井のリフォーム(三井不動産リフォーム)

この事例をもっと見る

4位:居心地も抜群!猫とほっこり暮らす家 [スクールバス空間設計]

猫との縁がきっかけで始まった、大人女子リノベーション。築36年のマンションを購入し、人も猫も、快適に暮らせるようプランニングしていきました。リビングダイニングは和室を取り込んだことで、より空間が広がり、大型のキャットタワーや爪とぎを置いても、まだまだ余裕があります。キッチンと玄関に透明ガラスの室内窓を造作し、シックな青色をアクセントにした室内が、明るく絵になるインテリアに。窓を通して猫の居場所も分かりやすく、玄関の飛び出し防止の引き戸とともに、安心感のある工夫です。色数をしぼって統一感をだし、シンプルなフォルムの家具や小物を最低限置くことで、ミニマルな空間を保っています。

猫と私の、ほのぼのマンションリノベーション


スクールバス空間設計

この事例をもっと見る

5位:骨組みを生かした家で、音楽とハンモックを楽しむ [スタイル工房]

鉄骨造の戸建て住宅を、リノベーションを前提に購入したGさん夫妻。天井板を撤去し、間仕切り壁を取り払ったことで、ゆとりのある空間づくりに成功しています。広々と生まれ変わったLDKには光や風がよく通り、心地よく過ごせるようになりました。むき出しになった鉄骨を塗装しデザインとして整え、無垢材やアイアンなどを用いたラフなインテリアに。思いがけず実現したハンモックが楽し気に揺れる、ホッとできる場所になっています。また、もとは納戸のスペースを、念願の「音楽室」に改装。いつでも気軽に、好きな音楽を聞いたり、演奏を楽しめるようになりました。

鉄骨のラフさが光る!ナチュラル素材とのミックスでカッコよく!


スタイル工房

この事例をもっと見る

関連するリノベーションについて学ぶ記事

人気のリノベーション事例