リノベーション専門サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション専門サイト

リノベーション事例 人気ランキングTOP5!!〈2018年2月〉

リノベの最新情報

2018年2月公開されたリノベーション事例の中で、最も見られた人気リノベーションTOP5を発表します!家族が心地よく暮らせる工夫がたっぷり詰まった、素敵な住まい。ぜひ、じっくりご覧ください。

1位:美しい壁紙がアクセントの英国ヴィンテージ [スクールバス空間設計 ]

1位にランクインしたのは、実家近くの築38年の中古物件を購入して英国ヴィンテージスタイルに大変身した、こちらの事例。80平米のマンションを、家族3人の暮らしに合わせて大きく間取りを組みかえ、フルリノベーションならではの醍醐味を楽しんでいます。玄関ホールには華やかなウィリアム・モリスの壁紙をチョイス。個性の光るおもてなし感を醸し、左手につづくウォークインクローゼットのアクセントにもなっています。収納や室内ドアなどは、ほとんどを家に合わせて造作。モールディングや慎重に選んだ色味や取っ手によって、大人のヴィンテージをつくり上げています。

築38年の中古マンションを、英国ヴィンテージの香り漂う住まいにフルリノベーション


スクールバス空間設計

この事例をもっと見る
 

スクールバス空間設計 リノベーションディレクター 辻 宏美(つじ ひろみ)さん

物件さがしからお施主様と長い時間ご一緒しておりましたので物件が決まってからのリノベーションのお打ち合わせもとてもスムーズでした。お施主様の好きな色味は取り入れつつ、デザインの部分はお任せ頂いてご意見も伺いながら和気あいあいプランニング。 グレーを基調とした色使いに真鍮、古材の雰囲気を醸し出すヒュームドパイン、モルタル調のモールテックスを組み合わせることでヴィンテージ感の中に上品さの残るリノベーション空間になりました。

2位:部屋の配置は変えず素材感のあるナチュラルインテリアに [スタイル工房 ]

間取りが気に入って購入したマンションを、自分たちの好きなように「予算内」でリノベーションしたYさんファミリー。基本的な間取りは変えることなく、イメージ通りの住まいに整えました。圧迫感のあったキッチンの吊戸棚を取り払い、和室の間仕切り壁も撤去。配置はそのままですが、明るく開放的に生まれ変わっています。その広々とした部屋を、キッチンのブルーグリーンのタイルや和室のグレーの壁、シンプルな室内窓などが心地よく彩って個性をプラス。無垢材や珪藻土の自然素材も織り込み、ナチュラルでモダンな家が完成しています。

憧れの室内窓やアクセントカラーで、イメージ通りの世界観に!


スタイル工房

この事例をもっと見る

3位:玄関からの動線がくつろぎ感の決め手 [インテリックス空間設計 ]

リノベーション専門誌「リライフプラス」を愛読していた夫妻。住み替えを漠然と考えるようになり、現在の家より広い物件を探すことに。売って、買って、リノベーションという三段階の工程をスムーズに進められたのはプロによるサポートが大きく、特に初めは気後れしていた建築士が、頼もしいパートナーになってくれたそう。なかでもお酒の好きなTさんの望みを叶えるため、玄関からクローゼット、そのままキッチンとリビングへとつながる動線プランは秀逸。仕事から帰ってきたらすぐに着替え、冷蔵庫のビールを手にしてリビングでゆっくりと。くつろぎタイムが充実し、日々の暮らしがぐっと楽しくなっています。

「リノベーションって大変!」イメージを一蹴してくれた建築士と出会って。


インテリックス空間設計

この事例をもっと見る

4位:つくりすぎない空間を楽しむリノベーション [三井のリフォーム(三井不動産リフォーム)]

「インテリアを楽しむ余白のある空間」をめざして始まったリノベーション。家を自由な「器」として吟味を重ねた素材でつくり上げ、施主の美意識でオーガナイズしています。DIYが趣味でコーディネートが上手な妻は、シンプルな器に自らのセンスで手を加え、くつろぎの空間を構築。テレビボード、ソファ、長机、キャビネットにペットケージなど、家具は妻の手づくりで、プロによる造作家具はほとんどないそうです。ちなみにリノベーションのきっかけは妻の母との同居。1階を母、2階を子世帯スペースとし、浴室や玄関、廊下などは共用にした二世帯住宅です。

自分を表現できる 「余白のある家」


三井のリフォーム(三井不動産リフォーム)

この事例をもっと見る

5位:回遊動線&収納が暮らしやすさのポイント [GLADDEN ]

こちらのリノベーションは、気になっていた生活動線を再編成。間取り変更が難しい2x4住宅でしたが、専門家のアイデアや技術によって、ぐるっと動ける回遊性のある住まいに。1階にあった洗面室とバスルームは2階へ移設し、生活の中心となるLDKを広くとったレイアウトに変更。隣にはユーティリティルームも設け、快適さをアップしています。また使うことを考えた適切な収納を、各スペースに設置。必要なものを無理なくしまえることで、暮らしや家事がスムーズに進み、いつも気持ちよく過ごせる家になっています。

生活動線を改善して暮らしやすく!2×4住宅の戸建てをリノベーション


GLADDEN

この事例をもっと見る

関連するリノベーションについて学ぶ記事

人気のリノベーション事例